勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









「信長協奏曲」最終回(2014年12月22日 月曜日 22時45分)

4つ見てたドラマのうちの最後の1つ、『信長協奏曲』が最終回。
感想の前に、ひとつ言わせて。
なんだよ続くのかよっ。しかも1年後に映画でって・・・。
どうかなぁ。すぐ公開だったらまだ興味あったかもだけど、
1年待ってまで見たいとも思わんかなぁ。

ということで、感想~。
なんだけど、正直言うと、面白いのか面白くないのかよくわからんまま
最後まで見ちゃった感があって、感想微妙かもなのでご注意。

もともとなんで見ようと思ったんだったかなぁ。
新井浩文さんが出るからだったっけなぁ。
あんまり歴史ものとか、得意じゃないんだけど、
なんとなく面白そうだったので見てみたドラマ。

自分的に、何が微妙だと思ったかっていうと、いろいろあるんだけど、
まず、キャストがすごい豪華なのに、みんなすぐいなくなっちゃって、
もったいないし、ピンポイントでその人目当てで見ると、
出なくなったらもういいやってなっちゃうよね。
特に最初の方そうだったんだけど、
柳楽優弥くんなんてすごいいい演技だったのに1話で死んじゃうし、
次は西田敏行さんかぁと思ったら2話で終わっちゃうし、
(新井さんも2話で終わった)
生瀬勝久さん出てきたぞ~って思ったら3話で終わっちゃうし。
濱田岳くんもいいキャラだったのに出番少なかったなぁ。
夏帆ちゃんはお約束のように死んじゃうし。
高橋一生くんが久しぶりにみたらすごいかっこよくなってて
最終回まで出てくれたのは良かったけど。
あと柴咲コウさんが可愛かったし。

あと、話のパターンがおんなじ感じが続いたので、
ちょっと途中で飽きたかな。
誰かが攻めてくるぞ~ってなって、サブローがどうしよう~ってなって、
帰蝶がしっかりせい~って言って、最終的にうまくいく、みたいな。
そんでもうそろそろ見るのやめようかなって思ってたら、
予告に岳くんが出てきたから、そのままずるずる見続けちゃったんだけどね。

んでもって、もうひとつ。
小栗旬くんが高校生に見えない・・・。
演技はいいと思うんだけど、見た目やっぱりいい年の人だから、
高校生だと思えなくて、
そうなると、言動が、若者だからこその未熟さではなくて、
ただの頭の悪いおっちゃんに見えちゃうんだよう・・・。
なので、それはないやろって思う場面もあったかな~。
あれ、でもさ、最終的に、お市に3人子供がいたってことは、
サブローがタイムスリップしてから、結構何年も経ってるってことだよね?
一体彼は何歳の設定なんだ。
(こういうところが、歴史に疎いとわからないところだわね・・・)

と、なんかいろいろ微妙なことを書いてしまったんだけど、
先週の最後に、恒興が偽物は出ていけって言って終わったところで、
急激に興味がわいて(遅っ)、最終回結構楽しみにしていた。
第1話見たときに、本物の信長が明智光秀と名乗った時点で、
なんとなく、自分的に、最終回はこうなるんじゃないかなっていう
予想を立てていたんだけど、
最終回前に偽物ってばれたので、なんかもしかして、
予想を裏切って意外な方向に進むのかなとか思って、楽しみだったんだよね。

で、最終回。
第1話の信行の切腹の時に、あ~私このドラマ無理かも、とか思ってたので、
最終回も切腹で終わったのは、ちょっと見ていて痛かったんだけど、
平和な時代からタイムスリップしてきた若者が、
初めて人を斬る(介錯だけど)っていう結構衝撃的な最終回で、
この人もついに、戦国で生きていく人になったんだなって思った。
最終的に、まぁちょっと自分勝手な気もするけど、
恒興がサブローに仕えることにしたというのも良かったと思う。
あと、帰蝶がやっぱり可愛かったし。

で、面白かった~で終わるのかと思ったら、終わらんのかよ。
秀吉の目的もよくわからんし、本物の信長の目的もよくわからんし。
ってか、自分が1話見た時点で予想立ててたところまで話進んでないしっ。

ってことで、はじめに戻るけど、映画を見に行くかは・・・微妙。



「ごめんね青春!」最終回(2014年12月21日 日曜日 22時17分)

今クール見ていたドラマ4つのうちの3つめ、『ごめんね青春!』最終回。

クドカン脚本だったので、なんとなく面白そうかな、と思って見てみたドラマ。
気楽に見られて、くだらないところもいっぱいあって、
でもちょっといいこと言うシーンとかもあって、結構面白かった。

