勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









ドラマ『ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~』『リバース』(2017年06月18日 日曜日 17時57分)

今クールのドラマで最後まで楽しみに見てた2作。
2作裏でかぶってたんだけどね。
『ツバキ文具店』は録画して、『リバース』は生で見た。
まとめて感想。

ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~

たまたま予告を見て、多部未華子ちゃんだったし気になって見てみたドラマ。
すごい優しいお話だったし、
ためになる話でもあったというか、見てて手紙を書きたくなるドラマだったな。

亡くなった祖母の後を継いで、代書屋をやることになった主人公・鳩子の物語。
代書屋っていうのは、理由があって自分じゃ手紙を書けない人の代わりに
手紙を書くお仕事なんだけど、
毎回様々な理由で代書を頼む人が訪れて、
それに真摯に向き合う主人公に好感が持てたし、
手紙って奥深いなぁとも思った。
第3話の借金の依頼の断りの手紙とか、第6話の天国からの手紙とか、
第7話の絶縁状とか面白かったな。
手紙を書くとひとことでいってもいろんな道具とか書き方とかあって、
こういうの見ると道具そろえたくなるよなぁ。

出てくる周りの人たちも素敵な人たちばっかりだった。
バーバラ婦人とか好きだなぁ。

こういうお話は、気負わずに見られるし、
あったかい気持ちになれるので大歓迎。
そして多部ちゃんやっぱり好きだなぁ。

リバース

湊かなえさん原作ということで、楽しみにしてたドラマ。
原作を先に読むか迷ったけど、ドラマで驚きたかったので、
原作読まずに見た。
いかにも湊かなえさんらしいお話で面白かったし、
キャストがみんな上手だったから良かったな。

10年前に亡くなった友達の死の真相を探っていくというドラマだけど、
毎回新たな驚きがあって、続きが楽しみになるドラマだった。
美穂ちゃんを狙ってたのがストーカーだったことが分かったあたりで、
美穂ちゃんが真犯人かな、とか思いながら見てたんだけど、
割と早いうちに外れたな・・・。
最終回前の蜂蜜が一番衝撃的だったので、
最終回で明かされた真相は、なるほどな、ぜんぶ繋がったな、とは思ったけど
そこまで驚きはなかったかな。

でも、そういう、真相を探るということ以外にも、
自分がしたことに対して、ごまかしたり隠したりしてると、
後になって自分に返ってくるんだよな、っていうのは強く感じるドラマだった。
あの時ああすればよかった、こうすればよかったっていうのは、
年を重ねるほどに増えていく気がしていて、
後悔せずに生きるというのはなかなか難しいものだよな、と思うけど。

最初にも書いたけど、キャストがみんな良かったな。
藤原竜也くんのあのキャラクター好きだな。
なんか、イメージだけど、結構自信家でぶわーっとしゃべる役が多い気がしていて、
こういうどんくさいキャラクター似合うんだな、と思った。
市原隼人くんの、おちゃらけてるようで実は・・・っていう役柄は、
さすがの安定感だなっていう気がしたし、
玉森裕太くんが意外と上手くて馴染んでて良かった。
三浦貴大くんや戸田恵梨香ちゃんも良かったし、
挙げてくとみんなになっちゃうからあれだけど、みんな良かったな。

原作も読み始めたので、また感想書こうと思う。



ホーム


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー

最新コメント