勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









「専業主婦探偵 私はシャドウ」「11人もいる!」「妖怪人間ベム」最終回(2011年12月27日 火曜日 20時48分)

感想アップするのが遅くなったけど、4つ見てたドラマのうちの残りの3つ。
ちなみに「家政婦のミタ」はなんとなく見てたり見てなかったりだったので、
感想はなしで。

専業主婦探偵 私はシャドウ

ふかきょんが見たかったので見始めたドラマ。
「私はシャドウ」とかかっこつけたタイトルの似合うようなドラマではないと思うが。

世間知らずで旦那しか見えてない専業主婦が、
旦那の浮気を確かめるために探偵になって奮闘するうちに、
かっこよく変わっていく物語。

ふかきょんが毎回可愛かったけど、
あの変装で気づかない旦那はどうなんだろう、とは思う。
友達はちゃんと気づくのに。

最初の方は楽しく見てたんだけど、途中、旦那が本当に浮気をしたところで、
え~、なんでそういう展開!?って思って、ちょっと見るのやめようかと思ったんだけど、
このドラマのずるいところは、第1話で最終話のセリナが出てくるとこだよね。
どういう過程でああなるんだろう、って、最後まで見たくなっちゃうもん。
旦那はなんだか、あっちへふらふらこっちへふらふら、都合のいいやつやって思ったけど、
セリナも、最終話では、ふみくん一筋からちょっと大人になった感じ。

最終話の陣内が写真を切る場面は、ちょっとせつなかったな。
可愛そうな役回りだ。
でも最後、あたたかいみんなに囲まれて良かったね。

ちょっと納得できない部分もあったけど楽しいドラマだった。

11人もいる!

クドカンだったので見たくて、遅い時間だったけど見たドラマ。

お父さん、お母さん、8人の子供たち。
みんなで10人家族のはずが、数えてみたら11人。
死んだ本当のお母さんの幽霊が実はいる、っていう、よく考えたらシュールな状況だ。

ハチャメチャだけどあったかくて、毎回面白かった。
ちゃんとそれぞれの物語が1話ずつにあるし、
途中で人数が増えたり減ったりも面白かった。

神木隆之介くんは、ホントいい役者さんに育ったよねぇ。
すごいいいキャラだ~。
ってか、妊娠したとかどうとか、そういう役をやる年齢になったのだねぇ。
加藤清史郎くんも可愛かった。
以前ほど頻繁には出なくなったけど、そのくらいの方がいいと思う。
清史郎くんも神木くんのようないい役者になってください。
あと、田辺誠一さんのお気楽お父さんもなんか良かったし、
三浦靖子さんのお母さん、なんかあったかくて良かった。

最終回はちょっと、無理矢理駆け抜けた感はあったけど、
「家族なんです」の歌はフルで聴くとなかなかいいね。
ラストで、写真集にメグミも写っていて、「11人もいる!」で終わるところも良かった。

楽しいドラマだった。

妖怪人間ベム

今回見てた中でいちばんはまったかも。

アニメは見たことがなくて、歌も最初の1フレーズくらいしか知らなかったので、
どんな話なのかなと思いながら見たんだけど、面白かった。

できそこないの人間に生まれてしまったせいで、
人間の世界では生きて行けず、でも正義の心を持って人間を助ける妖怪人間。
実際、あんなん目の前に出てきたら私も逃げちゃうだろうなぁとか、
真面目に考えちゃったよ。

どんな生き物でも、見た目ではわからない何かを持っているのかもしれない、
人間も同じで、いろんな人がいるけど、見た目ではわからないものを持っているのかも
しれないな、とか、思った。

ベム・ベラ・ベロの3人はみんな良かったけど、特に杏さんが良かった。
アニメ見たことないけど、たぶんすごいはまってるんだろうなって気がする。
亀梨くんは別に興味なかったけど、このドラマでちょっと好きになった。
オープニングの歌の、亀梨くんの声がかっこいい。
北村一樹さんは、キャラクター的にはいい人だけど、
なんか回を追うごとにオネエ化してる気がしたのは気のせい?

