勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









ハローキティ新幹線と広島の旅(2019年06月30日 日曜日 21時54分)

6/23、24と、広島に行ってきた。
広島に行くのは初めてだったんだけど、
そもそものきっかけは、
新大阪から博多まで期間限定でハローキティ新幹線が1日1本走ってて、
それに乗ってみたかったっていうのだったんだけど、
なかなか濃密な旅で良かった。

DSC06885.jpg

そんなハローキティ新幹線!
こだまなので新大阪から広島まで約2時間半。
指定席満席だったので、いろいろとすごい混んでるかと思ったんだけど、
こだまだから乗り降りする駅も結構まちまちだったり、
普通の新幹線料金だから知らずに乗ってるサラリーマンっぽい人も結構いて、
混雑することもなくいろいろ探検できた。

DSC06892.jpg

指定席自体は普通の席だけど、まぁとにかくいろんなところにキティ。
電話ボックスにもママいるし、トイレ開けたら可愛いし、
見てるだけで楽しかった。

DSC06906.jpg

そして2号車の自由席が、床から座席から窓からキティ。
指定席取ってる人が多いから意外と人も少なくて、普通に写真撮れたし、
2号車の前の方にはフォトスポットも。
これだけ見たら新幹線の中とは思えんわ。

DSC06922.jpg

そして1号車にはショップがあり、
ここにもフォトスポットやカフェスペースもあり、とにかく可愛い!
結局1時間くらいうろうろしてたかなぁ。
もうこれだけでテンション上がった。

DSC07156_20190630212001e3e.jpg

1号車にて、りんたくひまに買ったハンカチ3枚セットとラムネ。
凛ちゃんに、
「たくがキティのハンカチは嫌かもしれないから嫌って言ったらラムネ多めにあげてね」
って言っておいたけど、果たしてどういう風に分けたのか。

DSC07157.jpg

あとこれは自分用に買った箸。
今使ってる箸がダメになったら使おう。

DSC06945.jpg

広島到着し、この日は平和記念公園あたりへ。
平和記念資料館は、やはりかなりの気力が必要だった。しんどかった。
昔教科書とか本とかで勉強はしたけれど、
やっぱりどこか違う世界の出来事のように思ってしまうところがあったり、
でもすごい怖い気持ちもあってできれば見たくないと思ってしまうんだけど、
でもこれが現実で、
しっかり記憶に焼き付けておかなければならないことでもあるし、
怖いし見たくないことと思うからこそ、
同じ過ちを繰り返してはいけないと強く思うから、
行けたことはいい経験になったと思う。
それにしても、平和監視時計の、
最後の核実験からの日数が130日っていうのが恐ろしい。
つい130日前にも世界のどこかで核実験が行われているという現実。

DSC06954.jpg

原爆ドームももちろん初めて間近で見たんだけど、
今まで写真でしか見たことがなかったから、
間近で見るとよりすごさや悲惨さを感じたり、
でも中で猫ちゃんが座ってたり、周りに大きな木が生えてたり、
そういうところで74年の歳月も感じたりして、
不思議な気持ちになった。

DSC06971.jpg

それは爆心地も同じで、ここに原爆が落ちたことによって
全てが一瞬に奪われて、
でも今こうやって普通に道路があったり街並みがあったり
大きなビルが建ってたりするのが、
不思議でもありすごいことでもあり、平和なのかな、とも思ったり。

DSC07003.jpg

2日目は、宮島に行ってきた。
ここも広島行くなら行ってみたかった場所だけど、
そもそも最初は、
キティ新幹線に乗りたいから行き先はどこでもって感じだったのが、
大鳥居が6月から1年間改修工事に入るという話を聞き、
7月中旬になると網でおおわれてしまうらしいので、
その前にはぜったい行きたいと思って、いつのまにか自分的にメインになっていた。
下の方は足場ができ始めていたんだけど、まだ半分セーフだった。
この日は干潮でも鳥居のところまで潮が引かなかったので
鳥居までは歩けなかったけど、
天気も良かったし、厳島神社も綺麗だった。

