勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









映画『一度死んでみた』『ファンシー』(2020年03月21日 土曜日 18時01分)

一度死んでみた
 
採点:☆☆☆☆★
 
事前知識入れたくないのに予告とか番宣しまくっていたので
ちょっと楽しみが薄れていたんだけど、
実際観てみたら、ストーリー自体は思ったまんまだったけど、
すごく面白かった。
これ、新型コロナ落ち着いた頃に上映した方が人が入るだろうに、
もったいないなぁ。
映画館ガラガラだった。
 
ここからはネタバレ。
 
まず、全体的に、話がすごいわかりやすいね。
小難しいことなしに、悪者も悪者とわかりやすく、
入り組んだ陰謀とかもなく、いい意味で雑なので、
気楽に観るにはいいと思った。
そして、父を生き返らせることに向かって突っ走っていくだけなので、
無駄がないしテンポ良くて面白かった。
すごくもったいないと思ったのが、
無駄に豪華な俳優さんが本当にちょこっとだけ出てたりするんだけど、
それがスベってるんだよね。
ちょこっとだけの出演でもそこが面白いならいいんだけど、
ホントにただいらないっていうシーンがいくつかあったのが
もったいないと思った。
 
ただ、それがどうでも良くなる感じの、
ラストの怒涛の伏線回収がすごく面白かった。
白雪姫がキスで生き返る理由の話が、
父が生き返るところに繋がってたり、
生き返るとわかってて焼こうとする悪者の人たちはちょっと怖かったけど、
ロッカーで着替える特技が活かされたり、
まずは自分で治験するジイさんの正体だったり、
あぁ、そう繋がってたんだって思うことがいろいろあって面白かった。
 
エンドロールも、あの、死ね連発で人を不快にさせる歌詞なのに
妙に耳に残る曲でズバッと終わって、
エンドロール後の最後の最後まで伏線が生きてるのが面白いね。
 
キャストも良かった。
広瀬すずちゃんは最初はちょっと無理してる感じがしたけど
だんだん気にならなくなって、はまってたと思うし、
歌も、特別上手くはないのに何故か水兵リーベの曲はちょっとじーんときた。
吉沢亮くんはちょっと美貌を隠し切れてなかったけど、演技は良かった。
堤真一さんはぴったりな感じ。いい感じに鬱陶しい。
木村多江さんの弾けた感じも好きだな。
 
難しいこと考えず気楽に楽しめる映画で良いと思う。
 
ファンシー
 
採点:☆☆★★★
 
窪田正孝くんが観たくて、
内容はまったく知らずに観に行ったんだけど、
何がなんだかさっぱりわからない映画だった。
 
ここからはネタバレ。
 
窪田くんの演技が観たかっただけでどんな役かも知らなかったので、
ペンギンで詩人とかいうから
その時点で何その面白い役!って思って期待したんだけど、
だから何だったのか、まったくわからなかった。
実際は、彫り師でヤクザも絡んでて郵便局員で
郵便局もなんか物騒な人ばっかりの主人公の話で、
それにペンギンの話が絡んでくるんだけど、正直、ペンギン必要?
ペンギンで詩人が出てくる話なら面白いものが作れそうなのに、
なんでこうなったのかな。
もうホントに、わからなかったとしか言いようがない。
ちょいエロとちょい怖と、なんで出てきたかよくわからないペンギンの話だった。
 
永瀬正敏さんと窪田正孝くんの演技は良かったんだけどな。
永瀬さんは、静かな中にちょっと怖そうなオーラがあるのが良くて、
でもペンギンと絡んでる時の、なんとも言えないミスマッチ感が良かった。
窪田くんは、最初、自称ペンギンの人だと思ってたんだけど、
あれはペンギンだね。
見た目は人なんだけど、なんだろう、仕草とか話し方なのか、
すごくペンギンだった。
ヒロインの子は、すごく下手で素人っぽくて、あれを味と言っていいのか・・・。
 
