勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









映画『東京喰種』(2017年07月29日 土曜日 22時42分)

採点:☆☆☆★★

タイトルからして絶対怖そうだし、PG12とかついてるし、
観るのやめようかなとも思ったんだけど、
窪田正孝くんの演技が観たかったので観に行ってしまった。
結果、怖すぎた。すごい苦手なやつだった。
ただ、設定として極端ではあるけれど、
物語の根底にあるものは、現時点でも起こっていることで、
いろいろ考えさせられる話でもあった。

ここからはネタバレ。

主人公が食べられかけて半分喰種になるということは
作品紹介とかで見てなんとなく知っていたんだけど、
それ以外ホントに何も知らずに観に行ったので、
デートの時にリゼがサンドイッチ食べないって言った時から
うわこの人ぜったい喰種じゃんとか思ってすごい身構えてて、
リゼがカネキに抱きついたところから、
あ~もう食べられるっと思ってまともに観られなかった。
グロいやつホントダメだわ・・・。
お腹に触手みたいなの刺されたまま生きたまま食べられるとか、
もう想像しただけで怖くて観てられなかった。
それに始まり、首が飛ぶとか腕が飛ぶとか、
いろいろ怖すぎてかなり目をそらしていたので
まともに観てないとこいろいろあるかも。

とまぁ、怖かったところばっかりではあったんだけど、
冒頭にも書いた通り、物語自体は、いろいろと考えさせられるものがあった。
人間としては、自分たちを食べる驚異の存在として、
喰種たちを狩ることが正義だと思っている。
でも、喰種としては、
もちろんリゼやニシキのように見境なく人を食べる者もいるけど、
人間と共存したいと願っている者もいれば、静かに暮らしていきたい者もいる。
それをすべて狩ってしまうのがホントに正義なのか、とも思う。
そしてヒナミがお父さんお母さんを殺されたように、
トーカが殺した真戸にもまた家族がいて、
それぞれ憎しみ合う気持ちは終わらない。

そういうのって、人と喰種っていう特殊な設定じゃなくても、
普通に今の世の中にもあることで、
ここの国の人はこうだ、って決めつけたり、
もっと狭い範囲で言えばあの子の親はこうだからあの子もこうだって決めつけたり、
そういう一方的な思いで人を傷つけたり、傷つけあったりすることって、
いろんなところで起こっている。
なんかそういうのって、やっぱり違う気がして、
ちゃんとその相手自身をちゃんと見て付き合っていかないと
わからないものもあるよな、っていうのを、改めて思った。

キャストは、ちょっとまともに観られなかったところも多々あるけど、
窪田正孝くんと清水富美加ちゃん良かった。
窪田くんは、感情の演技が上手いなと思う。
あと、アクションもできるし。
富美加ちゃんも上手かったので、もう見られないのがもったいないなと思う。
(『暗黒女子』の時も書いたかも)
宗教団体制作の映画とか興味ないしなぁ。
しかし2人とも、こんなハードな役をよく演じきったなと思った。
人を食べる役とか、入り込めば入り込むほど危なそうで、
精神的にまいっちゃうよなぁ、と思った。
あとは、蒼井優ちゃんが怖かった。
初っ端だったから余計かもしれないけど、すごいなと思った。

カネキの涙が右目に入った亜門が最後眼帯をしてたりとか、
ヒデが意識を取り戻して今後カネキとどう付き合っていくのかとか、
いろいろ続きが気になることがあったので、続編とかやるのかな。
でも怖いからもう観に行かないけど。

どうでもいいけど、すごい緊張しながら観てたのが終わってほぐれたからか、
映画後の休日出勤がめっちゃ眠くて仕事にならんかった。



きょうのめいっこ(2017年07月23日 日曜日 20時50分)

ちょっと見ないうちに

DSC01131.jpg

ひまちゃんがすっかり手放しで立っている。

DSC01132.jpg

なんかすぐ歩けるようになりそう。



ONE PIECEグッズ(2017年07月20日 木曜日 20時00分)

7月もいろいろ新しいグッズが出たので麦わらストアに行ってしまった。
休日出勤前に行ったんだけど、世間は3連休の初日だったからか、
開店の時に行ったらもう365日ステッカーがなくなってるっていう。
連休おそるべし。
(何のステッカーがもらえるのかいつも見ずに行ってるから
あんまり気にしてなかったけど)

DSC00903.jpg

まずこれ絶対欲しかったナミさんのバースデー缶バッジ。
めちゃ大人っぽくてセクシーナミさん。

DSC00904.jpg

あと、一番星シリーズというやつが出ていた。
ルフィとエースとゾロとローがあったんだったっけな。
ペナントとかあって迷ったけどステッカーにした。

DSC00906.jpg

同じシリーズのノートも買っちゃった。

DSC00907.jpg

会社で使ってたノートがなくなりかけてたから買ったけど
これは会社にありなのか?

