勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









「長い散歩」(2006年12月17日 日曜日 00時22分)

映画「長い散歩」公開初日。
伏見ミリオン座にて、舞台挨拶があったので、母と2人見に行くことにした。

なぜそんなところで舞台挨拶をやったかというと、
この映画、地元で撮影された映画なのだ。
私の地元、多治見を拠点に、
笠原町、中津川、春日井、郡上などで撮影が行われた映画。
監督の奥田瑛二さんが春日井出身だからということなのだが、
会社帰りに地元で撮影してる現場を見たりしてしまったので、
なんだかこれは見ねば、という気になり、しかも舞台挨拶もあるなら、
ということで見に行った。

たぶん多治見で撮影されていなかったら見に行こうと思わなかっただろうなという
ジャンルの作品だったので、
実を言うとそんなに期待はしていなかった。

舞台挨拶は、16時半からの回の上映後と19時15分からの回の上映前があって、
上映後の回の方が、あのシーンの裏話は・・・とかいろいろ聞けそうだったので、
16時半からの回を見ることにした。

で、15時半ごろ伏見ミリオン座に着いてみたら、既に満席。
地元映画、侮りがたし・・・。
っていうか、モントリオール映画祭で3冠受賞の力かしら・・・。
映画館の人に聞いてみたら、朝6時から並んでた人もいたらしく、
開館時間には既に行列。
で、13時には売り切れていたそうな・・・。
でもせっかくだから見たいし、ということで、19時15分の回を購入。
それでも既に146番目。
ちなみに全部で168席分だったらしいので、結構ぎりぎりだった・・・。

時間が空いてしまったので、パルコでいろいろ見たり、夕飯食べたり、
クリュエでお茶したりしていた。
なんだか、映画を見る前に「長い散歩」をしてしまった感じだ・・・。

舞台挨拶は、予定より15分くらい遅れてようやくシアターに入れた。
前の回の舞台挨拶が長引いてたみたい。見たかったなぁ・・・。
伏見ミリオン座は整理番号順に呼ばれて後は自由席なので、
きっと舞台挨拶だから前の方から埋まってくんだろうなぁと思ってたら、
なんと一番前が空いていたので思わず座ってしまった。
スクリーンはかなり見上げないと見えないところだったけど・・・。

そして舞台挨拶。
登場したのは、奥田瑛二監督と、主演の緒形拳さん、
そして共演の杉浦花菜ちゃん(6歳)。

この映画館、舞台挨拶の癖に舞台がないから、
3人との距離わずか2メートル程!近っ!

奥田さんは、スジナシでくらいしかちゃんと見たことなかったので、
結構頼りない感じのイメージがあって、でも実際はしゃきっとした人だった。
司会の人の質問に、「それはこの映画を見てくださればわかります」
「まだ皆さん見てらっしゃらないので言えませんが」というのが多くて、
あ~、これ、上映後の舞台挨拶だったらもっといっぱい語ってくれただろうなぁ、と
ちょっと寂しい感じが。
そして、今上映中の「『なんとかの一分』には勝ったと思ってます」と言っていたが、
その「なんとかの一分」には緒形さんが出ていたりする・・・。

花菜ちゃんは、映画ではちょっと可哀想な役なので貧相な感じだったけど、
実際見るとめちゃめちゃ可愛い~。
観客の皆さんに一言では「しっかり見てください」、
モントリオールで印象に残ったことは「大きいお肉を食べた」、
言うことが全て微笑ましい。
そして他の人がしゃべってる間は服をいじったり髪の毛いじったりあくびしたり、
あ~、6歳の女の子なんだなぁ~、と、思わず花菜ちゃんばっかり見てしまった。

緒形さんは、質問されるごとにう~んと考えて、
それからゆっくりゆっくりしゃべる人だった。
かっこいいおじいちゃま(おじちゃま?)という感じがした。
さりげなく面白いことを言っていたりするところが素敵。

そんな感じで、短い時間だったけど、3人をめちゃめちゃ間近で見られて良かったよ。

ここからは映画ネタバレ。

映画は、すごくゆったりと、せつなく進んでいく感じで、
結構長かったと思うんだけど長さを感じさせなくてよかった。
虐待を受けていた隣の家の女の子を連れ出して、
青空を見に旅に出るという物語なので、
ひたすら歩いていく中で、2人の距離がなんとなく縮まっていったり、
サチ(女の子)が徐々に心を開いていく感じがよかった。

