勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









星新一「つぎはぎプラネット」(2013年12月10日 火曜日 21時45分)

9月に出た星新一さんのショートショート集、「つぎはぎプラネット」。

つぎはぎプラネット (新潮文庫)

新品価格
¥704から
(2013/12/10 21:27時点)



表紙イラストは後藤貴志さん~。

同人誌やPR誌に書かれていた、書籍に収録されてない幻の作品を集めた作品集とのことで、
こんな雑誌にも載ってたんだ~って思うような作品がいっぱい。
今まで書籍に載っていなかったものを集めたので、
これは!っていうピンとくる話は少なかったんだけど、
もう結構読みつくしたと思っていた星さんの作品がまた読めたのは嬉しい。

そして何が面白いって、たとえば「未来都市」とか「2000年の優雅なお正月」なんかがね。
これ、両方とも2000年の話を書いてるんだけど、
うちらにしてみればそれは過去。でも、書かれたのは1960年代だから、未来の話なのね。
1960年から見た2000年は、こんな未来だったんだな~って思いながら読むとすごく面白い。
たとえば「未来都市」だと、テレビに映った学校の授業の様子を見ながら勉強をする、
というのが出てくる。
これって今でいうとインターネットのストリーミング配信とかがそうで、
ちゃんと実現できてるじゃん、と思う。
テレビ画面で走っている馬に向かってピストルの引き金を引くと、
狙いが合えば乗っている人を落とせる、というゲームも出てくる。
これもWiiとかがまさにそうだな、と思う。
でも逆に、お父さんが火星探索に行ってるとか、空気自動車とかヘリコプタータクシーとか、
風邪は昔の病気で今はほとんどかからないとか、
そのころ夢に見られていた未来まではまだ遠いな、って思うようなものも出てきて、
それはまた、今から見る未来への夢になっていくんだなぁ、と思う。

そうやって読むと、ひとつの物語というよりは、
その時代の人の思想を覗き見ているようで、なかなか興味深いね。



星新一「気まぐれ指数」(2008年01月30日 水曜日 21時27分)

ここ数週間残業が続いていて、今週も月曜火曜と11時まで残業だったので、
家帰ってご飯食べて寝るだけという感じで、休日もぐてーっとしていた。
今日は久々に早く帰れたので、ちょっと行きたいところもあったんだけど、
まっすぐ帰ってきた。

ということで、微妙に久々ブログ更新!
2日に1回更新したいんだけど、記事のストックもない・・・。
あ、そうそう、私のブログの中で、更新時間が20:00ちょうどになってるやつは、
たいてい記事をストックしてタイマー投稿してるやつなので、
オンタイム投稿じゃないのね。
私の場合ブログで日記書いてるわけじゃなくて、データベースみたいなもんなので、
オンタイムじゃなくても差しさわりないという・・・。
今回の記事はオンタイム。

今日の紹介は、星新一さんの長編小説「気まぐれ指数」。
表紙画像載せたかったんだけど楽天ブックスに画像がなかった・・・。
星新一さんはショートショートの方が有名だし好きなんだけど、
ショートショートってなかなか紹介しづらいので、今回も長編。
そのうちショートショートも紹介しよう。

犯罪批評が趣味の主人公が、ふとしたきっかけから完全犯罪を計画し、
仏像窃盗に乗り出す。
そこに、化粧品のセールスガール、神主、未亡人などが関わって、
犯罪は思わぬ展開に。

窃盗の手口やいろんなきっかけはご都合主義な感じが否めないが、
いろんな人が複雑に絡み合って、最後には元のように収束していく過程は
読んでいて面白い。
映画になったら面白いかも。
全く関係ないと思っていた人が意外にも最後には深く関わっていたりもする。

星さんの長編小説は、最後の方までは割と面白いのに、
最後の締めくくりがあっけないように感じるものが結構多かったりもするんだけど、
最後まで読みたいと思わせる書き方はすごいよね。
逆に、ショートショートの場合は、締めくくりにそう来たか!と思わされることも多い。

興味のある方は読んでみてください。



星新一「ブランコのむこうで」(2007年10月09日 火曜日 22時51分)

今日は楽しい本の紹介。

後藤貴志さんの表紙で生まれ変わり、
一躍脚光を浴びた星新一さんの長編小説、
「ブランコのむこうで」。

なんだかこのブログ、ゴトさん率高いよね。
カテゴリに「後藤貴志」追加しなあかんかな・・・。

星新一さんは、母親が好きで何冊か家にあって、
それを自分も読んではまって、
結構何冊も持っている。
でも、そのほとんどがショートショート。
1冊の中にお話がいくつもいくつも詰まっていて、
駄作も多いけど、そのなかにキランと光る傑作がある。
長編も、好きなのもあるけど、あんまり読まない。

この本がゴトさんの表紙に変わって脚光を浴びたのは、
もう4年くらい前のこと。
ゴトさんの表紙だから気になっていたけど、
裏表紙のあらすじを読んでも全く心動かされなかったので、
これまで買わなかった。

買ったのはなんでかって言うと、
前に紹介したYonda?くんブックカバーが欲しかったから。
これも新潮文庫の100冊に入ってたんだ。

読んでみたら、結構はまった。
これは、裏表紙のあらすじが悪いと思うよ。
あれでは心動かされないもん。

簡単に言うと、
現実の「ぼく」が、夢の中の「ぼく」と入れ替わり、
いろんな人の夢の中を冒険する、という話。
一応長編だけど、誰かの夢の中に入る話が
いくつも詰まった短編集のようなもの。
次はどんな夢の中に行くんだろう、って思いながら、
読むとわくわくする。
語り口が普段のショートショートのあの語り口なので、
若干馴染みづらい感じもある。
「ぼく」は小学生だけど、妙にカクカクした大人みたいな。
でも、それを除けばかわいらしい童話みたいで、
楽しめると思った。

星新一さんの小説をこの話から入るのは、
ちょっと馴染みづらいかもしれないけど、
ショートショートをいろいろ読んだ上で読むといいかも。



ホーム


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー

最新コメント