勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









映画『スマホを落としただけなのに』&『ビブリア古書堂の事件手帖』(2018年11月05日 月曜日 20時00分)

土曜日に観た映画。

スマホを落としただけなのに

採点:☆☆☆☆★

観る前に想像してた怖さとは違ったんだけど、面白かった。

ここからはネタバレ。

観る前は、ネット社会って怖いな、スマホって便利だけど怖いな、っていう、
現代社会ならではの怖さを感じる映画かなと思っていて、
実際そういうのは盛りだくさんで、そういう怖さもあったんだけど、
連続殺人鬼だったり、主人公の過去の話だったり、いろんなのが盛りだくさんで、
ミステリーっぽい怖さもあったので、
観終わったあとの感じが思ってたのと違ったかな。
でも、犯人誰なんだろうって純粋に楽しめたし、
たぶんあの人なんだろうと想像はついたんだけど、
最後までハラハラドキドキした。

自分はフェイスブックとかはやってないしスマホにツイッターとかも入れてないけど、
LINEとかあるから友達になりすましてメッセージされたらわかんないかも知れないし、
気をつけてはいるけど変なURLクリックしないとも限らないし、
やっぱり気軽な分、気をつけなきゃいけないことも多いなぁと改めて思った。
この映画のように、偶然殺人鬼にスマホ拾われるようなことも無いとも限らんもんな。

ミステリーとしてもいろんな要素があって面白かった。
今回の犯人は愛されなかった母親に執着して事件を起こしていて、
同じような境遇の刑事が居場所を突き止めるわけだけど、
同じような境遇でも、こんなふうに極端に分かれてしまうんだなという怖さを感じる。
それは主人公と自殺した友人も同じで、
同じような境遇だからって同じようにはならないんだなぁ。

犯人の居場所を突き止めるといえば、
彼が位置情報アプリで主人公の居場所を突き止めるところは
なかなかなるほどと思った。
アプリ入れるとことかパスワード言っちゃうとことか、
それって危ないんじゃないの?とか思って観てたら、そっちの伏線だったのか。
伏線っていえば、彼氏がスマホに話しかけて潔白証明するところも、
後に主人公が彼氏に電話をする為の伏線にもなってるね。

主人公が実は友人と入れ替わってたというのは結構衝撃的だったけど、
あれにより、今まで起こってきた、
スマホ乗っ取りにより起こったいろんなこと(浮気未遂動画とか)が
全部すっぱりなかったことになっちゃったので、
そこはちょっと御都合主義な感じはしたかな。
でも、ラストに別の人がスマホを落としたとこで終わるのは、
ありきたりといえばありきたりだけど面白いと思った。

キャストもみんな良かった。
北川景子ちゃんも良かったけど、
どっちかっていうと周りの人の方が印象に残ったかな。
ちょっと頼りなさそうで実は頼り甲斐のある彼氏だった田中圭くんとか、
最初、なにこの使えなさそうな子、と思ってたらキレものだった千葉雄大くんとか、
豹変してからめっちゃ怖かった成田凌くんとか。

怖いけど面白い映画だった。

ビブリア古書堂の事件手帖

採点:☆☆☆★★

面白かったことは面白かったんだけど、なんかもうひとつという感じがしたかな。
あと、観てない人もいるだろうから詳しくは言えないけど、
『スマホを落としただけなのに』と続けて観たらダメなやつだねこれ・・・。

ここからはネタバレ。

最初は、おばあさんの昔の謎を解く美しい物語、みたいなのかなと思ったけど、
おばあさんの謎は最初の方で解けちゃって、
あとは実際のおばあさんの物語とともに話が進んでいく。
栞子が持っている太宰治の『晩年』を狙う犯人は誰か、というのが
メインになってくるけど、
ちょっと、おばあさんの話と『晩年』の話を無理やりくっつけた感があったな。