DSC07069_20190630211953d21.jpg

ちょっと同じ場所から写真撮ってないからあれだけど、
上が干潮の時で下が満潮の時ね。

DSC07107.jpg

お昼に食べた牡蠣うどんが美味しかった。
体調良かったら牡蠣3種のやつとか食べてみたかったけど、
あんまり良くなかったので。でも美味しかった。

DSC07108.jpg

焼きたてもみじ饅頭もすごく美味しかった。

DSC07154.jpg

美味しかったのでそこの店のもみじ饅頭をお土産にした。
駅でも買えるけど、せっかくなのでね。

DSC07155.jpg

あと、牡蠣も買った。

DSC07027_2019063021195225b.jpg

宮島は鹿も普通にどこにでもいるのね。
鹿は小学生の時奈良の若草山で見た覚えはあるけど、
宮島の鹿はおとなしいね。
普通に店の前で店番してて、置物かと思ったわ。

宮島も、見たかった鳥居見られたし、楽しかった。
いろいろと行ってみたい場所はあるんだけど、
なかなかきっかけがないと行けなかったりするので、
今回は行けて良かったな。
今年はまだいろいろと行く予定があるので、楽しみだ。



映画『凪待ち』&『劇場版パタリロ!』(2019年06月29日 土曜日 18時03分)

凪待ち
 
採点:☆☆☆★★
 
PG12だから暴力とかいっぱいある怖いやつかなとは思ったんだけど、
香取慎吾くんが見たかったので観てきた。
結果的に、まぁ暴力とかはあったけど、怖い話ではなかったな。
違法ギャンブルとか出てくるから年齢制限付いてるのかな。
先週観た『ザ・ファブル』の方がよっぽど怖かったけど。
でも、怖くはなかったけど、救いようがないというか、悲しいお話で、
なんだかどうしようもない気持ちになった。
 
ここからはネタバレ。
 
こういう映画を観てると、
なんでこんなどうしようもない人にみんな優しいのだろうと思ってしまう。
引っ越して環境が変わってもギャンブルをやめられない。
大切な人が殺されてもその人が貯めてきたお金を使ってしまうし、
貸してもらったお金も、船を売ってまで工面してもらったお金も
ギャンブルに使ってしまう。
こんな人周りにいたら、私ならさっさと縁を切ってしまいたいと思うんだけど、
主人公の周りの人はみんな優しい。
自分が冷たいのか、
実際こういう人がいたら手を差し伸べたくなるものなのか、
と思いながら観ていた。
 
あゆみが殺されることが大きなきっかけになっている映画ではあるけれど、
誰が犯人かを推理する話ではなくて、
それによって主人公や周りの人がどう生きていくか、という話なので、
途中、あゆみを殺したのは誰かってことを気にしなくなっていた頃に、
あの人が犯人だったのは結構衝撃だったけど、
それもこの映画のきっかけにしか過ぎず、
あくまでも主人公たちの生き方がテーマなんだろうなと思った。
 
だからこそ、何が起こっても結局ダメな方に向かってしまう
主人公には腹がたつし、
最後、3人で前向きに生きていけそうな雰囲気で終わるけど、
今後もまた同じことの繰り返しなんじゃないかという気もする。
いつになったら凪が訪れるのだろうか。
 
キャストはみんな良かった。
慎吾くんはこういうちょっと影のある役が似合うと思う。
 
あと、エンドロールの、インストゥルメンタルの音楽に、
海の底に沈んだものがいろいろ映し出されるのも良かったな。
いろいろと考えて余韻に浸れた。
 
いろいろ書いたけど悪くない映画だった。

IMG_1055-horz.jpg

ミッドランドとTOHOシネマにあったサイン入りポスター。
 
劇場版パタリロ!
 
