勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









「しゃばけ」(2007年11月25日 日曜日 00時08分)

とうとう放送された。
大好きな小説のドラマ化ということで、結構楽しみにしてた「しゃばけ」。
自分的には、アニメ映画とかがいいなぁと思ってたので、
ドラマということにちょっとがっかりはしてたんだけど、
あの独特な世界がどんなふうに映像になるのか、
わくわくしながら見た。

見た感想としては、まあまあかな。
最初の30分で、小説の半分が終わってしまったので、
展開早っ!って思ったんだけど、
後半は身の上話とかが多くてちょっと眠くなった・・・。
なんというか、やはり小説を2時間にまとめるのは難しいと思うんだけど、
あんまり深くまではいかないダイジェスト版って感じだったね。

セットが教育テレビの子供向け番組みたいでちょっとしょぼかったけど、
活字でしかわからなかった妖たちが、
あぁ、こんな風貌だったのね、とわかって面白かった。
鳴家は表紙絵のイメージが強かったので、
なんだこれ小人さん?って思ったけど。
(っていうか、あんなに小さいんだね。もっと大きいのかと思ってた)
妖がいっぱい集まるシーンはちょっと、仮装大会みたいでしょぼかったかも。
あのあたりは、「妖怪大戦争」とか「ゲゲゲの鬼太郎(実写版)」の方が
妖怪っぽかったな・・・。

NEWSのなんとかくんが演じた若だんなは、
なかなか可愛くて良かった。
でも、NEWSのプロモ見てみたけど、どれがあの子だかわからんかった・・・。
仁吉の谷原さんもすごく整った顔立ちで妖っぽくて良かったなぁ。
でも・・・。
佐助のイメージが思ってたのと違いすぎる~っ!!!
なんていうか、もっと若くてスマートな人がいい・・・。

話的には、「しゃばけ」のドラマ化だけど、
ところどころに「ぬしさまへ」とかの短編に出てくるエピソードを
におわせるような話も出てきた。
なんにせよ、ドラマ第1弾ということなので、
第2弾第3弾も放送されるのだろうな。
ん~、でもあの佐助だけは・・・。
小説では佐助ファンなのに・・・。

来週には文庫本第4弾の「おまけのこ」も発売されるので、
楽しみ~。



「きらきら研修医」最終回(2007年03月22日 木曜日 23時14分)

本日2回目の記事だけど、「きらきら研修医」が最終回だったので、感想を。

ドラマの70%くらい小西真奈美さんの可愛さに元気をもらった感じだった。
実をいうと、小西真奈美さんって、いいな~と思うときと、思わないときがあって。
というのも、初めて小西真奈美さんを見たのが、
たまたまテレビをつけたときやっていた「ちゅらさん」で、
「私がテレビドラマの主役だったらあなたが邪魔者なのよ」みたいな感じの
セリフを主人公に向かって言っていたのがめちゃ印象に残っているからなのだが。
でも、髪切ったらなんか丸っこくてすごい可愛いな~と思った。
役の名前そのまんまだけど、ウサギっぽいよね。
あとの30%は、タピオカくんとか山崎さんとかみかこ先生とか、
周りの人のあったかさがよかったなぁ。

とにかく、毎回ドタバタしてて、決して出来のいい研修医ではないんだけど、
ひたむきな感じが可愛くて元気が出た。
なので、先週の終わり方は、最終回前とはいえ、すごいもどかしい感じだった。

で、最終回。
今回のうさこは、鈍感にも程があるだろ!と怒りたくなるほど落ち込んでいて、
いつも以上に、周りのみんなの優しさに気づかず、
タピオカくんの告白も頭のこっちからあっちへ抜けてっちゃった感じで、
とにかく、しっかりしろ~と思いながら見ていた。
しかし、いつも以上に可愛そうなタピオカくんが、なんか可愛かった~。
いつもはただの空回り野郎って感じだけど、なんか今回は、
タピオカくんのひたむきさがすごく伝わってきたような。
結局、うさこを目覚めさせたものは医者の本能ではあったけれど、
ようやく周りの人の優しさに気づいたうさこ。
本来ならあんな都合よく辞表撤回とかありえないけど、
そこはドラマだからいいのだ。みかこ先生かっこいいな~。

うさことタピオカくんの病室のシーン好きだな~。
タピオカくんが、うさこがやめなくて良かった~って泣くところが可愛い~。
あ~、なんか最終回でタピオカ旋風が。

最後医者になるところまでいっちゃったってことは、続編はないのかな~。
某鬼嫁日記みたいにさ・・・。

何はともあれ、今クールのドラマの中で、唯一一度も見逃さずに見たドラマだったので、
(「エラいところに嫁いでしまった!」は1,2回見逃した・・・)
終わっちゃって残念。
難しいことは考えず単純に楽しめるドラマだった。

うさこさんブログ↓
きらきら研修医。のブログ



「エラいところに嫁いでしまった!」最終回(2007年03月08日 木曜日 23時12分)

というわけで。
ドラマの感想を全く書いてなかったけど、最終話。

今回は、「今週、妻が浮気します」、「ヒミツの花園」、
「エラいところに嫁いでしまった!」、「きらきら研修医」を見てたんだけど、
「今週、妻が浮気します」と「ヒミツの花園」は途中でつまらんくなってやめた。
フジテレビダメやん。

「エラいところに嫁いでしまった!」は、なんかほのぼのとあったかく、
じんわり感動できるところが好きだった。
磯次郎みたいな頼りない旦那とか、しきたりばっかりの旦那の実家とか、
ぜったいあんなところには嫁ぎたくないとは思うけど、
なんかみんな可愛くて、君子さんが許してしまうのもわかるなぁと思った。

仲間由紀恵さんは、別にそんなに上手い女優さんってわけじゃないけど、
なんかいい感じだよね。
好感が持てる。
谷原章介さんは、毎回書いてるけどどんどん三枚目キャラになっていくよね。
でも結構いつも完璧な人の役が多いから、今回のようなダメダメキャラは可愛かった。
そしていちばん可愛かったのは松坂慶子さんだったなぁ。
可愛らしい勘違いお義母様だった。

最終回。
今まであったことが全部偽りだったんだって思ったときの、
すごい虚無感というか、空虚な感じとか、
何もかもが信じられなくなってしまう気持ちとか、
そういうのはすごくわかるので、
主人公は君子さんなんだけど、お義母さんの気持ちがすごくわかってせつなくなった。
でも、君子さんの演説(?)よかったなぁ。泣きそうになった。
ああいうふうに相手の本音が聞けたらいいのになぁと思う。
本音を聞いて、救われることばかりではないかも知れないけれど。

関係ないけど、「きらきら研修医」が、
うさこがブログの記事を巡って解雇の危機にあう話だった。
ブログに下手なことは書けないぞ・・・。



ホーム


カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カテゴリー

最新コメント