いろいろツッコミどころがあったんだけど、
まず、犯人が分かりやすすぎだよね。
最初からちょっと胡散臭い感じはしたけど、
大輔が『晩年』を自分が預かるって言ったその日のうちに狙われた時点で、
犯人はあそこにいた人しかいないやん。
ってか、初版本じゃなかったからまぁ良かったのかもだけど、大輔まぬけすぎやん。
その前に、一応本物と銘打って店頭に置いてある品を、
そのまま出したまま留守にしないと思うけど・・・。
目が悪いと思われてた人が結局演技だったっていうのも、
ちょっと冷めちゃったかな。
せっかくいいお話だと思ってたのに、嘘やったんかい。
そして犯人は結局強硬手段に出たわけだけど、
う~ん、おばあさんの昔のあの物語と並行して進んできて、
あの人の孫がこうなっちゃうのか、って、ちょっと残念な気がしたな。
あと、あれだけ執着してたのに、犯人はなんで改心したの?
本がなくなったから?
最終的におじいさんが書いた物語を大輔が持っていたから、
おじいさんが一緒だと分かって打ち解けたんかね?
そしてラストも唐突に大輔が栞子に告白めいたことをして終わったけど、
なんで急にそうなったのかもわからなかったな。

あ、なんかツッコミどころばっかりで面白かったところがわからなくなってきた。

キャストは良かったと思う。
東出昌大くんが意外と良かったな。
なんかこう、彼にとっては一途な愛のようでありながらも、
ちょっと人妻に翻弄されてる感じが似合っていた。

ということで、まぁ、そんな感じで。



映画『億男』(2018年10月20日 土曜日 17時00分)

採点:☆☆☆☆★

もっとハチャメチャな映画を想像していたんだけど、
実際は結構しっかりした話?というか、考えさせられる話で、なるほどと思った。
面白かった。

ここからはネタバレ。

お金って、生まれた時から当たり前に身の回りにあって、
お金ってなんなんだろって改めて考えることってあんまりないんだけど、
この映画を観てる間ずっと、お金ってなんなんだろうなって考えてしまった。
この映画にあったように、お金で人は変わっちゃう。
でも九十九が言っていたように、お金を変えるのも人。
それがただの紙切れなのか、無くてはならない1枚なのか、
お金に限らずだけど、物の価値は人によって違う。

主人公は、借金をして家族とも離れて働きづめの中、
思いがけず大金を得て、これで全てが上手くいくと思い込む。
でも、九十九がお金を持っていなくなったことで、
大金を手に入れた人たちに会ったり、
お金では上手くいかないことも知ったりして、
お金が全てではないことを知る。
普段の生活の中で、お金がばーんと入ればなぁとか思う時あるけど、
もしも自分が急に大金を手に入れたらどうなるんだろう。
大金を手に入れても普段と変わらず堅実に使おうとか妄想することはあるけど、
実際手に入れたら舞い上がりそうだな。
お金があれば幸せになれるとか、そういうものでもないんだろうけど、
でも無いと困るものだし、
結局自分もお金に支配されているのかな、とか思っちゃうね。

キャストも、佐藤健くん、高橋一生くんはじめ、出てくる人みんな良かった。
それだけに、すごくみんな面白いキャラなのに
ちょっとずつしか出ないのは勿体ないような気がした。
今までに無い雰囲気の池田エライザちゃんや、
顔だけで笑える北村一輝さんや、
胡散臭い藤原竜也くんや、
一見普通の主婦のようでお金に執着してる沢尻エリカちゃん、
もっと観たかったな。

ということで、なかなかいろいろと考えるいい機会になった。



映画『ムタフカズ』&『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』(2018年10月13日 土曜日 20時40分)

ムタフカズ

採点:☆☆★★★

確か草彅剛くんのツイッターで知った映画だと思うんだけど、
テレビでまったく話題になってなかった割には、
結構お客さんが多かったのはやっぱり草彅くん効果なのかな?
なんとなくハチャメチャな感じを想像して観に行ったんだけど、
話が全くよくわからず、ずっと睡魔と戦っているうちに終わってしまった。
観終わってから他のお客さんたちはどうだったのかなと思って
聞き耳を立ててみたけど、
みんなしーんとしたままだったので感想もわからず。