採点:☆☆★★★
 
パタリロっていう名前は聞いたことあるんだけど
漫画は読んだことなくて、
『翔んで埼玉』みたいにくだらないけど面白い感じかなと思って
観に行ったんだけど、ただくだらないだけで眠くなった。
 
ここからはネタバレ。
 
冒頭で、昭和のギャグをぶっ込んでいくようなことを言っていたけど、
その昭和のギャグが合わなかったのかなぁ。
ホントにクスリとも面白いところがなかったなぁ。
演出も、舞台をそのまま映画にしたのかな?って感じの、
ほぼ舞台上のシーンばっかりで、
かと思えばロケハンに困らなそうなシーンだけロケだったり、
急にCGだったりしたんだけど、
それがうまいことはまってない感じがした。
 
キャストも、ほとんど知らない人ばっかりだったけど、
無駄に西岡徳馬さんとか出てきたりして、
こんなんに出て大丈夫かよと思ってしまった。
みんな舞台演技で大袈裟だったけど、
それもうまくはまれば面白いはずなのにはまらなかったなぁ。
バンコランとかマライヒとかは、昔の少女漫画に出てきそうな感じはしたけど。
 
最終的に、エンドロールの歌だけちょっと面白かったかなぁ。
映像観るのとスタッフロール追うのと同時にできなくて慌ただしかったけど。
100巻もある漫画ということだけど、続編はないだろうね。

DSC07165.jpg

『引っ越し大名!』のムビチケ買った。



映画『きみと、波にのれたら』&『ザ・ファブル』(2019年06月22日 土曜日 19時36分)

きみと、波にのれたら
 
採点:☆☆☆☆★
 
湯浅監督の夜は短かしとルーが好きだったので、
今回の映画も結構楽しみにしていた。
話を何も知らずに観たいのに
やたらと予告が流れてて見てしまったので、
だいたい予告で流れてた通りの話でひねりはなかったんだけど、
なかなか良かった。
 
ここからはネタバレ。
 
湯浅監督の映画は、絵がカラフルでキラキラしてるのが好きだな。
あと、これは最近のアニメ映画はそういうのが多いけど、
すごい動きに奥行きがあっていいなと思った。
人物が遠目のシーンとかはちょっと雑な感じはしたけど、
全体的には好きなトーンだった。
 
話も無駄がないというか、
音楽に乗せて映像だけ観せるっていうシーンも最近の映画だと多いけど、
絶妙に外した感じの2人の楽しそうな歌声に乗せた映像は
いいなと思ったし、
話はどんどん展開していくけど速すぎる感じもせず、
のっぺりした感じもせず良かったと思う。
 
花火の若者たちがすごく嫌な感じで、
あんな物語の展開的にご都合的な人たちいないやろって思いたいけど
現実ああいうバカはいるのが残念なところではあるけど、
クライマックス的にすごい盛り上がる感じで港が出てきて
火を消すところは良かったと思うし、
ひな子のコナンくんばりの波乗りアクションも良かったと思う。
 
大切な人を失ってしまう悲しさ、せつなさは伝わってくるし、
それでも前を向いて自分で波に乗っていく話で、良かったと思う。
せつないけどさわやかだった。
 
声も、概ねそんなに気になる人はいなくてみんな合ってたかな。
川栄李奈さん上手だった。
片寄涼太くんがちょっと棒読みだったかな。
 
見終わった後、ひな子が歌ってた曲の冒頭部分がやたらと頭の中を回るね・・・。
 
ザ・ファブル
 
採点:☆☆★★★
 
殺し屋の話だけどPG12とかついてなかったし、
殺し屋が普通の生活をする話ってことだったので、
面白そうだと思って観に行った。
が、これ何でPG12じゃないの?
怖いし、こういう映画ってノリについていけるかついていけないかで
面白いか面白くないか両極端に分かれると思うんだけど、
何にも面白くなかった・・・。
 
ここからはネタバレ。
 
まず、冒頭のシーンから、血がいっぱい出て気持ち悪い。
これ私ダメなやつだわ。自分的PG12だわ。
でもそこを乗り切れば普通の生活が待ってると思っていたんだけど、
普通の生活するとこほとんどないじゃん。
殴られて痛いふりしたとこと、動物の絵描いたくらいでさ。
ファブルがいないシーンも殺し合いしてるばっかりだし、
ファブルのシーンも、殺してないっていってもさ、
結局やってること殺す時と一緒の感じじゃん。
ただわちゃわちゃと相手を倒していくシーンが長々と続いて、
不快なだけだった。
 
