勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









大河ファンタジー『精霊の守り人 最終章』(2018年01月31日 水曜日 20時00分)

去年の終わりから今年にかけて放送されていた
『精霊の守り人』の最終章が土曜日に終わった。

今回の話は、『闇の守り人』『天と地の守り人』がベースで、
始まる前に読み直すとか言ってたのに結局『天と地の守り人』の
1巻目までしか読めなくて
2巻目と3巻目まだ読み直してない・・・。

で、肝心の内容なんだけど・・・正直、今までは結構面白かったのに
なんか一気にがっかりした。
守り人シリーズの中で『闇の守り人』が一番好きなので、
原作に忠実にやってほしかったんだけど、なんか設定が変わりすぎた。

タルシュとの戦いのさなかにヒョウルとの儀式が入ってくる形になったので、
なんかお話がそれ単独じゃなくて、流れの中に入っちゃったのも
自分的には微妙だった。
ドラマではログサムが死んでなかった理由は、
ユグロを登場させないで代わりに役割を担うためだと分かったけど、
それにしても話が違いすぎて・・・。

カンバル編が終わってからの、タルシュとの戦いのところは、
面白いなと思うところもあったんだけど、
まだそこ読み返してないけど自分の中で原作で印象に残っていた、
バルサとタンダがキスするシーン、
シーン自体は、すごい綺麗だったし、好きなシーンだったんだけど、
最終回じゃなくて1回目前でそのシーン出てきたので、あれ?と思っていたら、
そのあとタルシュに捕らわれるっていう・・・。
え、あんたたち、2人がイチャイチャしてるとこ見とったんかい!
ちょっと邪魔しないでほしかったわ。

キャラクターとしても、原作と違ってても上手く使われてる人もいたんだけど、
なんかあんまりシュガとか活躍せずに終わっちゃった感じがするし、
ガカイはなんかお笑い担当みたいになっちゃったし、
なんかいろいろ違和感があったなぁ。

綾瀬はるかちゃんは全編通してやっぱりすごく良かった。かっこよすぎた。
これからこういう役が増えるといいのに。
東出昌大くんは、やっぱりなんかちょっと違和感あったな。
タンダのやさしさが出ていない感じが。話が変わってるせいもあるんだろうけど。
見た目は合ってるんだけどな。

結局、3年かけてちょびちょびとやっていたけど、
別にまとめてやればよかったんじゃないかな、という気もした。
そして、『天と地の守り人』の2巻3巻を早く読み直して
この違和感を解消したい・・・。



大河ファンタジー『精霊の守り人Ⅱ 悲しき破壊神』(2017年03月26日 日曜日 11時24分)

シーズンⅡ始まる前に小説を復習しておこうと思って
『闇の守り人』から『夢の守り人』まで読んでいたのに
まさかの『神の守り人』から始まるっていうね。
復習できてねぇ。

ということで、シーズンⅡ。
結局どんな話だったか忘れたまま見たので、タルハマヤとかあったなぁとか、
タルシュ帝国が攻めてくるんだった、とか、
あぁそうだチャグム泳いどったわ、とか、思い出しながら見た。今回も。
なんかたぶん、別々の本のお話が、
ドラマだとアスラの話とチャグムの話と並行して進んでたんだよね?
あっちは神に翻弄されながらこっちは戦争にも対応しないといけないしで、
なんか大変だなぁとか思いながら見たけど、今回も面白かった。

まずもう、バルサがやっぱりかっこよすぎる。
綾瀬はるかちゃんのバルサホントに素晴らしい。
もう、本読み直しててもバルサは綾瀬はるかちゃんでしかないからね。
世界観も、いろんな情景とかすごく綺麗だし、
あぁなるほどタルの民はこんな感じなんだな、とか、
サンガルはこんな感じなんだな、とか、
しっくりくる感じがする。

新たなキャストとしては、チャグムが小林颯くんから板垣瑞生くんに代わって、
たぶん初めて見る子だと思うんだけど、
なかなかかっこいい顔つきで、皇太子らしくチャグム立派に成長したねぇ、と思った。
ロタ王国やタルシュ帝国の面々もそれぞれ魅力的だった。
ちょっと、真木よう子ちゃんが、滑舌が悪いからなのか、なんかあんまり上手くなくて、
結構重要な役なので微妙だなとか思ってたんだけど、
神編のクライマックスでのバルサとの戦いがかっこよかったので、
あぁなるほどそれでキャスティングしたんだな、と思った。