仏教系の男子高と、カトリック系の女子高が、
合併することになったことと、主人公・平助の過去の罪を軸に展開されるコメディ。
最初は合併なんてありえない~って言ってた生徒や先生たちが、
物語が進むにつれて団結していくのも面白かったし、
蜂谷先生が突然、平助と結婚すると言い始めたころから、
平助と蜂谷先生の展開も面白かった。
全然好きじゃないのに、ハートの吊革一緒につかんだから結婚するとか、
好きなところはこれから見つけるとか、
ちょっと普通の恋愛モノと違って面白い。
平助の授業も、ちょっとそれはこじつけっぽいなってのもあったけど、
結構、なるほどなって思ったのもあった。(忘れたけど)
あとはやっぱり、あんだけ青春時代をちゃんと青春してるドラマってのもいいね。

錦戸亮くんは、見る作品によって、いいと思ったりイマイチだったりするんだけど、
今回は結構好きだったかな。
最初はなんか、イマイチな気がしてたけど、
回が進むにつれてよくなってった気がする。
満島ひかりさんが、今まで嫌な感じの役しか見たことなかったので、
なんかそれに引きずられてあんまり好きじゃなかったんだけど、
今回の役はかなりぶっとんでて好きだな~。
啖呵きるときはかっこよかったし、恋してるとこは可愛かったりもするし。
永山絢斗くんも結構ぶっとんでて面白かった。
生徒や先生のみなさんも、みんなぶっとんでたけど。
みんな好きだったな。

最終回は、青春祭が行われて、平助がついに、罪を告白する話。
これからどうなっちゃうんだろう、ちゃんと罪を償って戻ってくる感じかな、
とか思ってたんだけど、
無罪の展開は正直予想外だった。
というか、ドラマの最初のころは、犯人違うんじゃないかって思ってたんだけど、
なんかいつの間にか、犯人だと思い込んでたのでね。
まぁでも、犯人結局わかんないし、ホントは犯人なのかもとかは思うけど。
最後に、0.01%の確率でロケット花火が礼拝堂に入ったとこで終わるかな、
とか思ったりしながら見てたけど、
なかったので、まぁ、無罪ってことで。
周りにとっては良かったんじゃないかな。
結局サトシと祐子は誰に怒ったらいいのかわかんないけどね。
平助の突然のプロポーズと、蜂谷先生の受け方も良かった。

なんとなくで見てたけど、結構面白いドラマだった。



「Nのために」最終回(2014年12月19日 金曜日 23時13分)

4つ見ていたドラマのうちの2つめが最終回。
『Nのために』。
湊かなえさんが原作ということで、ちょっと興味があったんだけど、
それよりも、今年ハマった窪田正孝くんが出演するということで、
一気に興味がアップして見てしまった。

最近のドラマは、1話完結のものとか、
連ドラだけど、そんなに肩肘張らずに見られるようなものが多かったので、
その分、途中で見るのやめちゃうドラマも多かったんだけど、
『Nのために』は、1話も見逃せないし、しっかり腰を据えて見ないとついていけないし、
1話見るととにかく続きが気になるっていう、
ここまでちゃんと見たドラマって久しぶりかも。
すごく面白かった。

湊かなえさん原作らしく、ちょっとずつ起こるいろんなことが、
最終的にひとつに繋がっていくような話で、
スカイローズガーデンの一室で起きた事件をキーワードに
毎回いろんなドラマが展開されていって、
そして最終的に事件の真相がわかるっていう、面白い構成だった。
キャストもみんな良くて、まぁ私は窪田くんに毎回キュンキュンしてたわけだけど、
徳井義実さんとか、回が進んで本性がわかるにつれてどんどん怖い人になっていって
すごかったな。
あと、主題歌の、家入レオさんの『Silly』がすごい良くて、
毎回物語の主要な場面で流れてすごいせつなくなって、良かった。

最終回で、事件の真相がわかったわけだけど、
ここからちょっと、核心に触れるので、見てない人要注意。

結局、事件の真相を知ってたのは、西崎さんと希美ちゃんだけで、
成瀬くんも関わってなかったってことだよね?
N作戦に加わるはずだったけど、奈央子さんの電話で作戦変更になったから、
結局ただの料理の運び屋ってだけだったのか。
安藤くんが真相知らないのはこれまでの展開でわかっていたけど、
成瀬くん関わってなかったってことは、
希美ちゃんと成瀬くんの繋がりがちょっと弱いような気がしたなぁ。
まぁでも、あそこで成瀬くんが現れたから、
希美ちゃんは西崎さんと罪の共有をする決心が出来たのだろうけど。
でも、お互いがお互いのことを思って、
それぞれの『N』のために動いたんだなってのはわかった。
でも安藤くんがチェーンかけたのは・・・あれはどうなんかな・・・。