ここからはネタバレ。

そもそもそこにツッコミを入れていいのかもわからないけど、
汚れた街で、黒い人とガイコツとコウモリが普通に暮らしてる話?
まあそこは別にいいとして、結局何が何?
地球を侵略しにきた宇宙人と戦う的な話?
アンジェリーノは、宇宙人が地球人に手を出してできた子供的な?
アンジェリーノは結局のところ誰にどうして狙われてたの?
あの女の子は何だったの?
ちょっと、睡魔と戦ってるうちに見逃したとこもあるかも知れないけど、
そんな感じで思い返しても疑問しかないのだけど・・・。

声優さんも、草彅くんはまんま草彅くんだった。
そもそも声優さん向きでは無いような。
あと、あの人たちもどういう人なのかよくわかんなかったけど
お告げを聞いてるプロレスラーみたいな人たち?
あの人たちの声の人も下手だったな。
唯一上手いと思ったのは満島真之介くんかな。
歌も上手だったし。

感想も何だかよくわからない感じになってしまった。

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!

採点:☆☆☆★★

この長いタイトルを映画館の自動音声が淡々と喋っててちょっとウケた。

『インスタント沼』、『俺俺』と、三木聡監督を絶賛するレビューを書いていたので、
そろそろ次は面白くないんじゃないかと思いながらも、
結構楽しみにしてたんだけど、うーん・・・。
すごくつまらなかったと言うほどでもないんだけど、面白くもなかった。
ってか、三木監督、路線変更したのかな?
阿部サダヲさんが主演ってのもあるかもしれないけど、
三木監督っていうより、クドカンって感じだった。

ここからはネタバレ。

まず、タイトル出る前までのところで既に、
血を吹き出すところとかピザに顔つっこむとかが汚くて
ちょっと引いちゃったんだよね。
ドーピングするシーンも若干ひいたし。
そこから気を取り直して観ていたんだけど、
なんかイマイチ、お話に乗り切れなかったというか。

今までの三木監督の映画も、お話がハチャメチャではあったけど、
なんか心地よいハチャメチャ感というか、
ゆるかったり、なんだこれって思うんだけど面白かったんだよね。
でも今回は、変に真面目なところを入れようとして失敗してるような。
シンの過去とか、結構壮絶で、
妹が声を出せなくなった代わりに自分が、ってことらしいけど、
その割にそこまでの一生懸命さが伝わらなかったし、
ふうかがなにかとやらない理由を探してたのをシンが変えてくれたというのは、
自分もやらない理由を探しちゃうタイプなのでちょっと共感できるところもあったけど、
声が小さいのはそれとはまた別な感じだったし。
取ってつけたように、昔いじめられてたからと言っていたけど、
背景が伝わってこないし、
釜山に住んでてお嬢様と呼ばれててバイクで高校通ってた人と
声がちっちゃいことが結びつかない。
あとは、千葉雄大くんが演じてたレコード会社の人とか、
何がしたいのかさっぱりわかんなかった。

キャストは、阿部サダヲさんはいつものコメディやるときの阿部さんだった。
安定感はあるけど。
アベマリアの歌声がえらい綺麗だったけど、あれは本人?吹き替え?
本人だったらすごいな。
吉岡里帆ちゃんは、可愛かったけど、
はっちゃけ具合がもうちょっとかなという感じがした。
最後のライブのとことか、もっとシンみたいにぶっ飛んだ歌声が聴けるかと思ってた。
まぁそれは脚本と演出の問題だが。
千葉くんがいろいろ可哀想な目にあっててぶっ飛んでるなぁと思ったけど、
キャラクターがよくわかんなかったのでもったいないな。

ということで、なんだかいろいろと微妙だった。
三木監督の昔の映画がまた観たくなってきたので、
『亀は意外と速く泳ぐ』でも観ようかな・・・。



映画『日日是好日』(2018年10月07日 日曜日 15時21分)

採点:☆☆☆★★

元々、多部未華子ちゃんが出るので観たいなと思っていた映画だったんだけど、
樹木希林さんが亡くなって、最期の出演作となったことで、
一気に知名度が上がった気がする。
そのおかげ、と言ったらなんだけど、先行上映で観られることになったのは良かった。

