勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









「大奥~誕生~[有功・家光編]」最終回(2012年12月28日 金曜日 20時00分)

仕事のせいでいろんなもんが年末に詰まってくる・・・。
「大奥」最終回、映画見に行く前に最終回を見ねばと思ってたんだけど、
なかなか見られなくて、映画公開されちゃったし、
結局映画みるのも年末ぎりぎりになりそうだな・・・。
(これ書いてる時点で25日)

ということで、感想。

また詳しいことは映画見た後で書こうと思うんだけど、
最初の映画を見た後に、原作の漫画を読んで、
映画でやった部分よりそのあとの方が面白いじゃんって思ってたので、
今回のドラマ化と映画化は楽しみだった。

特にドラマは、大好きな多部未華子ちゃんが家光役なので、
これは絶対見ねば!と思っていた。
堺雅人さんも好きだし。

多部ちゃんは、原作に出てくる家光の容姿にはぴったりだなって思ったんだけど、
前に見た源氏物語の映画のときの多部ちゃんがちょっと微妙だったので、
時代劇どうなのかなって思っていた。
でも、見てみたら、めちゃめちゃ似合ってるし、かっこよくてびっくり。
見事な女将軍だった。
最初から最後まで良かった。
やっぱり多部ちゃん大好きだ~。

堺さんも、見た目はちょっと、原作の有功とは違うんだけど、
でも演技力がやっぱりすごいな~。
なんか、圧倒される感じだった。

あとすごかったのは、春日局役の麻生祐未さんやね。
なんかものすごかった。

あとは、玉栄役の田中聖くん(だったっけ?)が、原作の玉栄とそっくりだった。
原作読んだのずいぶん前だけど、そうそうこんな感じだった~って思った。

話はまぁ、うろ覚えなところもあったけど、原作で読んだそのままだったので、
家光の過去の話で、あぁ、こんなんあったなぁって思って悲しくなったり、
若紫が殺されるのわかってたけどめっちゃドキドキしたりしながら見ていた。

話としては映画の前ふりなのかもしれんけど、
すごい満足な出来ではまって見てた。
若紫が死んだところがめっちゃぬいぐるみだったり、
最初に殺されるお坊さんのかつらがめっちゃ浮いてたり、
ちょっと雑な部分もあったけど・・・。

結構自分的にはドラマで満足しちゃったけど、
映画も早く見に行きたい。



「浪花少年探偵団」最終回(2012年09月17日 月曜日 21時04分)

今クール見てたドラマの2コ目、「浪花少年探偵団」が最終回。

多部未華子ちゃんが見たくて見始めたドラマだったんだけど、
放送が夜8時からだから、残業するとドラマに間に合わなくて結構てんてこまいだった。
ぎりぎりに帰れた時もあったし、録画してた時もあったし・・・。
まぁそれでも、全部見た。
最終回が祝日で良かったわ。

多部未華子ちゃんが先生役ということで、
むしろ小学生役でも通るんじゃないかと思ったりもしたんだけど、
結構先生役似合ってて良かった。

ハチャメチャな先生やったけど、芯はまっすぐだったし、
すごい可愛かったし、
小池徹平くんも可愛かったし、
生徒たちも、イマドキのドラマにありがちなマセた子供たちじゃなくて、
まっすぐでかわいい子たちばっかりだったので、好感が持てた。

推理ドラマとして見ると、ちょっとイマイチなトリックもあったし、
あっさり犯人見つけちゃうところもあったんだけど、
それよりも、学園ドラマというか、人情ドラマ(?)として
楽しめて良かったと思う。

最終回は、先週の犯人追いかけるところからの続きだったので、
正直、これ2週に分けずに2時間スペシャルの方が良かったんじゃ・・・と
思わなくもなかったんだけど、
最後まで、しのぶセンセのまっすぐな想いとか、生徒を大事に思う気持ちとか、
見られて良かったと思う。

毎回毎回、ドラマや映画見るたびに思うんだけど、
やっぱり多部ちゃん大好きだ~。



「ゴーストママ捜査線~僕とママの不思議な100日」最終回(2012年09月15日 土曜日 23時38分)

今クールは、2つドラマを見ていた。
最近、ドラマを見る率が高くなったような気がする。

そのうちのひとつ、「ゴーストママ捜査線」が最終回。
最終回は2時間スペシャルということだったけど、
スペシャルというよりは、通常の2話分の話を一気にやったって感じだったかな。
オリンピックとか24時間テレビとかでやらないときもあったから、
話数的には結構少なかったんじゃないかな・・・。

