勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









BOUM!BOUM!BOUM! 香取慎吾NIPPON初個展(2019年03月24日 日曜日 14時20分)

昨日の話。
一昨日の世界フィギュア観戦後、東京に移動し、
昨日は豊洲にあるIHIステージアラウンド東京というところで始まった
香取慎吾くんの個展を見てきた。
先週始まったばっかりで、ちょうどフィギュア旅行時期と重なったので、
これは!と思って行ってきたんだけど、楽しすぎた!

DSC06276_20190324140500e77.jpg

場所はゆりかもめ市場前駅からすぐのところ。

DSC06277.jpg

でっかい看板もあった。

これね、すごい面白かったからぜひ見に行ってほしいので、
あんまり出しすぎるのもあれだよなぁ。どこまで書こうかな。

そもそもこのIHIステージアラウンド東京っていうのが、
座席が360度回転してステージを見られる劇場で、
もうそれだけで面白いんだけど、
最初に座席に座って10分間の映像を見た後で、
A~Cまであるステージ上の作品を順番に見ていくっていう、
不思議な個展。
しかも時間制で定員が決まってるから、
混むことなくゆっくり作品を楽しめるっていう。

先行予約でチケット取ったら座席が一番前だったので、
映像が近すぎてちょっと怖かったんだけど、
作品見る前からこれだけでわくわくだった。

DSC06282_20190324140503c07.jpg

そしてこんな感じで、ステージ上の作品を見るわけ。
これがものすごい見ごたえあった!
写真はステージA。
そうそう、ステージAとBは写真OKっていうのもすごいよな。
ジャニーズだったらなかったよな。

DSC06285.jpg

写真いっぱい撮ったけどちょこっとだけ。
これはステージAに飾ってあったでっかいやつ。

DSC06358.jpg

ステージBはこのような感じ。

IMG_0760.jpg

ステージCは写真NGだけど、このような記念写真がもらえる。
左が私の手ね。
これは何の作品なのかとか、このポーズは何?とかは、
見に行ってもらえれば。

2時間入れ替え制って書いてあって、
見る前は2時間もかからんだろ、って思ってたんだけど、
実際行ってみたら2時間で足りないくらい見ごたえあった。

DSC06373.jpg

グッズも可愛い。
これは当初から買う予定だったステッカー。

DSC06374.jpg

そしてこっちは迷った末に買っちゃったクリアファイル3枚セット。
真ん中の鬼の子が目で買って~って訴えてきたんだよね・・・。
またステッカーとどれも絵がかぶってないっていうのがさぁ、
買っちゃうよねぇ。

とにかく楽しかった。
この後豊洲市場でランチ予定だったんだけど、
事前のリサーチ通り土曜日はめっちゃ混んでて断念・・・。
でも、豊洲駅の近くに土曜日限定で海鮮丼ランチやってるとこ見つけて
そこで食べてきた。美味しかった。
豊洲市場はあんなでっかいところなんだねぇ。
また時間あるときに豊洲市場のみを目的に見に行かないととても見られないね。

そんな楽しい2日間だった。



「Christmas Non-Stop Carol」(2010年12月15日 水曜日 20時00分)

GIZAのコンピレーションアルバムなんて何年振りだ。
由利ちゃんやおかもっち、Chicago Poodleにさぁさも参加するし、
引退の夕夏ちゃんや愛内さんも入ってるので、
ひそかにすごく楽しみにしてた「Christmas Non-Stop Carol」。

Christmas Non-Stop Carol

新品価格
¥2,300から
(2010/12/12 22:31時点)