まぁとにかく、最後まで目が離せないドラマで面白かった。
文庫本買ってあるので、読まなきゃ。



「素敵な選TAXI」最終回(2014年12月16日 火曜日 22時58分)

今クールは4つのドラマを見ているんだけど、
どのドラマも系統が違うので、それぞれに違った楽しみがあって良かった。
医療モノばっかりとか、刑事モノばっかりとかの時あるからね。

その中の1つ、『素敵な選TAXI』が本日最終回。

過去の分岐点にタイムスリップすることのできるタクシーの運転手、枝分さんと、
タクシーの乗客とのやりとりが楽しいドタバタコメディ。
脚本はバカリズムさん。
連ドラだけど1話完結型のドラマで、
毎回パターンが同じかと思いきや、ちょっとずつ違ってなるほど~と思う回があったり、
タイムスリップしない回もあって、面白かった。

特に、第4話の勝地涼くんの回が好きだったな~。
拾った宝くじの換金期限に間に合わせるために
ひたすら短い時間をタイムスリップする話で、
話の展開とかオチは第1話と同じなんだけど、
でも同じでもちょっと違う楽しみ方ができるっていうか、
第1話の時は、オチが読めたんだけど、この回の時は、なるほどそうきたか、と思った。
あと、第6話に出てきた、うまくいった状態を維持したままもう1回戻る方法、というのが、
すごい、あ~、その手があったか!って思って、面白かった。
1話完結だから毎回ゲストが違うので、
木村文乃ちゃんとか勝地涼くんが出てきたのは嬉しかったし、
枝分さん役の竹野内豊さんがいい感じだった。

最終回は、3ヶ月前、枝分さんがタクシー運転手になる前の話。
出てきたレストランとか展開が第1話と同じだったので、
第1話とどう繋がっていくんだろうと思ってたんだけど、繋がらなかったね・・・。
それとも、第1話見直してみると何かしら繋がってたりするんかな・・・。
最終回はわりとゆるい感じで終わったけど、
最終的にまぁハッピーエンドなのかな。
枝分さんは結局戻らなかったけど、もし戻ってたら、
これまでの9話までの人たちの人生ってどうなるんだろう。
そもそも枝分さんがタクシー運転手になっていないところに戻って、
タクシー運転手にならないことになるわけだから、まったく展開変わるよね。

・・・とか、なんかいろいろと想像も膨らむドラマで、面白かったよ。



「花子とアン」スピンオフスペシャル「朝市の嫁さん」(2014年10月18日 土曜日 23時17分)

放送されると知ってからずっと楽しみにしてた「朝市の嫁さん」!
めっちゃ面白かった~。パルピテーションの嵐っ。
本編では朝市は結婚報告のみで、お嫁さんは1回も出てこなかったし、
最後の最後まで、朝市は花子が好きでしょ~って感じで終わったので、
スピンオフのハードルめっちゃ上がってたんだけど、
面白かった。

石橋杏奈ちゃんがすごく可愛かった。
正直見る前までは、杏奈ちゃんそんなに好きじゃなかったんだけど、
このドラマでは可愛かったし、このお嫁さんならいいよ、朝市!と思っちゃった。

カフェでの宇田川先生たちとのやりとりは、
ほぼコメディみたいな感じで、また面白かったし、
宇田川先生、そしてリンさん、かき回すねぇ。
醍醐さんと兄やんも、振り回されて大変だけど、
愛が深まって良かったんでないかい。
花子の出番は少なかったけど、あの短い中でも、
花子がホントに朝市の幸せを喜んでるんだな~ってのが
すごく伝わってきて良かった。
あのラジオは花子がプレゼントしたものだったのね。

そして朝市とちづ江のシーンは、本の部屋でのシーンのみだったけど、
なんかどれも可愛くてきゅんきゅんしちゃったな。
でも朝市、1回もちづ江に好きって言わんかったけど。
でもなんか、幸せになってほしい2人だな、と思った。

それにしても、改めて回想シーンとか見てると、
朝市はホントに、大事なところでいつも、
花子や英治の背中を押していたんだなぁ、って思って、
やっぱり朝市っていい人だな、と思った。
そして窪田正孝くんやっぱり好きだ。

総集編が台風で11月末まで延びちゃったので、早く見たいけど、
また改めて朝市やみんなを見るのが楽しみだな~。
未公開シーンもあるみたいだし。



ホーム | 次ページ


カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カテゴリー

最新コメント