たぶん淡々としたお茶の話なんだろうなとは思っていたけど、
思っていた以上に、時がどんどん進んでいって、
ひとつひとつはゆったりした話なのになんだか忙しないような感じもしたんだけど、
なんというか、静かな心地良い時間を過ごせる映画だった。
若干、夢の中に行きそうになったけど。

ここからはネタバレ。

内容的には、前半は主人公たちと同じように、
お茶って何なのかわかってない状態から、
こんな風にやるんだとか学ぶような時間で、
後半は、主人公の人生とお茶との関わりを描いているようだったんだけど、
自分的には、前半のお茶ってどんなもんなのか、っていうところが面白かった。

いろんな作法が細かくあるけど、それにどういう意味があるのか
先生もわかってなくて、とにかく形から入る。
なんとなくできるようになってきた頃に今度は冬のお茶になっちゃって
所作がまた変わって1からやり直しになるけど、
それをずっと続けているうちに体が覚えてくる。

普段の生活の中で、何事をやるにもまずいろいろ考えちゃって、
できないできないってなることも多いけど、
そういえば、やってるうちに慣れてきて自然とできるようになっていたものもある。
歳をとるにつれ考えちゃうことの方が多くなってくるような気がするから、
こういう、何も考えずにやって、そのうち心が付いてくるということは、
大事なことなのかもしれないな、と思った。

主人公はなんとなく自分と似ているところもあって、
だから、今、特に何もせず毎日何となく仕事してる自分に、
何やってんだろうな私、とか思いながら観ていた。
だからって、よし、これからはこうしよう、って思わないまま
またいつのまにか何となくの日々になっているのが私なのだが。
でもそれなりに楽しいこともあるし、新しい世界に踏み込んでいくのも苦手だし、
どうしたもんかな、とか、思いがけずいろいろ考えてしまう映画でもあった。

キャストは、黒木華ちゃんや多部未華子ちゃんの、
一昔前の可愛らしさというか、平成なんだけどちょっと昭和な感じが良かったし、
樹木希林さんは、どんな役をやっても希林さんの生き様を感じるというか、
実際の人生はもっと破天荒なんだろうけど
こんな静かな感じもすごく合っているし、すごくやわらかい感じがした。
そんなわけないんだけど心のどこかで希林さんは不死身だと思っていたので、
本当に亡くなったのかなという気がしてしまった。
少なくとも映画の中では生き生きしていた。

ということで、この映画に出てくるお茶やフェリーニのように、
観た後、じゃあその先は何っていうものはないんだけど、
いい時間を過ごせたような気はしている。



映画『食べる女』&『コーヒーが冷めないうちに』(2018年09月21日 金曜日 18時06分)

ちょっと遅めの夏休みを取ったので、映画観てきた。

食べる女

採点:☆☆☆☆★

ちょっと自分とは人種が違うかな、という気がして
あんまり共感はできなかったんだけど、
前向きに生きてる女性たちの話で面白かった。

ここからはネタバレ。

とにかく豪華な女優さんのオンパレードで、華やかだったんだけど、
いい意味でそんなにキラキラしてないというか、穏やかな感じのお話で、
その点は自分好みだった。
ただ、この中で自分と一番近いのって、
沢尻エリカちゃんが演じたドドちゃんなんだよね。
なんか恋愛めんどくさいなとか思って自分から探しに行かないタイプなので、
見習いの男の子2人ともいただいちゃったとか、
不倫ばっかりしてたから普通の恋愛がぬるいとか、
酔っぱらってそのままお持ち帰りされちゃうとか、
そういうのはちょっとついていけなくて、自分とは人種が違うなぁという気がした。
まぁ、ドドちゃんも会ったばかりの人を家に入れたり勢いでセックスしたりしてるので
そこは自分と違うんだけど。
あ、でも、結構そういうセックスとかの話が多々出てきて、PG12とかついてるけど、
別にそんな、年齢制限かけるような過激なシーンはなかったけどな。
ってか、てっきり壇蜜さんがPG12の役回りだと思っていたら、違った。