これがかなり素晴らしい出来で、すごい満足した。
聴いたことのないアーティストも結構入ってるんだけど、
これまでのR&B、HOTRODのコンピレーションアルバムと根本的に違うところは、
アーティストが曲に合わせて歌ってるっていう感じじゃなくて、
曲がアーティストに合わせてる感じなのね。
なんていうんだろう、それぞれのアーティストのオリジナルっぽいアレンジというか。
おかもっちなんて典型的な例で、
「荒野の果てに」がまさかこんなおかもっちっぽい曲になるとは、
初めて聴いたときかなりびっくりした。
聴いたことのないアーティストも、きっとこういう曲をオリジナルで歌ってるんだろうな
ってのが、すごいわかる。
タイトルに「Non-Stop」と書いてあるだけあって、全曲が繋がってるんだけど、
それに関しては、すごく上手く繋がっている曲もあれば、
ここは途切れて余韻を残してもいいんじゃないか?って思う曲もある。
でもまぁ、それはあんまり重要じゃなくて、とにかく上に書いたとおり、
それぞれのアーティストの個性がすごく出ていて素晴らしい。
(まぁ、中には普通なのもあったけど)
自分的には、愛内里菜さん、おかもっち、doa、さぁさ、植田真梨恵さん、
HAZZE、Chicago Poodle、由利ちゃんが好きだなぁ。

CAN'T TAKE MY EYES OFF OF YOU/ZARD
さすがに新たに歌うのは無理なので、この曲だけクリスマスソングじゃないんだけど、
クリスマスらしいアレンジにしてあるので、違和感はない。
途中の大野さんのコーラスすごく綺麗だし。
ただ、ここに無理にZARDを登場させるなら、
麻衣さんやシズクも入れてほしかったなって気がする。

JOY TO THE WORLD/愛内里菜
タイトルだけ見たとき、別の曲と勘違いしてて、
なんでこのアルバムにその曲?って思ってたんだけど、「もろびとこぞりて」だったのね。
愛内さん、オリジナル曲はあんまり聴いたことないんだけど、
コンピレーションで歌ってるの聴くと、すっごいカッコイイよね。
この曲もすごいかっこいいアレンジ。
ゴスペルみたいなコーラスもかっこいいなぁ。

WINTER WONDERLAND/三枝夕夏
最近のシングルに多かった低めのボーカルなんだけど、
自分的には夕夏ちゃんの高音が好きなので、ちょっと物足りなかったかも。

WHITE CHRISTMAS/森川七月
初めて聴いたんだけど、歌声が竹井詩織里さんにちょっと似てる。
(竹井さんどこ行っちゃったんだろう・・・)
Jazzを歌ってる人みたいで、アレンジもジャズになっていてゆったりと綺麗。

WE WISH YOU A MERRY CHRISTMAS/伊奈木紫乃
この人も初めて聴いたんだけど、この曲のアレンジも面白かったなぁ。
ラテンを歌っている人らしく、アレンジがラテンなんだよね。
この曲がラテンになるのかぁ。かっこいいなぁ。
途中のコーラスも面白いし。

ANGELS WE HAVE HEARD ON HIGH/岡本仁志
英語タイトルだとわかんないけど、上に書いたとおり「荒野の果てに」。
聴きなじみのある原曲はバラード調なので、おかもっちがどういう風に歌うのかと思っていたら、
かなり軽快なギターアレンジで、ホント、おかもっちの曲以外の何物でもないって感じ。
これかなり好き。

AVE MARIA/Caos Caos Caos
初めて聴いたアーティストだけど、これは正直微妙だった。
声もあんまり好みじゃないし、この曲歌うならもっと歌唱力のある人にするか、
アップテンポにするかしないと。

JEUS, JOY OF MAN'S DESIRING/羽田裕美
七さんとか花沢さんが曲中にピアノを弾いてるの見るとかっこいいなぁと思うし、
ピアノ自体は好きなんだけど、
正直言うと、ピアノ演奏だけだと、人によってサウンドが違うのかどうかよくわかんない。
これは、原曲そのままのピアノなので、特に何ってこともなかったかも。

JINGLE BELLS/doa
doaも存在は知ってるけど曲は知らなかったんだけど、この曲もかなり素敵。
なんていうか、カントリー調?
酒場とかで歌ってそうな。
3人のコーラスがすごく綺麗だし、楽しそうで好き。

RUDOLPH THE RED-NOSED REINDEER/さぁさ
可愛い可愛い!
さぁさやっぱり可愛いなぁ。
赤鼻のトナカイに似合うよね。
アレンジもさぁさらしくポップなギターサウンドで素敵。