青空の下に辿りついた場面では、
サチが飛び立とうとするところがすごく生き生きしてて、
でも翼は剥がれて2人で転がっていくところで、ちょっと切なさを感じた。
それと、最後に2人が別れる場面はとてもせつなくていいシーンだと思った。
あと、ラストの出所して終わったあとで、
これからこの人はどうなっていくんだろう、サチはどうなったんだろうと、
いろいろ考えさせられる映画だった。

ただ、結構映像中に粗が目立つところもあったり、
ここにこの音楽?と疑問に思うシーンもあったりもした。
あと、自分的には、松田翔太くんの役割がよくわからなかったかな。
2人の距離が縮まるのに重要な役割を担っていたことはわかったんだけど、
なんであそこで死んじゃったんだろうなぁというのが自分的には疑問だった。

と、いろいろ書いたのだが、正直言うと、映画の内容よりも、
あ、若松屋が出てる!とか、ここ古渓公園やんっ!とか、
地元のいろんな場所が出てきたところの方に目がいってしまった・・・。
ラストの笠原市役所のシーン(駅に見立ててあった)で、
知り合いがエキストラで出たというので、探してみたのだが、
ぜんぜんわからんかった・・・。
っていうか、母は知ってたらしいんだけど、
地元のエキストラ募集してたみたいなんだよね・・・。
知ってたら応募したのに・・・。

全体的には、やはり自分の好みの映画ではないなぁと思ったものの、
いい雰囲気の映画であったとは思う。
母はすごくよかったと言っていた。



「暗いところで待ち合わせ」(2006年12月10日 日曜日 00時37分)

名古屋で忘年会があったので、行く前に映画を見に行くことにした。
本日見に行ったのは「暗いところで待ち合わせ」。
他の映画を見に行ったときに、予告で見て、
なんだか面白そうだったので、見に行ってみた。

ココから先はネタバレ。

見た直後の感想は、「ラブストーリーと思いきや、サスペンス?」。

目の見えない一人暮らしの女の子の家に、
殺人事件の重要参考人である男が入り込み、
奇妙な共同生活をする、という、なんだか不思議な物語。

前半は、2人の、孤独なようで孤独でない不思議な雰囲気や、
静かな空気感がとても心地良かった。
ミチルの物語、アキヒロの物語、そして2人の物語、と、
順に進んでいく展開もいいなと思った。
何より、2人の演技がすごくいい。
田中麗奈さんは、この人ってこんなにいい役者さんだったんだぁと初めて思った。
目が見えない難役なんだけど、すごくいい空気感と、微妙な心の変化が伝わってきた。
チェン・ボーリンさんは、初めて見たけど、かっこいいね~。
この人も、相手に気づかれないように息を潜めて生活するという大変な役ながら、
すごく目でいい演技をしているなぁと思った。

好きなシーンは、ミチルが初めてアキヒロの存在をはっきりと認めて、
ご飯を作ってあげるシーン。
何も語らず、2人分の夕食を作って、食卓で待つミチルと、
静かに夕食を食べ始めるアキヒロの不思議な関係がとてもよかった。

で、私は、アキヒロが最終的には自首して終わりだと思っていたので、
後半の展開にはかなり驚いた。
突き落としたのがアキヒロじゃなかったんだ、って解ったとこまではよかったんだけど、
まさか犯人がハルミとは・・・。
物語の途中で突然出てきて、
どういう風にこれからの展開に関わっていくんだろうと思っていたんだけど、
ホントにまさかの展開に驚いた。
で、驚いたと思ったら、今度はミチルがサスペンスドラマの探偵みたいに、
犯人に推理を話し始めた。
この辺は、え、こういう映画だったの?と驚くとともに、
なんかちょっと、前半のいい空気感が壊れてしまった感じがして、
自分的にはう~ん・・・という感じだった。

あと、事件後のラストシーンが、自分的にはいまひとつだった。
アキヒロはいい事言ってるし、2人で散歩するシーンもいいんだけど、
もうちょっとその後の話を長く入れて欲しかったかなぁという感じが。
ちょっと最後あっけなく終わってしまった感じがした。