岡田准一くんはアクションは流石だなと思ったけど、
なんとかっていうお笑い芸人見て笑ってるとことか、
楽しんでるというよりは、殺し屋が笑う練習してるみたいな感じだった。
それを狙ってたのかも知れないけど、
観てる方はなんか違和感だった。
木村文乃ちゃんは存在意義がまったくわかんなかったな。
特に活躍の場がなかったような。
山本美月ちゃんは面白くないのに
無駄に変顔させられるシーンなどあり、どうなんだろ。
 
まぁ特に他に感想書きたいようなことがないので、この辺で。



ONE PIECE スクラッチ(2019年06月21日 金曜日 20時59分)

6月もスクラッチ買った。

DSC06835.jpg

まずはルフィとエースバージョン。
300円でちょっと他より高いんだけど、ゲームが2つついてるやつ。

DSC06838.jpg

ゲーム1で300円・・・。

DSC06839.jpg

ゲーム2で300円・・・。
凛ちゃんに削ってもらったら、
「削らないで」って書いてある売場使用欄まで削って焦ったけど、
換金はできた。

5枚買ったから全く元とれてない・・・。

DSC06836.jpg

もうひとつはボンちゃん。

DSC06837_2019062120542516e.jpg

1枚も当たらず撃沈・・・。
自分で削ると適当だけど、りんたくに削らせるとめっちゃ綺麗に削ってるね。



ONE PIECEグッズ(2019年06月19日 水曜日 20時21分)

先週の話だけど、ジャンプショップでワの国フェアっていうのが始まったので
買いに行ってきた。

DSC06828.jpg

まずは缶バッジ。

DSC06829.jpg

チョッパーだった。
可愛いけど、実はルフィかゾロかナミかウソップかサンジを
狙ってたのに2分の1の確率で外れるっていうね。

DSC06831.jpg

こちらはちりめんきんちゃく。

DSC06832.jpg

可愛い。

DSC06833.jpg

そしてこれがお目当てだった4枚セットのステッカー。
グッズ1500円以上買うともらえるんだけど、
何週かごとに絵柄が変わるのね。
その中でこの組み合わせはすごいそそられた。
キッドはまぁどっちでもいいけど、ルフィとゾロとおそばマスクですよ!
サンジじゃなく!



映画『怪獣の子供』(2019年06月15日 土曜日 16時24分)

採点:☆☆☆★★
 
絵が綺麗そうだったので観てきた。
STUDIO4℃は昔『鉄コン筋クリート』を観に行ったことがあるんだけど、
なんかすごかったけどよくわかんなかったなぁという記憶があったので、
今回はどうなのかなと思っていたんだけど、
うん、映像は綺麗だったけど、今回もよくわかんなかったかな・・・。
 
ここからはネタバレ。
 
ジュゴンに育てられたら皮膚呼吸になるのかとか、
そんな人たちが普通に水族館に住んでるのかとか、
フィクションならではのツッコミどころはあったけど、
途中までは、どうなっていくのかっていうワクワクもあって面白かった。
ルカも悪いんだけど、ちょっと最初の部活の先生はひどいなとは思ったけど。
空がヒトダマになっていなくなっちゃったころから、
ちょっとよくわかんないままになっちゃって、
そのあとは結局最後まで何が起こったのかイマイチわからず終わった。
誕生祭?のシーンも、なんかすごい映像が流れてるなぁとは思ったんだけど、
何が何だかわかんなくなってたので、ちょっと眠くなってしまった。
 
とはいえ、全体的に映像の雰囲気は好きだったんだけどね。
でもキャラクターは結構クセがあるデザインだったので、
いいと思うところと微妙なところがあったかな。
 
声も概ね違和感なく、キャラクターに馴染んでるなと思ったんだけど、
富司純子さんが富司純子さんすぎたのと、
あと目が前髪で隠れてる飼育員の人の声が
飛び抜けて下手すぎて浮いていた。
 
米津玄師さんの曲は、歌詞が物語とリンクしていて良かった。
黒バックに椅子が端っこにちょこんとある映像じゃなくて、
本編映像が背景にある方が歌が映えるのになぁと思った。
 