LAST CHRISTMAS/WAR-ED
ん~、これは普通。
このアーティストがどんな曲を歌ってるのかは知らないけど、
なんか別に、らしいアレンジがあるような感じはしなかったなぁ。

12 DAYS OF CHRISTMAS/植田真梨恵
この曲めっちゃ楽しい!
曲自体はあんまり知らないんだけど、クリスマスプレゼントが1日ごとに増えていく曲(?)。
12フレーズの中で、1個ずつプレゼントが増えていくんだけど、
それぞれのフレーズでいろんなアレンジがあって面白い。
声も可愛いし、この人も初めて聴いたけど、ちょっとオリジナル曲も聴いてみたいなぁ。

ALL I WANT FOR CHRISTMAS IS YOU/HAZZE
このアーティストも初めて聴いたけど、
スピード感のある、ちょっと物語性もあるアレンジで面白かった。
聴いてて楽しくなってくるね。

SANTA CLAUS IS COMIN' TO TOWN/Chicago Poodle
このピアノのイントロと花沢さんの「う~いぇ~」は、Chicago Poodle以外の何物でもないね。
イントロ聴いた途端、おぉ!って思った。
Chicago Poodleらしいカッコイイアレンジで、途中のピアノも素敵。
これもすごく楽しくなるなぁ。

THE CHRISTMAS SONG/岡崎雪
岡崎さんはほかのアーティストのコーラスではよく見るけど、
ひとりで歌ってるのを聴くのは初めてなので新鮮。
さすがに歌は上手いねぇ。
アレンジは、すごく静かなピアノのメロディで綺麗。

AULD LANG SYNE/中村由利
タイトル見たときは何の曲かわかんなかったけど、「蛍の光」だった。
これすごいなぁ。
アカペラって書いてあったから気にはなってたけど、
多重録音の全部由利ちゃんの声のアレンジで、
しかもアレンジ本人がやってて、すっごい綺麗でラストにふさわしい。
欲を言えば、もっと長く聴きたかった。

クリスマスシーズンのお供にぜひ聴いてみてね。



OOM「OOM」(2009年04月03日 金曜日 20時55分)

宇浦さんとかと同時期に買ったのに、感想が遅くなっちゃった。
OOMのアルバム、「OOM」。




OOMの曲はこれまでまともに聴いたことなかったし、CDも買ったことなかったんだけど、
今回買ったきっかけは、去年行った「七夕NIGHT」。
このときにthe★tambourinesの松永安未さんと一緒に歌った曲
「キミのいた季節 ~空に隠した~」が、いいなぁと思っていたんだけど、
そのときはまだCD化されていなくて、
で、その曲が今回アルバムの中に入っていたので、購入することに。

望月美玖さんは、ライブで見た時すごい可愛かったし、
特典DVDの自然体なところでは可愛いと思うんだけど、
CDジャケットとかプロモ見るとちょっと怖い。
なんやろう、すごい目がぱっちりしてて、お人形みたいな。

アルバムを聴いた感想としては、どの曲もすごい良かったと思う。
わりとアップテンポの曲ばっかりが続くので、
最初聴いた時はどれも同じような感じで、通して聴くと疲れるなって思ったんだけど、
聴きこんでいくうちにどんどんいいなって思ってきた。
なんといっても、13曲も入ってるんでね。贅沢なアルバム。
ただ、せっかくこういう曲に出会えたのに、OOM活動休止ということで・・・。
ちょっと残念だなぁ。
でも、これまでのGIZAアーティストって、
休止宣言もなく突然いなくなっちゃう人ばっかりだったので、
そう思うと、休止って明言してるってことは復帰もちゃんとしてくれるのかな、
とは思ったりしてるんだけど。

アルバムの中で特にお気に入りの曲は、
「Do you remember?」「キミのいた季節 ~空に隠した~」「光のカケラ」。

Do you remember?
yahoo!動画でプロモ見た時から、あ、これ好きそうって思った曲。
歌詞自体はせつないんだけど、すごいキラキラしたメロディとアレンジで
素敵な曲だと思う。プロモもキラキラしてて面白かった。