「ごくせん」のスタッフ再集結ということで、
キャストも、仲間由紀恵さん、生瀬勝久さんと、お馴染みのメンバーに、
沢村一樹さんや志田未来ちゃんなどが加わった感じ。

死んでしまったママが、幽霊になってそばにいて、
いろんな事件を解決していくということで、
幽霊だからできることや、幽霊にはできないから困ることや、
設定ならではのエピソードがいっぱいで面白かった。
課長が割と早い段階で幽霊になっちゃったのは驚いたけど。

とんぼ役の子がすごい可愛かったし、
志田未来ちゃんがホントいい役者さんになって行ってるなぁと思う。
初めて見たときランドセルしょってたもんなぁ・・・。
仲間由紀恵さんは、「ごくせん」のときと同じような感じやけど、
あの雰囲気は結構好きだな。

最終回は、三船課長が天国へ旅立っていく前半と、
蝶子ママが天国へ旅立っていく後半。
前半では葵ちゃんがママの存在に気づいて、
見えてないんだけどママや課長とやりとりするところが面白かった。
後半ではパパにもママの存在がわかってもらえて、
4人で話をしているシーンとかが良かった。
ちょっと最後のとんぼくんのあの怪我はないやろって思ったけど、
まぁ、ママも無事に天国へ行けて良かったと思う。

余談だけど、個人的には、亡くなった人は、
亡くなったらすぐに次の命に生まれ変わると思っている。
いつまでも天国で見守ってくれなくてもいいから、
早く新しい命をもらって新しい人生を生きてほしいと思う。
余談だけど。



「リーガルハイ」(2012年06月26日 火曜日 22時06分)

今クール見てた2つのドラマのうちの2つめ、「リーガルハイ」が最終回。
あら、ということは、もう見てたドラマ両方とも終わっちゃったじゃん。
次はなんか面白いのやるのだろうか。

堺雅人さんが見たくて見始めたドラマだったんだけど、
新垣結衣ちゃんもすごい可愛くて良かったな。

古美門と黛のやりとりがすごく面白かったし、
毎回毎回、そんなことまでして勝ちたいのかよ!っていう、
古美門の姑息な手とか、憎たらしい言い回しに、
見てるほうも、おいおい、って思いながらも、
でもなんだか堺さんが演じると憎めないっていう。

古美門や黛以外にも、服部さんとか、小池栄子さん演じる秘書とか、
謎なキャラクターがいっぱいいて面白かった。

最終回の「サオリさん」の正体は、まぁだいたい察しはついてたけど、
なんじゃそりゃ~な終わり方は好きかな。
最後は古美門を負かして終わってほしかった気もするけどね。
最後まで憎たらしかった~。
でもすごい子供だよね。

これも終わり方的に、スペシャルドラマとかやっても良さそうな気はした。
今度こそ打倒・古美門やね。



「ATARU」(2012年06月24日 日曜日 22時23分)

今クールもいくつかドラマを見てみたんだけど、ほとんど第1話だけ見てやめちゃって、
その中で、面白くてぜんぶ見てるやつは2つ。
そのうちのひとつ、「ATARU」が本日最終回。

今クールって、結構推理系のドラマが多かった気がするんだけど、
なんかどれも、設定とか事件の真相がイマイチな感じがして、
そん中でこの「ATARU」はすごい面白かったなぁ。

サヴァン症候群っていう、知的障害の中でも、
特定の分野で力を発揮する障害(と言っていいのか)を利用して、
捨て山と呼ばれる、一見事件性のなさそうな案件を解決していくっていう、
設定も今までなかった感じで面白かったし、
結構事件の真相も、なるほどって思えるものが多かった。
チョコザイとマイコのコンビネーションも良かったし、
チョコザイの一言から、いろんなものが繋がっていく様も面白かった。

中居くんが、ドラマ出てるの久しぶりに見た気がするけど、すごい良かったな。
回を重ねるにつれ、ちょっとアドリブっぽく遊んでる部分は多かった気もするけど、
なんか全体的に、可愛かったかも。
あと、栗山千明さんもすごいいいキャラだった。
イメージ的に、クールな感じかな、と思っていたけど、
すごいぶっとんだキャラクターで、またそれが似合ってると思った。

毎回、クイズがあるからってのもあると思うんだけど、
いろいろくすぐりっていうか、遊びが入ってる部分があって、
それが面白いときもあったし、ちょっと鬱陶しいときもあったかも。
でも全体的にはすごく面白かった。

自分的には、岡田義徳さんの回の話が結構好きだったかな。
岡田義徳さんが好きってのもあるけど。

スペシャルドラマとかそのうちやらんのかな。



ホーム | 次ページ


カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カテゴリー

最新コメント