あともうひとつ。
電車に突き落とすシーンが3回か4回くらい出てきたんだけど、
私はあぁいうシーンは耐えられないのでちょっと・・・。怖いもん。

とはいえ、見ててとても不思議で、ドキドキもして、
なかなか面白い映画だった。
乙一さんの本も読んでみたいなぁと思った。
パンフレット見てたら、結構設定読むだけでも面白そうな話ばかりだったし。

映画な日々。読書な日々。」さんの記事。



「いちばんきれいな水」&「椿山課長の七日間」(2006年11月18日 土曜日 19時51分)

「いちばんきれいな水」が朝の10時半から1回しか上映されないので、
休日に見に行くことにした。
ひとつ見るために名古屋に出向くのもなんなので、
もうひとつ、見たかった「椿山課長の七日間」を見てきた。

「いちばんきれいな水」はシルバー劇場でやったんだけど、
休日でしかも1回しかやらないにも関わらず人は少なかった。

というわけで、感想。
いつもどおりネタバレあり。

この映画は、とてもかわいらしい感じがした。
8歳の時から11年間眠っていたお姉ちゃんが突然眠りから覚める。
体は18歳でも心は8歳(以下)のお姉ちゃんに、
12歳の妹は振り回され、でもお姉ちゃんに大切なことを教わる、
みたいな話。
雰囲気とか、姉妹の姿とか、な~んか可愛い。
8歳の心を持つお姉ちゃんの無邪気さが、
も~う、しっかりしなさいよ、と思いながらも、なんだか憎めない。
加藤ローサさんは、今やってるドラマ「役者魂」を見たとき、
あんまり上手ではないなぁという感じがしたんだけど、
この役はすごく可愛くて、なんか微笑ましかった。
そして、妹役の菅野莉央ちゃん、久々に見たけど、この子もいいなぁ。
変にませていて、お姉ちゃんに振り回されてばかりだけど、
実は弱い部分もあって、そして最後にちょっとだけ変わっていく姿が可愛い。

映像は、お姉ちゃんが街を徘徊するとことか、2人で泳ぐとことか、
ちょっと長い感じもしたけど、すごく綺麗に撮ってあって、
物語はゆったりと進んでいくのだけれど、水の中にいるように心地良かった。

あと、加藤ローサさんの子ども時代の役の子が、
すごくローサさんに雰囲気が似ていて、びっくりした。
最初写真で出たとき、ローサさんの実際の子どもの時の写真が飾ってあるんだと思った。

次に見たのは「椿山課長の七日間」。
これは109シネマズ名古屋で見たんだけど、あんな辺鄙なところにあるのに
なぜか混んでいた。
この映画もまぁそこそこの人の入りだった。

話は、死んでしまった主人公が、三日間だけ生き返って、
やり残したことをやる、という話。
生き返るときの掟として、「自分が自分であることを言ってはいけない」
というのがあって、
設定的には「星に願いを。」と全く一緒だなぁと思った。
ちょっと違うところは、生き返る人物が3人いるということと、
生き返るときに、生きていた頃とは違う姿で生き返る、ということ。
西田敏行さんが伊東美咲さんになっちゃう、というのがいいよね。

最初いきなりあの世から始まる、というのがよかった。
ちょっとCGの木はちゃっちいかなという感じもしたけど。
あと、和久井映見さんがなんかいい感じだったな。
全体的に物語がのぺ~っとした感じで進んでいくので、
ちょっと中盤ダレたところもあったんだけど、
要所要所に笑えるところが出てきてよかった。
椿山課長の知らなかった衝撃の事実が明らかになっていくところとか
くすっと笑えたし、
ヤクザさんとバーで再会するあたりのところも面白かった。
成宮くんの、中身ヤクザですっぷりの演技もなかなかよかったよ。
そして、クライマックスの方はすごく感動した。
雄一くんのお母さんが、雄一くんに気づいて抱きしめるところとか
すごくよかったし、
息子が思いを伝えるところもよかったなぁ。
その後が余計だったような気もしないではなかったけど、
最後の「好きだ」のサインはよかった。