Hi Speed
タイトル通り、ハイスピードな曲。
一気に駆け抜けていく感じで、なんかちょっと元気をもらえる曲。
朝聴いてその日一日の元気を補給したい。
favorite words...
 ☆心に大きな穴が開いているような
  孤独から抜け出せなくて・・・
  そんな時にはそう
  ワンホールのベリータルトを食べれば ほら塞がるから

JUMP
爽やかな風が吹いてるような、テンポの良い曲。
上にジャンプって感じじゃなくて、前に向かってジャンプ、みたいな。
(感想って難しいね・・・)
favorite words...
 ☆傷付く事恐れて 出せずにいる右足
  君の特別な存在までは あたし何歩? ねぇ

キミのいた季節 ~空に隠した~
綺麗なイントロから始まって、ちょっとせつないんだけど優しい曲。
サビのメロディが好きだ。
ラストの「会いたくて」からの繰り返しのところが、すごくせつなくて好き。
favorite words...
 ☆でも強がっても ふとした瞬間
  やっぱり一人は 心細く感じてしまう
  春の風 優しいはずなのに・・・
  会いたくて 会えなくて
  どうしても 立ち止まってしまう

四面楚歌 ~右も左も~
タイトルからふざけた感じで、歌詞も面白い曲。
歌詞が話し言葉に近いので親しみがわくし、
なんかサラリーマンとかに聴いてもらいたい曲。
favorite words...
 ☆どっかの誰かさんはただ猫かぶって
  愛想ふりまいとけばいいとかいつの時代の話?
  もうふざけないで!!

SIGNAL
「シグナルシグナル」っていうコーラスが面白い。
なんかちょっと弾んだ感じで、歌詞も可愛い曲。
favorite words...
 ☆困る顔見て嬉しくて
  余計 刺激したくなるの
  後で怒られてもかまわない
  それが私なんだから
  私だけ見て欲しいから

光のカケラ
ここまでの曲とちょっと雰囲気が変わって、マイナー調のロックっぽいかっこいい曲。
RPGとかのテーマソングになりそうな感じ?
静かに闘志を燃やしてるみたいな雰囲気が好き。

Pain
すごく静かに始まって、途中からアップテンポになる曲。
この曲も、ちょっとマイナー調で、こういう雰囲気の曲好き。
favorite words...
 ☆そばにある幸せが こんな形で砕け散るとか
  永遠に知らずにいたかった

雨上がりの空に
この曲どっかで聴いたことあるような気がするのは気のせいかな。
雨上がりにぱっと空が晴れ渡るみたいな、突き抜けるような爽快感のある曲。
望月さんの歌詞は、曲の持っている雰囲気にすごい忠実な感じがしていいと思う。
こんな感じのイメージだなぁって思うと、そういう歌詞がついているので、
すごく素直に聴ける。

ハレーション
イントロが綺麗。
夏らしい感じの、明るさもあり、そしてちょっとのせつなさもある曲。
サビの始まりはホントに夏らしい感じがする。

Greed
かっこよくて、ちょっと激しい恋というか、妖しげな雰囲気の漂う曲。
こういう曲も結構似合っているし、面白いと思った。

サヨナラなんて言わない
アップテンポで結構明るいメロディなんだけど、
歌詞はちょっとせつなくて、
最後に「『サヨナラ』なんて言わないよ」から「『サヨナラ』なんて言わないで」に
変わるところがせつないなぁと思った。

忘れたい、忘れない
この曲も、アップテンポで明るいメロディなんだけど、
歌詞はちょっとせつない。
ラストでちょっと前向きになってる感じの歌詞が好き。



山口裕加里 & 菅崎茜 & 上木彩矢(2007年08月29日 水曜日 20時31分)

この3人は、アルバム1枚ずつしか持ってないので、
まとめて紹介。

hikari.jpg

山口裕加里さんは、
アルバムのジャケットがすごく綺麗だったので、
思わず買ってしまったんだけど、
中身もジャケットに負けないくらい綺麗で、
すごくいいなぁと思った。
こういう、クラシック系の曲を歌う人って、
GIZAに他にいないと思うので、
もっと曲を出してほしかったなぁ。
復帰予定はないのだろうか・・・。
山口さんの「羽根」が、もうすぐJOY SOUNDに入りそうなので、
カラオケで歌うのが楽しみ。

