勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









恩田陸『蜜蜂と遠雷』(2019年09月16日 月曜日 20時00分)

恩田陸さんの直木賞&本屋大賞受賞作『蜜蜂と遠雷』。

蜜蜂と遠雷(上) (幻冬舎文庫)

新品価格
¥788から
(2019/9/15 21:00時点)


蜜蜂と遠雷(下) (幻冬舎文庫)

新品価格
¥788から
(2019/9/15 21:01時点)



いつも感想に書いてるけど、恩田陸さんの作品は、
すごい面白い作品と、
すごい面白くて最後まで一気に読んだら
最後結局よくわかんなかった作品と、
最初から最後までよくわかんなかった作品がある。

この作品は、直木賞&本屋大賞を受賞した作品なので、
よくわかんない作品ではないんだろうなと思って読んだんだけど、
すっごい面白かった!
上下巻に分かれててそれぞれ結構分厚かったんだけど、
あっという間に読んじゃった。

国際ピアノコンクールに出場した、
4人のコンテスタントのお話。
自分も3才から高校3年生までピアノやってたけど、
習い事程度のことしかやってないので、
ピアノを演奏する場って言ったら
発表会とか昇級テストみたいなのしかなくて、
本格的なピアノコンクールってこんなすごいものなんだって、
読んだだけでもびっくりしてしまった。
1人につき1時間もの演奏を何日間もやったり、
コンテスタントひとりひとりに合わせてピアノの調律したり、
ピアノの世界ってそんな大変だったんだな、と思った。

そして、それぞれの演奏の描写がすごく面白い。
弾いてる本人目線の演奏だったり、聴いてる人目線の演奏だったり、
語り方がいろいろなんだけど、
どんな曲かはわかんないんだけど
すごい自分もコンクールを見てるような気持ちで
ドキドキしながら読んだ。
4人それぞれが素敵で、本物の演奏を聴いてみたくなった。

そんなこの作品、来月映画公開されるので、
すごく楽しみにしていると同時に、すごく不安でもある。
4人の演奏が、実際聴くとどんな感じなのかは楽しみだけど、
この作品映像にしたら丸1日くらいないと
4人の演奏全部聴くことできないから、
それを2時間でできるの?ってのもあるし、
この間映画館で予告観たんだけど、原作にないシーンあったんだよね。
原作にないシーン無理に入れずにそのままやってほしいんだけどな。
ということで、楽しみ&不安。
だけど、原作はホントに面白かった!



ホーム


カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリー

最新コメント