お料理はみんな美味しそうだった。
いくら旦那が料理苦手でもいいって言ったからといって、
毎日レンジでチンではそりゃ嫌気がさすわ、とは思うけど、
自分もそんなに料理が得意ではないので、
料理が上手い人はいいよなぁ、と思う。
美味しいごはん作ってくれる人に出会いたいわ。
あとは、まぁラストシーンはみんなそれぞれに卵かけご飯食べてるけど、
やっぱりみんなでわいわい食べるのって楽しいし美味しいと思うので、
こういう気の置けない仲間っていうのはいいよな、と思う。
女性たちだけじゃなくて、取り残された男性たちも意気投合してたので、
そういうのはほのぼのしてていいなと思う。

キャストもまぁ、あんまり演技が上手くない人も中にはいたけど、おおむね良かった。
小泉今日子さん好きだな。

ということで、まぁ共感はあんまりしてないけど、なかなか面白かった。

コーヒーが冷めないうちに

採点:☆☆☆☆★

泣けるとか銘打ってある映画はあんまり好きではないんだけど、
コーヒーが冷めるまでの間だけ過去に戻れるという設定が
面白そうだったので観に行ってきた。

思ったよりコミカルな感じで面白かったんだけど、泣けるほどではないかなぁ。
あと、後半の展開にちょっと違和感があった。

ここからはネタバレ。

過去に戻れるのはコーヒーが冷めるまでのわずかな間だけ
(それが幽霊がトイレに行ってる時間ということなのか。シュール)、
しかも過去に戻ったからといって今が変わるわけではないということで、
一見、行くことに意味があるのかなと思ったりするんだけど、
過去に戻って得た事を、未来にどう活かすかは自分次第。
過去に戻ったことで、戻ったみんなが前向きになる展開はいいなと思った。
ちょっと、過去の手紙って持って帰れるの?っていう疑問はあったけど、
認知症の妻とのお話とか結構好きかな。

カズちゃんはお母さんのことでずっと自分を責めていて、
あまり人付き合いも得意ではない子のようだったので、
次のお話に繋がるためとはいえ、結婚前の妊娠はちょっと違和感があった。
お母さんがお父さんに会いに過去に戻っていたわけではなく、
自分が死んだ後のカズちゃんを心配して未来に行っていたというのは、
面白い展開だなと思ったけど、
結局お母さんは、カズちゃんがぐずったから帰るのに間に合わなくて
あぁなっちゃったわけだよね?
なんか、真相を知ってカズちゃんは余計に自分を責めたりしないのかな?
自分を置いていったわけじゃないって分かれば満足なのかな。

でも、未来から子供を過去に行かせてその子供にコーヒーを入れさせるというのは、
よく考えたらできるんだけど、なるほどと思った。
自分は、新谷くんが代わりに過去に行って真相を見てくるのかな
くらいにしか思ってなかったので。
あと、来たのが未来の子供だったってのは説明しなくてもわかるので、
ラストは余計かなと思ったけど、
エンドロール最後の、段取りを最終確認するところはなんかほのぼのとして可愛かった。

余計といえば、最後の、過去に戻った人たちのモノローグシーンは完全に余計だった。
そんなの説明しんくってもわかるから。
商品使った人の体験談CMかよ、って思っちゃった。

キャストはみんな良かったと思う。
有村架純ちゃんは可愛かったし、伊藤健太郎くんは初めて見たか?
たぶん知らない子だったけど、なかなか好青年だった。
吉田羊さんや薬師丸ひろ子さんの雰囲気も好きだな。
石田ゆり子さんもほぼ幽霊だったけど素敵だった。
松本若菜さんの制服姿はかなり無理があると思った。
あと、ミキ役の子って山田望叶ちゃんだよね?
見るのは『ふきげんな過去』以来2年ぶりだと思うのだが、またおっきくなったなぁ。

ということで、泣けるほどではなかったしちょっと微妙なところもあったんだけど、
なかなか面白かった。



ホーム | 次ページ


カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー

最新コメント