菅崎茜さん。
すごく大人っぽい声をしていて、
詞もうまくて、
このアルバムはホント全部よかった。
まだ当時中学生だったので、
勉強と両立するのが難しかったのかなと思うんだけど、
また歌ってくれないかなぁ。
アルバム出したのが2003年10月。
上原あずみちゃんが、3年ぶりに復帰したので、
菅崎さんもまだまだ復帰の可能性はあるはず。

上木彩矢さんは、
今回紹介する3人の中で唯一活動してるアーティスト。
上木さんは、詞はそんなにぴんとくるものがないけど、
ロックっぽい感じがすごくかっこいい。
この路線でずっといってほしいなぁ。
最近の曲の中では、「ミセカケのI Love You」が好き。
シングルはレンタルでしか聴いてないんだけど、
またアルバム出たら買いたいなぁ。



rumania montevideo & RAMJET PULLEY(2007年08月27日 月曜日 19時52分)

第2回目は、rumania montevideoとRAMJET PULLEY。
両方とも名前書くだけで一苦労だ・・・。

rumania1.jpg

まずはモンテビから。
モンテビのCDは、「Still for your love」と「恋するベティー」以外は
全部持ってる・・・はず。
(インディーズのレコードは聴けないから持ってないけど)
「恋するベティー」は、持ってたんだけど、c/wがイマイチで売ってしまった気が。
今思うと勿体なかったなぁ・・・。
写真左に注目。懐かしの8センチシングルが。

モンテビはホントにどれも大好きで、
インディーズのアルバムから最新(っていっても何年前だ・・・)アルバムまで、
どれも全部いい。
めちゃめちゃ好きだったので、このままもう活動しないのは寂しいなぁ。
何年に1回とかでもいいから、アルバムでも出してくれないかなぁ。







アルバムっていえば、モンテビのアルバムって、
これだけでインテリアになるようなジャケットが素敵。
毎回、5色の何かが写っていて、
きっとこれがメンバーひとりひとりを表してるんだろう。

モンテビは、歌もいいんだけど、
三好真美さんがドラム叩きながら歌ってるのがすごくかっこよかった。
うちに今残ってるのは、「ミナミ音楽堂」と「青春メッセージ」で
歌った時の映像だけだけど、
ライブとかやってたら楽しかっただろうなぁ・・・。

rumania2.jpg

rumania3.jpg

そしてモンテビといえば、やっぱりこれ!
三好真美さんからの直筆のお手紙。
右の写真の右下を見るとわかるけど、日付が「'99.10.27」。
ずいぶん経ったなぁ・・・。
でも、何年経ってもこれはずっと自慢!

ファンレターを書いたら返事をくれたんだけど、
学校から帰ったらこの手紙が机に置いてあって、封筒の裏の名前を見てかなりびっくりした。
そして中身を見てまたびっくり。
便箋1枚に返事がびっしり書いてあった~。めちゃ嬉しい。
これはもう、一生宝物。
そして一生モンテビファン☆

ramjet.jpg

モンテビが出てきたら、忘れちゃいけないのがラムジェット。
モンテビから派生したアーティストだけど、
最初聴いた時は結構衝撃だったなぁ。
なんか、独特の音楽センスを持っている感じ。
モンテビとは全然違うんだけど、こっちもすごく好き。

ラムジェットはシングルもアルバムも全部持ってるんだけど、
やっぱりどれもいい。
特に、ファーストアルバムの「a cup of day」は、
ホントに全曲大好き。
バラエティーに富んでるんだけど、
どれもラムジェットらしい感じ。






あとラムジェットの松田明子さんといえば、
「R&B RESPECT」でカバーしてた「Free」も
かなり良かったし、
ユーミンの「雨の街を」のカバーも
かなり良かったなぁ。

あ~、ラムジェットも復活してほしい~!!



ホーム | 次ページ


カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー

最新コメント