勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









おーなり由子「てのひら童話2 空のともだち」(2007年12月20日 木曜日 21時42分)

以前の記事はこちら

以前紹介した、おーなり由子さんの「てのひら童話」シリーズ、
第2弾を買った。

今回はなんか、
いつも小粒な感じのお話ばっかりなんだけど、
いつにも増して小粒な話が多かったような。
よく言えばどれもそれなりに良かったけど、
これだ!って思える話が少なかったように思う。
自分的には、1と3の方が好きだったかな。
(っていうか、買う順番間違ってるし)

気になった話は、「HB」「ききょう」
「ラブレター(Ⅰ~Ⅲ)」かな。
「ラブレター」は、ありきたりだけど、
なんか可愛い。
「天使のはなし」もちょっといいかも。

あまりこれだ!って思うのはなかったのだが、
ちょっとほっこり気分になりたいときに
読むといいと思う。




おーなり由子「てのひら童話3 さよならの魚」(2007年09月26日 水曜日 20時12分)

本日の紹介は、おーなり由子さんの「てのひら童話3 さよならの魚」。
1は持ってて、2が出たのを知らないうちに3が出てた・・・。
2は本屋になかったので、また探して買おう。

おーなり由子さんの作品は、
小説というよりは、詩画集というか、
絵本みたいな感じが多い。
「てのひら童話」シリーズは、
絵本っていうか漫画っぽいかな。

小粒なお話がたくさん詰まっていて、
その中で、きらんと輝くお話があったり、
ちょっとほろりとくるお話があったりする。
読んで心があったかくなる感じ。

なんか、表紙見てるだけでも
ほっこりするよね。

3の中で一番気に入っているのは、
「らいおん」。
自分に自信がなくて、
もう消えたいって思ったライオンが、透明になっちゃうんだけど、
そこで初めて大事なことに気づく。すごくせつない話。
そのほか好きなのは、「ビール」「おねえさん」「秋おばけ」「おとうさん」。
どれも小粒だけどお勧め。

ついでなので、
1の方も紹介しておこう。
なんだか楽天の画像綺麗じゃないけど。

こちらは、章が春夏秋冬にわかれていて、
それぞれの季節に絡んだお話が
たくさん詰まっている。

とても幸福な気分になれたり、
ちょっぴり切なくなったり、
こちらも小粒なお話たくさん。

この中で一番気に入ってるのが、
「スカート」。
スカートをはいてみたかった
カエルの女の子が、
いろんな葉っぱや花で
スカートを作るんだけど、
みんなに「ヘンな格好」と笑われちゃう。
ガッカリする女の子だけど、
最後はまたほっこりあったかくなる出来事が。
このほか好きなのは、「だっこ天使」「川の音」「うたいぬ」
「ひかるもの」「冬のお客」。



ホーム


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー

最新コメント