一番最後、エンドロールで階段を上っていくところは、
やっぱり3人で上ってほしかったなぁ。
「お父さんも死んだの?」には笑ったけど。

そんな感じで。
「いちばんきれいな水」はDVD買おうっと。

今日の初体験。
モスバーガーにて、初めてライスバーガーを食べた。
美味しいね。



「デスノート the Last name」(2006年11月13日 月曜日 23時41分)

「デスノート」後編!見てきた!
いや~、面白かったよ。

最後までパーッとネタバレするんで、
これから見る人はご注意。

後編は、前編に比べ、ストーリーもキャスティングもよかった。
それと、みんなの役に磨きがかかっている感じがした。

まず、ストーリー。
2時間半の映画なので、もちろん原作ほどの心理戦や掛け合いはないんだけど、
それでもここまでよく濃密に作ったよなぁという感じ。
2時間半という長さがちょうどよく、テンポよくこざっぱりとしてて、
ダラダラした感や中だるみがなくてよかった。

それと、最後の展開には、びっくりだった。
夜神・父がデスノートを試すと言い出したときに、
え~、父がそんなこと言うかぁ?と思ったんだけど、
なるほど、そういうオチに向かっていたのか。
デスノートが偽物ってのはなんとなく気づくけど、
でもLの展開は予想できなかった。
そして共倒れかぁ。なるほど。どちらが勝ったとも言えないところがいいね。

そして、原作よりも、人間味があるというか、温かみがあってよかった。
父が生きていたっていうのと、ミサちゃんが傍にいたってのが大きいと思うけど、
最後に月が死ぬところにも愛がある感じがしたし、
Lが死ぬところもなんか温かみがあった。
原作ではおざなりになっていた、ミサちゃんやさゆちゃんのその後も
ちゃんと描かれていて良かった。
ただ、月が追い詰められるシーンで、父のしゃべり方が、なんか軽い感じがして、
なんかもっと父親っぽく重みのあるしゃべり方をしてほしかったなぁという気が。

今回後編で登場した脇役キャラもよかった。
前編に出てきたキャラクターは、なんかちょっと馴染めない感じだったんだけど、
今回はよかった。
上原さくらさんは、こんな役もできるんだぁと改めて感心。
見事に嫌~な感じのキャスターを演じていたと思う。
ニュース読むのも上手かったし。
そして、片瀬那奈さんがすごく色っぽくてかっこよかった~。
ノートを手にしたものの行動とか、最後とか、すごく上手く演じてた。
とても同じ年とは思えないわ・・・。

主要な人たちも、なんか前編よりパワーアップしてる感じがした。
藤原くんの月はすごくいい感じだったし、
ミサちゃんも、前編でちょこっと出てきたときはイメージ違うと思ったけど、
彼女なりのミサちゃんを演じていて、よかった。
そして、松山くんのLの、独特のセリフの間合いがツボだった。
途中、笑いをこらえきれんかった・・・。
彼のLはなんかいいね。お菓子もすごいもんいっぱい食べてたね。

こんな感じで、自分的に前編は、もう一歩かな、まぁありかな、くらいの
レベルだったんだけど、
後編はすごくよかった!
でも、一緒に行った友達は前編の方がよかったと言っていたので、
まぁ人それぞれなんだろうなぁ。
自分的には最高。

・・・あ~、でも、2回目見たら、今回のようなわくわく感はないんだろうなぁ・・・。



スジナシ観覧&「虹の女神」(2006年11月06日 月曜日 22時32分)

3年ぶりにスジナシの観覧券が当たったので、
有給を取って見に行くことにした。
3年前、大学4年生の頃だが、なぜかその1年間で、
4回もスジナシの観覧券が当たった。
皆当たらないって行ってるのにこんなに当たっていいのか、と思いながらも、
4回のうち2回見に行った。

1回目は、まぁもう時効だから言うけど、
就職活動中でちょうど会社の二次面接の日だったのに、
わざわざ面接の日にちをずらしてもらって見に行った。
(そしてその会社に今いたり)
そのときのゲストが遠藤久美子さん。
2回目のときのゲストは、谷原章介さんで、
一緒に行った友達ときゃーきゃーはしゃいでいた。
2人ともすごくよかった。
残りの2回は用事があったので見にいけなかったんだけど、
1回は友達に譲って、そのときは八嶋智人さん。
もう1回は両親に譲って、そのときは山本洋子さん。
(この人はあまりよく知らないんだけど、両親的にはちょうど
世代の人だったらしい)