DSC00908.jpg

こちらラバーマスコット。サンジのキッチン~ブランチ~。
6種類のうちどれかが出るということで。

DSC00909.jpg

サンジくん。
なんか、可愛いんだけどむさくるしいのはなぜだ。

DSC00910.jpg

これだけ買うつもりだったんだけど、
レジの人に、原作モノのグッズを1点でも買うとクリアファイルがもらえると言われて
勢いで買ってしまったminiフィギュア。
これ、前フクロウとか出てめちゃ微妙だったやつだが。

DSC00911.jpg

シークレット出た。
ってかこれもサンジくんだ。
なんかサンジくん率最近高いような気がする。

DSC00912.jpg

クリアファイルが2枚もらえた。
なんかすごいいろいろ種類があって迷ったので、
ぱっと見て気になった2枚をもらってきた。

DSC00913.jpg

これ2枚目。

DSC00914.jpg

ナミさんのバースデーブロマイドももらった。
このナミさんはちょっと微妙かもしれない。

DSC00915.jpg

あとまたポイントカード溜まってローの手配書もらった。
いい加減グッズ買いすぎだよなとは思っている・・・。




仁木英之『黄泉坂案内人 少女たちの選挙戦』(2017年07月18日 火曜日 20時00分)

仁木英之さんの『黄泉坂案内人』シリーズ第2弾。
『少女たちの選挙戦』。

黄泉坂案内人 少女たちの選挙戦 黄泉坂シリーズ (角川文庫)



なんかまたシリーズ久しぶりでちょっと忘れかけてたんだけど、
読んでいるうちに思い出してきた。
ちょっとまたシリーズ1巻を読み直したくなったけど。
でも忘れててもこれだけでも面白かった。

今回のお話は、成仏できずに黄泉坂を上れない人を助けるっていう
短編でもあるんだけど、
全編通して東日本大震災の話が絡んでいて、
あの時亡くなった大勢の人たちはどうなったのかな、とか
いろんなことを考えながら読んだ。

成仏できない人を助けたいという想いはみんな持っているけど、
それぞれにやり方があって、
どれが正しいっていうのはなかなか難しいと思うんだけど、
一人でも多くの人が黄泉坂を無事に上れればいいなと思った。

今回も彩葉が可愛かったのと、
速人がまさかの車になってたとは(あ、これネタバレだ)。
あと、前作でどんな感じだったか忘れちゃったけど、
玉置さんがなんか可愛かった。

まだシリーズ続いていくみたいなので楽しみ。
その前に1巻も読み返そう。



さくらんぼ狩り(2017年07月16日 日曜日 22時36分)

今年は仕事が忙しくて休みも取れないし休日出勤ばっかりだから
無理かなと思ってたんだけど、
3連休で久々に2日間休みが取れたので、清里にさくらんぼ狩り行った!

DSC00958.jpg

パラダイス。
今年は去年までと違うところに行ったんだけど、
結構まだいいさくらんぼがいっぱい残ってたし、
紅秀峰と佐藤錦と2種類あったので、食べ比べたりして楽しかった。
前も書いた気がするけど自分は紅秀峰の方が好みだな。

DSC00925.jpg

りんたくもいっぱい食べていた。
ひまも2個だけ食べた。さくらんぼデビュー。

DSC00988.jpg

そして今回はハイジの村というところに行ってきた。
ハイジテーマで写真スポットがあったりジオラマがあったり
お花もいっぱいでお散歩もできるし子供が遊ぶところもあるし、
リアルユキちゃんもいたし(どれがユキちゃんかわかんなかったけど)
結構盛りだくさんで面白かった。

DSC01122.jpg

あと、ハイジの村の向かいにあった向日葵畑も綺麗だった。

DSC01103.jpg

向日葵(ひまわり)と向日葵(ひまり)。



映画『銀魂』(2017年07月15日 土曜日 21時12分)