ということで、そうだな、まぁまぁだな・・・。



映画『アラジン』&『町田くんの世界』(2019年06月10日 月曜日 20時00分)

土曜日に観た映画。

アラジン
 
採点:☆☆☆☆☆
 
アニメのアラジンは話覚えてなかったしたぶん観てないと思う。
いつのまにかyahoo!映画の自分のレビューが500件いってたけど、
それ見てもわかる通りほとんど洋画は観ないし、
観ても字幕で観るんだけど、
4月に観た舞台『クラッシャー女中』で
中村倫也くんの歌が大変素晴らしかったので、吹替版を観てきた。
いやぁもう、最初から最後まで凄かった!
贅沢なショーを観た感じ。
すごく楽しかった!
 
ここからはネタバレ。
 
こういうミュージカル形式の映画は好きだけど、
この作品は、歌と普通に喋るところのバランスもすごく良かったし、
映像もすごく綺麗でわくわくした。
ジャスミン役の人がすごく綺麗で素敵だったし、
アラジン役の人も、すごくキャラクターに合っていた。
ジーニーのキャラクターすごい好きだし、
アブーもすごい可愛かったなぁ。
 
最初は、泥棒と世間知らずなプリンセスの話かと思ったんだけど、
魔法で王子になったとしても、飾れるのはうわべだけで、
ちゃんと見てる人にはわかってしまうし、
アラジンの方が仮の姿だと嘘をついてしまっても、
結局は好きな人にずっと嘘をついたまま生きていかなくてはならないし、
そういう、真実を見ることとか、
魔法の力では手に入れられないものがあることが
わかりやすく伝わる物語で良かった。
ジャファーと戦うところも、
もう魔法の力まで手に入れちゃったら最強でどうしようもないとか思ったけど、
ずっとコンプレックスに思ってた2番という言葉をうまく使って
ランプに閉じ込めるところはすごくドキドキしたし、
わかってはいたけどジーニーを自由にするところではホロリときた。
そしてやはり、2人がハッピーエンドになるのは当たり前だけど嬉しかった。
 
吹替の声も、口と合わないのは
しょうがないけどやっぱり違和感はあったけど、
声はみんなすごく上手くて、歌もすごく上手くて良かった。
 
中村倫也くんの吹替じゃなかったら観に行かなかったかもと思うと、
行って良かった!
 
町田くんの世界
 
採点:☆☆☆☆☆
 
先に観た『アラジン』がすごく面白かったので、
ものすごくつまらなかったらどうしようかと思っていたけど、
こっちもこっちですごく楽しくて、
正直自分の期待値をだいぶ上回る面白さだったので、
星5つ付けてしまった。
町田くんという名のファンタジー!
最初から最後まで面白かった。
 
ここからはネタバレ。
 
漫画が原作ということもエンドロールで知って、
映画館で予告観て意外と面白そう、って思って観に行ったんだけど、
始まりからすごく軽快な音楽でコミカルに始まったので、
これは好きな系統かも、って思ったら、本当に最後まで良かった。
 
町田くんという、ちょっと変だけどみんなに優しいキャラクターは、
これは関わった人みんな好きになるだろうなっていうのわかるし、
猪原さんのキャラクターもすごい面白いなと思って観ていたら、
恋をしてからがとにかく可愛くて、
町田くんに自分だけを見て欲しいけど言えなくて
町田くんの気持ちも分からなくてヤキモキしてるところとか、本当可愛かった。
 
町田くんがようやく恋と気づいた時には猪原さんとすれ違ってしまうけど、
今まで関わったみんなが助けてくれたりするのは素敵だし、
木に引っかかった風船を取りに行った時に、
これ絶対飛んで会いにいくやつやん!って思って、わくわくしっぱなしだった。
風船で飛ぶところのCG感はちょっとしょぼかったけど、でも楽しかった。
最後もいろいろ引っ張らず上手くいったところで終わって良かった。
 
とにかくいろんな場面がコミカルで、
重くならずに可愛らしい映画でとても良かったし、
エンドロールの平井堅さんの曲がまた可愛かったなぁ。
 
キャストは、主演の2人はもちろん知らないけど
2人ともキャラクターにあっててすごく良かったし、
その他は、ちょっと高校生に見えない人ばっかりではあったけど、
みんな素敵なキャラクターで良かった。
 