そんなこんなで、1年間に4回も当たったのだが、
会社に入ってから、それがさっぱり当たらなくなった。
そしたら3年ぶりに当たったので、そりゃ見に行くでしょ。

で、母親と2人、無謀にもハードスケジュールを組んだ。
朝10時半から「7月24日通りのクリスマス」を見て、
それからスジナシ行って、それから「虹の女神」見る、という。

・・・なんだけど、映画の時間が今日から変わってたみたいで、
朝早起きして「7月24日通りのクリスマス」見に行ったのに、
9時半からに変わってたせいで見られなかった・・・。
ので、ハンズで買い物したりご飯食べたりしつつ。

まぁ、それはいいとして。

まずスジナシ感想から。
ゲストの名前を言っちゃうと、ネタバレになっちゃってつまらないと思うので、
今がまさに旬の子!とだけ行っておこう。
子って言ってる時点で、若者だってわかるけど・・・。
私としては、お~!まじで!という感じだった。
それで、肝心のドラマの方なんだけど、これがまたすごいんだよ~。
なんだこの子は!?って思った。すげーよキミ。
鶴瓶さんもなんかいいこといっぱい言ってたし、すごいいいドラマだった。
最後ちょっと泣きそうになった。
(・・・っていうと、感動的なドラマなんだってまたネタバレしてるけど)
ちょっとだけ言うと、セットの中にアシカかなんかの抱き枕があって、
で、毎回スジナシでは鶴瓶さんにやって欲しいこととかを客席が決められるので、
もし私に当たったら「アシカを抱きしめてキス」とかくだらないことを
言おうと思ってたんだけど、
そんなこと言わなくてよかったよ~。
もう、これは必見。
で、OA日なんだけど、12月23日の深夜で、なんとスペシャルらしい。
そりゃスペシャルならいい子出るよなぁ。
名古屋圏にお住まいの方は要チェック!

んで、次に行ったのが「虹の女神」。
これは、母親が先に小説版を読んでいて、
私も見る前に読もうと思ってて結局読んでなかったんだけど、
なかなかよかった。
「花とアリス」の岩井さんプロデュースだけあって、
岩井さんらしい撮り方がすごく好感を持てた。この人の撮り方好き。
なんか、人間をナチュラルに、いろんな方向から見てる感じ。
ちょっとしたドキュメンタリーを見てるような。
ありのままであり、日常を切り取ったような、でもちょっと日常とかけ離れてるような。
上野樹里ちゃんと市原隼人くんという、
私の好きな2人の共演だったので、楽しみにしていたのだが、
2人とも好感が持てた。
市原隼人くんは、役柄上、なんだこのダメダメな青年は!って感じだったけど、
実際男の子ってこんな感じかもなぁ~とも思った。
鈍感で優柔不断で頼りなく、でもどこか憎めない、愛らしい感じ。
市原くんはわりと、こういう感じの役が多いので、
なんか安心して見られる感じだった。
上野樹里ちゃんは、見るたびいろんな表情を見せてくれる女優さんだなぁと思う。
この間「幸福のスイッチ」見たばっかりだし、
さっき「のだめカンタービレ」見たばっかりなんだけど、
なんかどれを見ても、表情が違って、そしてどれも素敵に演じているなぁと。
もう一人、忘れちゃいけないのが、蒼井優ちゃん。
優ちゃんの演技はもう、最初に空港で市原くんに泣きつくシーンを見たときに、
やられた~って感じだった。
彼女も素敵な女優さんだな~ぁ。
この映画の中でいちばん印象に残ったのが、
最初に樹里ちゃんと市原くんが一緒に虹を見るシーン。
虹を見てるんだけど、空を映すんじゃなくて、
2人の下にある水たまりに映っている虹が出てくるのね。
2人の影と虹の影が、水たまりに映ってとてもいい感じ。
なんか、最後はせつないんだけど、すごく、
役者さんたちのいろんな表情や、楽しさ切なさがじわじわと伝わってきて、
いい映画だった。

そんな感じで、とりあえず12月23日のスジナシ見るように!



ホーム | 次ページ


カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カテゴリー

最新コメント