アスラの話は、鈴木梨央ちゃんの熱演もあって、すごいせつないけど壮大なラストだった。
チャグムの話は、話をぜんぜん忘れてたので、
ヒュウゴがチャグムを騙したと知ったところでびっくりしたな・・・。
ヒュウゴ自分から吊られてたとは・・・。
最終回は、まさにここだよ、このタイミングだよ、っていうところでバルサが登場して、
かっこよかったなぁ。
そしてチャグムの成長にバルサが驚いているところも、
2人それぞれにいろんな時間を過ごしてやっと再会できた!ってのが嬉しかった。

しかし、これホントに9話で終わるのか?とか思って見てたけど、
カンバルに向かうところで続くなのね。
シーズンⅠからシーズンⅡは1年くらい経ってる設定だからいいと思うけど、
なんで次11月なんだろう。
カンバル行くのに7ヶ月かかるわけじゃないよね。その間に攻められるよね。
そして『闇の守り人』やってないのにカンバルに行くということはどうなるんだ?
続きがすごい気になる。

守り人シリーズの続きまた読み始めてようやく『神の守り人』に差し掛かるところまできたので、
次のドラマ始まるまでには最後まで読んでおきたいなぁ。



『精霊の守り人』シーズン1最終回(2016年04月10日 日曜日 20時00分)

昨日見たやつ。

このブログでも感想書いてたけど、
上橋菜穂子さんの守り人シリーズめっちゃ好きで、
それが3年間かけてドラマやるってことで、
まぁ楽しみもあったけど、どっちかっていうと不安の方が大きかったんだよね。

やっぱり、先に原作読んでると、イメージってもんがあるから、
バルサが綾瀬はるかちゃん?ぜんぜん違う!って思ったし、
トロガイが高島礼子さんってのも、え、トロガイおばあちゃんじゃないの?って思ったし、
原作の中で好きなタンダとシュガも、
東出昌大くんと林遣都くんって、なんか整いすぎてない?って思ったし。

でもやっぱり気になるから、1話見て微妙だったらやめよう、って思ってたんだけど。

1話の最初の、はるかちゃんが「バルサ」って名乗るところでもうやられた。
何もうめっちゃかっこいいじゃないか。
はるかちゃんのバルサぜんぜんイメージ沸いてなかったけど、
ドラマ始まったら、たたずまいもそうだし、
話し方とか、戦う姿とかも、まさにバルサだった。
すごいはまってた。
トロガイも出てきたときはかなりびっくりした。え、これ、高島礼子さん?
言われなかったらわかんないね。
声はちょっと若い感じがしたけど、雰囲気はトロガイっぽかった。
タンダは、東出くんで想像してた整った感じとは違って、
見た目はすごく、自分のイメージしてたタンダっぽくて良かったな。
ただ、しゃべるとちょっと、なんだろう、演技力が・・・。
まぁでもタンダっぽい感じはした。
シュガは自分がイメージしてたのがもうちょっと大人っぽい感じだったので、
遣都くんだとちょっと可愛らしい感じはした。
まぁ、シュガはまだここからが出番って感じだから、
これからが楽しみだけど。
チャグム役の子がもうちょっと上手な子だと良かったなぁ。
バルサの少女期の子はすごいかっこよかった。
サヤの子も可愛かったな。

そして全体的なドラマの雰囲気も、とても綺麗な世界で良かったと思う。
見てて、あれ、こんな話だったかな、って思うところもあったんだけど、
結構好きだったな。
原作読み直したくなったな。

次回来年なのに、最後にバルサがカンバル王に向かっていって終わるっていう
すごい気になる終わり方をしたので、
おいおい1年待つ間に忘れちゃうよ、と思うんだけど。
これってなんで3年かけてちょっとずつやるんだろ・・・。
チャグムの成長過程に合わせてやるのかな、って思ってたけど、
シーズン2はチャグム役も変わるみたいだし、意味あるのか?

まぁ、何はともあれ、来年はいちばん好きなカンバル編がやると思うので、
楽しみは楽しみだな。
来年のドラマやる前にもう1回ぜんぶ読み直そうかな・・・。



ホーム


カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリー

最新コメント