勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









のだめカンタービレ・最終回(2006年12月27日 水曜日 22時39分)

遅ればせながら、ビデオに撮っておいた、のだめ最終回を見た。
結局今クールも、まともに見たのがこのドラマだけだった・・・。
っていうか、これも1,2回見逃したけど・・・。
もう1つ、「僕の歩く道(だったっけ?)」も、
ちらちらっと最後の30分くらいだけ見たりしていて、
最終回だけはちゃんと見たんだけど、あれも結構よかった。

んでもやっぱり、今回の一番はこのドラマだね。
いかにもマンガっぽいキャラクター達と、
コミカルな展開がすごく楽しかった。

小出恵介くんとか、瑛太くんとか、
いいキャラが多くて面白かったけど、
やっぱりよかったのは主役の2人だね。

上野樹里ちゃんは、とにかく可愛かった~。
変な顔しててもむすっとしてても可愛かった~。
なんかもう、のだめになりきってるんだなぁという感じがしたけど、
でも素の樹里ちゃんっぽいよね・・・。
樹里ちゃんは、「スウィングガールズ」で知って、
そのときから自分の中ではすごくブレイクしてたんだけど、
イマイチ世間的に知名度が上がってない感じがしてて、
でも今回のドラマで一気に知名度上がったのではないかと。
今年もいっぱい映画とかにも出ててよかったけど、
来年の活躍がまた楽しみ~。

玉木宏さんは、前にも書いたけど、
私の中では「ウォーターボーイズ」のイメージが強くて、
でも最近はかっこいい系で売ってるみたいだったけど、
今回の役はコミカルで俺様~な感じがよくって、かなりはまった。
でもこの間ビストロスマップに出たの見てたら、
中身はやっぱり「ウォーターボーイズ」のイメージの人で、
それでまた自分の中で好感度アップ~。
リアクションとかが慎吾くんに似てると思った。
それにしても、「ウォーターボーイズ」の頃と比べると、
めちゃめちゃかっこよくなったよね~。

今回の最終回は、河川敷で千秋くんがのだめに後ろから突進して抱きつくところが
かなり素敵だった。
最後のオーケストラで終わるところは、
「スウィングガールズ」の終わり方だ~とか思いながら見ていた。
その後とかやるんかと思ってたら、あそこで終わっちゃったので、
ちょっと中途半端な感じもしたけど。
オーケストラ、ホントに弾いてはいないんだろうけど、
皆すごくそれっぽく弾いてて、
私はピアノとクラリネットくらいしかわからないので
他の楽器がどういう風に弾くのかわからんけど、
見た目はすごくそれっぽいオーケストラになってて、
形だけでも練習は大変だっただろうなぁと思った。
それだけでも、終わったとき感無量だろうなぁ。

本屋に行くとどこでものだめコーナーがあって、
表紙のイラスト見るだけでも、樹里ちゃんっぽい~と思うので、
マンガも読んでみたいなぁ。
マンガってまだ続いてるのかな?っていうか、何巻まであるんかな?
でもマンガだと、ページ開いたって音楽が鳴るわけじゃないから、
どういう風に表現してるんだろう、とすごく気になるんだけど。
古本屋で買ってこようかな・・・。



のだめカンタービレ(2006年10月16日 月曜日 22時32分)

ちょっと今回楽しみにしてたドラマ。
いかにもマンガですって感じだったけど、面白そうな感じだった。

上野樹里ちゃん可愛い~。
なんか、原作がどんなんか知らんけど、すごく似合ってる感じがした。
玉木宏さんは、初めて見たのが「ウォーターボーイズ」のアフロくんだったんだけど、
最近結構かっこつけた感じが多くて、
ホントに「ウォーターボーイズ」の人かぁ?とか思ってたので、
今回のあぁいう役はなんか好きだなぁ~。ぶっ飛んでて。
なんか、しゃべり方が、岡田准一くんに聴こえたり谷原章介さんに聴こえたり
長井秀和(え)に聴こえたりするのはなぜだろう・・・。
あ~あと、小出恵介くん、小出くんだって言われても小出くんだとわからないキャラだね・・・。

