勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









伊坂幸太郎『死神の浮力』(2016年08月23日 火曜日 22時01分)

ずいぶん前に、『死神の精度』という本を読んだけど、
その続編(?)というか、同シリーズ『死神の浮力』。

死神の浮力 (文春文庫)

新品価格
¥842から
(2016/8/23 21:46時点)



内容は違うので、続編といっても、この本だけで楽しめるんだけど、
『死神の精度』にも出てきた死神の千葉さんが出てくるので、
一応シリーズもの。

死神は、対象となった人を7日間調査して、
死んでも良いと判断すれば『可』の判定を出す。
『可』の判定を出された人間は8日目に事件や事故などで亡くなる。
死神なので、調査するとはいっても、人間が生きようが死のうが興味がなく、
たいていは『可』の判定を出すので、
適当に仕事をする死神も多い中、
千葉さんは自分の仕事を全うする真面目な(?)死神。

今回の対象は、娘を殺され、復讐を目論む男性。
復讐のために妻と2人でいろいろやろうとするんだけど、
ことごとく相手にかわされ、いいところで取り逃がし、
・・・と、しているようで、なんとなく犯人を追い詰めてもいる。
その原因が千葉さんで、
見た目人間だから普通に接しているのに、
なんだかちぐはぐな問答をしたり、
超人並みの力を発揮したり、
実際一緒にいたらちょっとイライラしそうだけど、
でもなんかすごくて不思議。

「罪を犯しているのに裁かれない」っていう、
伊坂さんワールドにたびたび出てくる人が犯人で、
読んでいる方も、復讐を果たしてほしいって思って読んじゃうんだけど、
最後はちょっと、想像するだけで怖いなぁ。
死神の世界にもいろいろ部署とかあって、
調査対象を選ぶ情報部がミスをして間違えて調査対象を選んでしまったみたいで、
それをごまかすために寿命の『還元キャンペーン』をやるという展開があったんだけど、
それがまさか、そんなことになるとは・・・。

こういうお話を読んでいると、
自分でも死について考えたりしちゃうよなぁ。
死んだらどうなるんだろうとか、死ぬとき痛いのは嫌だなぁとか、
いろいろ考えながらも、最後までドキドキで一気に読んだ。

『死神の精度』も映画化してすごく良かったので、
これも映画で観てみたい気もするなぁ。
本城役を窪田正孝くんがやったらすごい上手そうなんだよなぁ。



伊坂幸太郎「死神の精度」(2009年04月08日 水曜日 20時00分)

伊坂さんの小説をいろいろと一気に読み進めてきたけど、
この小説もかなりお勧め。
今回の紹介は、「死神の精度」。

この小説は、6つのお話からなる短編集。
とは言っても、6編に同じ主人公が出てくるし、
最初のお話から最後のお話まで、
ちょっとずつつながりがあるので、
連作短編って感じ。

この小説の主人公は、タイトル通り、「死神」。
死神は、選ばれた人間を7日間調査し、
その人が死んでも良いか、可否の判断を下す。
可を下された人間は、8日目に死ぬ。
死神なので、人間に情を持っているわけでもなく、
調査結果は大体が「可」。
なので、人間界に7日間もいる必要はないんだけど、
死神の目的は、調査よりもミュージック。
音楽をこよなく愛する死神は、
CDショップの試聴コーナーに入り浸って
音楽を聴くため、調査をしていると言っては7日間人間界に滞在している。

こんな奇妙な設定だけでも、面白そうって思うんだけど、読んでみるとやっぱり面白い。
死神が出会うのは、取り柄のない暗い女の人だったり、
やくざだったり、吹雪の中の殺人事件だったり、恋する男の人だったり、
人を殺した犯人だったり、死神の正体を見抜く老女だったり、実に様々。
せつなかったり、ちょっとほっとしたり、いろいろな物語が展開される。

あ、そうそう。
物語の途中に、「重力ピエロ」の春くんが出てくるのもちょっと嬉しいところ。

この小説って、前に映画化されたよね。
そのころは伊坂さんも知らなかったし、映画にも全く興味を持ってなかったけど、
見に行けば良かったなぁ・・・。
この短編がどういうふうに映画になってるんだろう。
レンタルで借りられるかなぁ。DVD買っちゃおうかなぁ・・・。





ホーム


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー

最新コメント