今日はいい映画に出会えた日で、
町田くんに出会えた人のようにいい気分になれた。



さぁさ リリース記念ワンマンライブ~なんでもない日を煌めかせますツアー~ in 名古屋 Sunset BLUE(2019年06月08日 土曜日 22時53分)

今日は映画2本観てからさぁさちゃんのライブに行ってきたんだけど、
とにかく全部が楽しい1日だった!
映画の感想はまた書くとして、さぁさライブの話を。

IMG_0782.jpg

今回はミニアルバム発売記念ライブということで、
前回のアルバムライブの時のサポートメンバーたけおさんと2人でのライブ。
アルバムはライブ会場でしか買えなかったのでまだ買ってなくて、
試聴もあえてしないようにしていたので、
初めて聴く曲もいくつかあったんだけど、懐かしの曲もあって、
すごい楽しかった。
ピアノが入るとやっぱりまた一味違うし、
さぁさちゃんのいろんな話も聞けて面白かったな。

IMG_4054.jpg

今回のセットリスト。たぶんあってるはず。

わたしたちマヨネーズ
ハローハローハロー
じゃんけんYOU
Highな劣等感
あなたといられたら
目線はX
リセット
ライオン
magic soup
恋サラダ
grandma.
MY HERO
優しき獣
ドラマチック
なんでもない日に煌めきを

(アンコール)
GO GO ピクニック
パ・パリラ♪

『ドラマチック』なんかはすごい久々に聴いたので、
イントロ始まった瞬間おぉ!ってなった。
『magic soup』とかもかっこよかったな。
トークも、今回もめいっこちゃんの話をしてくれて、
めいっこに「結婚しないの?」と聞かれたので
「王子様が現れたら」と答えたら
「王子様はお話の中にしかいない」って言われた
・・・って私も凛ちゃんにそのうち言われそう。
メジャーデビューから10年、GIZAを辞めてから5年ということで、
節目の年でもあっていろんな話をしてくれたし、
初めて行ったアスナル金山の大雨ライブの話などもしてくれて楽しかった。
それにしても何年経っても可愛らしい人だなぁ。
歌っていても話していても、たたずまいがホントに可愛い。
白菜の衣装(ホントは違うけど)も似合ってたなぁ。

そしてライブ後にアルバムを買ったのだけど、
いつも通り、自分が買う順番になってめっちゃ緊張してたら、
「髪の毛短くなりましたね」って髪のこと覚えてくださっていたり、
名前もいつの間にか覚えてくださっていたり、
「おばバカ同士ですね」って話もしてくださったり、
とにかくなんかいろいろ覚えてくださっていて、
すごいびっくりして自分も調子に乗っていろいろしゃべってしまった。
みんなのこと覚えてるのかなぁ、すごいなぁ。

IMG_4053.jpg

今回買ったアルバム。
たけおさんのサインも入ってるよ~。
たけおさんが弾いてたピアノの楽譜ほしいなぁ。弾き語りたい。

とにかく、すごい楽しかった!



P.O.P LIMITED EDITION トニー・トニー・チョッパー Ver.OT(2019年06月05日 水曜日 21時33分)

2年前に買ったペローナちゃんに続き、
またフィギュアを買ってしまった。

DSC06822.jpg

今回はチョッパー。

DSC06823.jpg

見てくれこの可愛さ!
ってか、ペローナちゃんと今回のチョッパー見ると
私の好きな系統がよくわかるな。

DSC06827.jpg

麦わらストアのポイントまたたまったので
サボをもらった。

DSC06799_2019060521302248b.jpg

あとこれは前に弟がくれたやつ。
ワンピースマンチョコのシール。



映画『パラレルワールド・ラブストーリー』&『LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘』(2019年06月01日 土曜日 19時57分)

