勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』『任侠学園』(2019年10月14日 月曜日 17時03分)

ブルーアワーにぶっ飛ばす
 
採点:☆☆☆☆★
 
派手な話ではなく、
誰もが持っていそうな寂しさとか憂鬱さとかを
映し出したような物語だけど、
すごく会話のテンポよく、
人間の生活のおかしみというか、笑いがあって良かった。
 
ここからはネタバレ。
 
東京でCMディレクターとして働いていた主人公が、
おばあちゃんのお見舞いのため、田舎に帰る物語。
田舎では自分の見たくないものもたくさん見えてきて、
でもその中で自分のことも見えてくる。
なんかすごいことが起こったりとか、
劇的な変化があるわけではないんだけど、
なんか好きな感じだった。
ラストでキヨが消えてしまったのは、
結局、主人公が作り出した妄想だったっていうことだったのかな。
もうキヨがいなくても大丈夫ということなのかな。
そこまでに至る劇的なことはなかったような気がするけど。
 
夏帆ちゃんの演技が素晴らしかった。
すごくナチュラルにいそうな感じというか、
ひとつひとつの話し方とか表情とかが、
すごくいいなと思った。
シム・ウンギョンさんは、
なぜ東京にずっといる都会人のはずなのに
日本語カタコトの人が演じるのかイマイチわかんなかったけど、
雰囲気はとても可愛らしく天真爛漫な感じで良かったと思う。
 
ということで、だから何ってこともないんだけど、
わりと好きな映画だった。
 
仁侠学園
 
採点:☆☆☆★★
 
公開から2週間くらい経ってるから
お客さんあんまりいないだろうと思っていたら、
意外といっぱい入っててびっくりした。
全体的に、ちょっと古い感じはしたけど、まぁ面白かった。
 
ここからはネタバレ。
 
まず、ヤクザの人たちが学校を立て直すという話なので、
ファンタジーとして割り切って観ないと話に入っていけないよね。
ヤクザが理事長なんて誰だって反対するし、
最近は反社会的勢力うんぬんもいろいろ言われてる時期だし。
その辺り、ちょっと入り方が強引だなぁと思ったけど、
ちょっと不思議な考え方のおっさんたちの集まりと思えば、
まぁついていけたかな。
 
この映画に限らず、そんな簡単に生徒が味方になるかな、
とかは思うけど、
おっさんたちのちょっと変な助言とか説教とかで、
生徒たちが変わっていくのは面白かった。
生徒のひとりがヤクザを使って友達を拉致させるとか、
ちょっと現実味ない気はするけどね。
あと、中学生ならまだありかも知れないけど、
高校生でラストに垂れ幕でお見送りとかイマドキなさそう。
 
キャストは、西島秀俊さんの爽やかな笑顔が、
見事にキモい笑顔のおっさんになってるのは面白いなと思ったし、
葵わかなちゃんとか、意外と上手かった。
可愛らしい感じの役よりこういうののが似合ってるんじゃないかな。
 
ということでまぁ、すごい面白かったってことはないんだけど、
そこそこ楽しめたかな。



ホーム


カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー

最新コメント