なんかエンディングも楽しい感じだったので、
とりあえず来週も見てみよう。



新・科捜研の女(2006年07月08日 土曜日 20時49分)

科捜研はシリーズ第3弾か4弾だと思うのだが、
私は最初のシリーズしか見ていない。

なのになんで今回また見ようと思ったかというと、
主題歌がGARNET CROWなのだ!
しかも、ドラマの主題歌を歌うのはこれが初めて。
やっとガーネットがアニメの主題歌から一歩前進したよ~。

初回は2時間スペシャルということで、
前半はなんかあまりぱっとしないぐだぐだな感じだったのだが、
後半は結構面白かった。
でも犯人、こいつ誰だっけ?って感じだったけど・・・。

前半と後半の事件がどう繋がるのかと思ってたけど、
最初から出てたあの女医さんが怪しいのは見え見えだったから、
あ~なるほど、輸血で繋がったわけね、と。
・・・それはいいのだが、まり子も土門さんも、
仮にも自分の命の恩人である人を、
こうもあっさりと逮捕して終わりでいいのかよ・・・。

で、肝心のガーネットの主題歌なのだが、
ドラマの裏で流れてるからぜんぜん聴こえないよ~っ。
ちゃんと歌は歌だけで流してくれよ。
そういえば、シズクの「京都地検の女」のときも、
主題歌ってこんな扱いだったような・・・。
せっかくいい曲っぽいのにもったいないなぁ・・・。

ガーネットは、7月の「夢・花火」(既に発売)と、
8月の「今宵エデンの片隅で」、そして9月の「まぼろし」(科捜研)と、
3ヶ月連続シングルリリースなので要注目!
この次はきっとアルバムだ~。



探偵学園Q(2006年07月01日 土曜日 23時04分)

マンガは読んだことがないのだが、
神木隆之介くんが出るということで、ドラマを見てみた。

隆ちゃん中学生役ってことで、
え、あの子が?と思っていたのだが、
出てきたらエライ成長してるじゃないか。
・・・と思ったら、いつの間にか声変わりしとるやないかい。
いや~、立派になったね隆ちゃん。
っていうか、もう隆ちゃんとか呼んだら失礼なのかしら。
でも相変わらず可愛かったし。

っていうか、中尾明慶くんが微妙に声変わりしてた気がするのは
気のせいか・・・?
(声変わりする年じゃないって)

お話は、ラストのオチはバレバレだったけど、
なかなか笑えた。
途中から、女王の教室の男の子(名前知らん)の怖がりようが
隆ちゃんとかぶってたけど。
あ、あと、女王の教室の女の子(こっちも名前知らん)、
演技上手くなったね。なんとなく。
あの中で要潤さんはとっても浮いてる感じがしないでもないが・・・。

なんか、まだ続きそうな感じなので、
またやるのかも。
金田一みたいに犯人が自殺しないといいなぁ(原作者同じやし)。

「犯人を推理で追い詰めてみすみす自殺させちまうやつは
殺人者と変わらねぇよ」by.コナン



富豪刑事デラックス・最終回(2006年06月24日 土曜日 18時49分)

なんだかんだで最終回まで見てしまった「富豪刑事デラックス」。
続編となると、やはり水戸黄門的なパターンのマンネリ化はあったものの、
なんか見ちゃうドラマだった。

美和子のあのなんとも言えない手品の掛け声はなんだかツボだった。
トリック的には、なんかあんまりぱっとしない感じだったけど、
お札が暗号になっているというのは、なかなか素敵。
コナンとかに出てきそう。

でも、前回の最終回と比べると、そこまで派手さがなかったというか、
最終回です~っていう盛り上がりがなかったような気も。
強面刑事の布引さんとの恋(?)も結局最後までなかったしなぁ。

まぁでもなんだかんだ言って見ちゃうドラマだった・・・。



ホーム | 次ページ


カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カテゴリー

最新コメント