パラレルワールド・ラブストーリー
 
採点:☆☆☆★★
 
自分の恋人が友達の恋人になってるパラレルワールドの話ってことだったので、
もっと面白いと思って期待してたんだけど、ちょっとイマイチだった。
 
ここからはネタバレ。
 
まず最初に、脳に刺激を与えることで
パラレルワールドを感じられるような研究をしているということを
主人公が言っていたので、
物語の中で、主人公の恋人バージョンと友達の恋人バージョンが
交互に出てきても、
あぁ、これは自分の研究によってパラレルワールドを体験しているんだろうな、
たぶん友達の恋人バージョンが現実なんだろうな、と思いながら観ていて、
てっきり、それを観ている方にわからせた上で、
実はこうなんだっていう驚きの展開があるもんだと思っていたら、
そのまんまただそれだけの話だった。
驚愕の108分とか、謎解きとか、いろいろ煽ってるからさ、
もっと凄い話だと思うよね普通。
なんか、え、これだけ?と思ってしまった。
 
智彦が、篠崎をスリープ状態から救うために自らスリープ状態になって
解除の方法を主人公に託したってのはまぁ理解できるとして、
教官はなんでその託されたデータを受け取らないまま
主人公の記憶を書き換えて、
わざわざ麻由子を主人公のそばにいさせて探らせようとしたの?
記憶を書き換えちゃったあとで、
あ、あいつデータ持ってんじゃねえか?って気づいたってこと?
 
そして、主人公の記憶が戻ったあと、
麻由子とやり直すために、二人とも記憶を消して
また『君の名は。』みたいな出会い方する必要ある?
記憶消したってどうせまた1年くらい経ったら戻っちゃうでしょ。
主人公も戻ったんだから。
ってかそもそも、スリープ状態になったり記憶が混乱したりするような
危険なことをそう何回もやるかよ。
 
あとさ、主人公が麻由子をずっと好きだったっていうのは、
まぁ一途でいいんじゃないの?と思うけど、麻由子は何なの?
麻由子にとって智彦は結局なんだったの?つなぎ?
智彦は全体的に気の毒な役割だよね。
 
キャストも、まぁ特別下手な人がいて気になるようなことはなかったけど、
なんだか地味な感じがした。
普通の人たちの恋愛って思えばいいのかも知れないけど、
凄い物語っぽく煽ってるからか余計に地味だなぁと思った。
 
自分が期待しすぎただけかもしれないけど、宣伝文句も悪いよね。
イマイチな映画だった。
 
LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘
 
採点:☆☆☆★★
 
面白かったことは面白かったけど、これはどういうやつなのかな?
ルパンってだけで観に行ったけど、
前篇後篇って入ったり、途中でオープニングがまた始まったりしたけど、
テレビアニメを映画館で流した感じなの?
上映時間が短いのはわかってたけど、
これは映画なのか?と思いながら観ていた。
 
ここからはネタバレ。
 
いつもお宝のことしか考えてない不二子ちゃんが、
子供のために殺し屋を殺すのがメインの話で、
なんか自分の知ってる不二子ちゃんと
ちょっとイメージ違うなぁという感じはしたけど、
任務を遂行するためだけに存在するビンガムを、
不二子ちゃんならではの方法で虜にして殺すというやり方は、
面白いなと思った。
ただやっぱり、この話だったらもっと掘り下げて
2時間くらいやってほしかったなって思ったのと、
「あの方」とかいうコナンみたいなキーワードが出てきたけど
結局その正体とか何もわからないまま終わったので、
やっぱりなんか、テレビシリーズの一部なのか?と思った。

あとは、不二子ちゃんの声が変わってから、
あんまり違和感ないと思っていたんだけど、
今回の映画は結構違和感あったような。

ということで、うん、まぁ面白かったけどもうちょっとって感じ・・・。

DSC06817.jpg

これ来場者特典のポストカード。

DSC06818.jpg

あと、『凪待ち』と『怪獣の子供』のムビチケ買った。
『凪待ち』PG12だから迷ったんだけど、慎吾くんだから観たい。

DSC06819.jpg

『怪獣の子供』の特典はクリアファイルだった。

DSC06821.jpg

『凪待ち』は携帯フォルダー。
スマホとかに貼って中にICカードとか入れて使うみたい。



ホーム


カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー

最新コメント