採点:☆☆☆☆★

原作は未読。
別に興味もなかったんだけど、
映画化が決まったころに、原作者の方が、
「沈む船にわざわざ乗る」的なコメントを出されてるのを見て、
興味がわいて観に行ってみた。

福田雄一監督なので、もっとゆるっとした映画を想像していたんだけど、
もちろん福田ワールドは前面にありつつも、意外とちゃんとした話だった。
ちょっと怖いところもあったのと、
原作を知らないと背景がわかりにくいなと思うところもあったんだけど、
結構面白かった。

ここからはネタバレ。

まず、原作知らないので、映画の冒頭でも言ってたけど
原作ファン目線でのバッシングはできません。
でも、原作知らない人が手放しでベタ褒めするほどの映画でもない。
だってそもそも福田監督だしね。

最初の方は、いきなり変な歌で始まるし、他の作品のパクリとか出てくるし、
カブトムシ狩りとかめちゃゆるいし、
なるほど、これは福田ワールド全開だ、こういう感じなのね、
と思って観ていたんだけど、
割と序盤で、主人公斬られるし辻斬りの腕跳ぶし、
(もうこの辺は私の最も苦手とする分野なので怖すぎた)
昔の仲間と敵対することになるし、
結構シリアスな感じも続いて、話もちゃんとしてて、
逆にこれちゃんとしすぎじゃない?って感じもしたけど、
面白かった。
人斬り似蔵が桜の花になって散っていくところとか切なかった。
そこが割とクライマックスだったので、
そのあとの銀時と高杉の戦いはちょっとおまけな感じがしてしまったかも。
キャラクターの背景とかをもっと知ってたら面白いのかもしれないけど。
高杉の目的がイマイチわからんかったから余計おまけっぽい気がしたかも。
あとは、シリアスな場面で不意打ちで笑いがきたりするからそれも面白かった。
(近藤局長が落ちていくところとか)
あと、ナ○シカはいいのか!?ありなのか!?

キャストも、原作知らないから言うけど、
割と実力のある役者さんが多かったので、良かったと思う。
(橋本環奈ちゃんと菜々緒ちゃんはちょっとイマイチだったかなぁ・・・)
小栗旬くんは安定感あったし、新井浩文さんの抑えた演技の時の声好きなんだよね。
長澤まさみちゃんの、抑えたところから急にスイッチ入る演技もすごい良かった。
結構びっくりしたのは、堂本剛くんあんな演技する人だったっけ。かっこよかった。
一番衝撃的だったのは中村勘九郎さん。あんな役やるのか。
最初に出てきた時からすごい衝撃的だった。はちみつ・・・。

ということで、別に絶賛するほどではないけど、面白かった。



湊かなえ『リバース』(2017年07月09日 日曜日 17時11分)

ちょうどドラマやる前くらいに文庫本が出て、
読もうか迷って結局ドラマ終わるまで読まずにあたためといた本。
湊かなえさん『リバース』。

リバース (講談社文庫)

新品価格
¥691から
(2017/7/9 17:02時点)



これはねぇ、正直完全に見る順番を間違えたね。
ドラマ見てから原作を読むとすごい物足りない感じがする。
あのドラマすごいうまく脚色されてたんだなぁ。
でも、原作読んでからドラマ見ると、こんなうまく脚色されてるのかって思う反面、
ドラマの最終回前のラストのあの衝撃はなかったと思うし、
そこまで毎週早く続きが見たいって思うこともなかった気もするから、
難しいところだけど。

ここからはネタバレ。

湊かなえさんにしては珍しいなって思ったのが、
主人公の深瀬視点ではあるんだけど、語りが一人称じゃないんだよね。
主観的に見てるような、客観的に見てるような、ちょっと面白い感じだった。

ただ、ものすごくあっさりしてるというか、
それはドラマを先に見たから思うんだろうけど、
ほぼ深瀬の話でしかないので、
他の3人の存在意義が薄い感じがしたかな。
あと、美穂ちゃんも、最初の方と最後の方しか出てこないから、
え、あなただったの?っていう驚きもそんなにないような気がした。
あとはまぁ、これもドラマを先に見てるから思うだけかもしれないけど、
深瀬がわりと最初から、俺だけは悪くない的な感じなので、
原作先に読んでたら、犯人予想ついたんじゃないかな、っていう気はする。

結果的にドラマを先に見て正解だったのかな。
よくあんな面白いドラマにしたなぁっていうそっちの方が感心した。



ホーム


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー

最新コメント