最終回は、人間になるのか、妖怪人間でいるのか、という難しい決断の中、
人間に怖がられたりしながらも、それでも人間を助けて生きていこうっていう、
せつないけどいい結末だな、と思った。
でも、最後のナレーションはいらない・・・。

結構今回、いろんなジャンルのドラマにはまったな。



「謎解きはディナーのあとで」最終回(2011年12月20日 火曜日 22時49分)

ドラマ見たのが、「デカワンコ」以来なのでまた久々だったんだけど、
今クールは珍しくドラマを4つまともに見た。
そのうち2つはもう終わったんだけど、まだ録画したまま見ていないので、
見たら感想を書くとして。

本日、1つ、「謎解きはディナーのあとで」が最終回。

「謎解きはディナーのあとで」は、本屋大賞取ってから気になっていて、
文庫化されたら読もうと思ってたんだけど、
その前にテレビドラマが始まったので、せっかくなので見始めた。

正直、本のCMの執事と櫻井翔くんのイメージが違いすぎて、
しかも櫻井くんあんまり演技上手でもなかったし、
想像してたより毒舌でもなかったので、
第1話見たときは、微妙やな~と思ってたかな。
(北川景子ちゃんは好きなので贔屓)
第2話3話くらいまでは、推理自体は面白いけど毎回同じパターンだなぁとか思いながら
見ていたんだけど、
見てるうちにだんだんはまってきた。

演技と毒舌はともかく、毎回トリックがね、
ここまでは推理できるんだけどそこから先はわからんかったなぁ、
でもなるほどなトリックだなぁ、っていうのが多くて、
なるほど、これは原作がいいんだな、と。
早く原作読みたくなったなぁ。
文庫化まだかなぁ。

最終回も、前話が気になる感じで終わったので、どうなるんだろうと思ってたけど、
事件の真相には納得。
カゲヤマのアリバイはなんだそれって感じやけど、まぁ面白かったからいいや。
レイコお嬢様の秘密は可愛かった。
結局、最後までレイコお嬢様の推理は素人以下だし、
カゲヤマの毒舌の理由はイマイチわからんかったけど、
でも面白かったな。

原作早く読みたい~。



「デカワンコ」最終回(2011年04月05日 火曜日 20時00分)

またまた久しぶりにはまったドラマ、「デカワンコ」。
先々週の土曜日に最終回だったんだけど、休日出勤で見られず、
ビデオに撮っといたのに残業で1週間見られず、日曜日にようやく見た。

多部未華子ちゃんが見たくて見始めたドラマ。
多部ちゃんはゴスロリの刑事役ということで、
最初このドラマをやるって知った時は、
多部ちゃんなんか方向性間違ってないか?って思ったんだけど、
見始めたらすごい可愛くって、面白くてはまってしまった。

土曜日結構出かけてたり休日出勤してたりが多かったので、
あんまりリアルタイムで見られたときがなかったんだけど、
ビデオに撮って全部見た。
普段、ビデオに撮ってるとまぁいいやってなってきちゃうけど、
これは全部ちゃんと見たなぁ。

多部ちゃんがホントに可愛かったんだよねぇ。
見た目ももちろんだけど、ひとつひとつのしぐさとか、話し方とか。
臭い嗅ぐときの鼻ひくひくしてるところとかめっちゃ可愛い。
多部ちゃん好き過ぎてどうしよう。
あと、若だんな(←我が家でのあだ名)手越祐也くんもなんか可愛かった。
演技下手だ下手だと思っていたけど、このドラマ見てたらちょっと上手くなってた気がする。

鼻で事件を解決するっていうのもなんか面白かったし、
みんなそれぞれ個性があって、チームワークでやっているのが好きだった。
おとしのシゲさんとか面白いし。

最終回はゆるかったねぇ。
最終回前に1回ピークを迎えちゃってたからってのもあるかもだけど、ゆるかった。
最後ワンコとキリさんがいい感じになるのかと思っていたけど、何事もなく終わったね。
続編とかやりそう。

元がマンガみたいなので、マンガもちょっと読んでみたいなぁ。
でも、多部ちゃんだからはまったんだと思うけど。



ホーム


カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カテゴリー

最新コメント