エンドロールの郵便屋さんとペンギンのイラストが可愛くて、
あれでアニメとか作ったら面白そうだなと思った。
でもこの映画自体は私にはわかんなかった。

DSC09130.jpg

特典につられて、『水曜日が消えた』のムビチケ買った。

DSC09131.jpg

これ公開される頃には映画館も普通になっているのかどうか。



伊坂幸太郎『AX』(2020年03月17日 火曜日 20時27分)

『グラスホッパー』『マリアビートル』に続く殺し屋シリーズ第3弾『AX』。

AX アックス (角川文庫)

新品価格
¥385から
(2020/3/20 16:08時点)



第3弾といっても、お話自体は独立しているので、
あ~、そんな殺し屋いたなぁ、そんな話あったなぁっていうのは
ちょこちょこっと出てくるけど、基本的にはこれだけで読める。

そして、今までの2作がすごい怖かった印象だったんだけど、
今回の作品は、そんなに怖い話じゃなくて、自分好みだったな。
まぁ、殺し屋っていう時点で怖いんだけどさ。
今回の主人公は、殺し屋なんだけど、
妻も息子もいて(家族は殺し屋ってことは知らないけど)、
文具メーカーに勤めているっていう、ちょっと今までとは違う感じで、
もちろん殺人は起きるんだけども、
息子の三者面談のために殺しの仕事を早く終わらせようとしたり、
スズメバチを退治するのに人を殺すより慎重になったり、
ボルダリングジムや仕事の付き合いで友達ができたり、
殺し屋の日常みたいな話が面白かった。

そんな中でも後半はちょっとやりきれない出来事も起こるけど、
最後はなんだかスカッとする終わり方で良かった。

前の2作も読み返したい気がするけど、怖いからどうしようかな~。



ONE PIECE スクラッチ(2020年03月12日 木曜日 20時24分)

今年に入ってから1枚も当たらなかったので
もう買わない宣言をしたスクラッチ。
今頃になって、5枚買うと缶バッジがもらえるとか
キャンペーン始まったりするから、買っちゃうよね・・・。

DSC09123.jpg

ということで、5枚×2種類買って缶バッジを2個もらった。

DSC09125.jpg

まずはガープ。
ガープなんて、缶バッジなければスルーするやつだな。

DSC09127.jpg

とか思っていたら、1200円当たった。
あれ、今年に入ってから当たったやん。

DSC09126.jpg

次はルフィ。あ、削る前の写真撮るの忘れた。
そして300円しか当たらんかった・・・。

DSC09128.jpg

そして缶バッジはルフィと、帽子のとこのやつだった。
ルフィはもともとほしかったやつで、もう1個は3兄弟が欲しかったけど、
これもなかなか良いな。

結局、2500円でスクラッチ買って1500円当たったから
1個500円の缶バッジを買ったと思えばまぁ普通か?



映画『星屑の町』(2020年03月09日 月曜日 18時21分)

採点:☆☆★★★
 
のんちゃんが歌ってるポスターが可愛かったので
観てきたんだけど、う~ん?
いつの時代の話なんだ?って感じだったし、
結局なんなんだろうっていう話だった。
 
ここからはネタバレ。
 
売れない歌謡グループのお話で、全体的な雰囲気も昭和な感じで、
出てくる曲も、1曲しか知ってる曲はなかったけど
昭和な曲ばかりだったので、
てっきり昭和の時代のお話だと思って観ていたんだけど、
途中でケータイ出てくるし、アラフォーとか言ってるし、
え、これってここ10年くらいの話なの?
今の時代で、おじさんたちの歌謡グループに入りたい
若い子の話って、ある?
ハローナイツにお父さんがいるかもしれないから入りたかったけど、
もう過去を振り返らないって決めたからグループ脱退して
ラストで新しいグループに入ったってのはわかったんだけど、
そのグループも、今の感じの人たちっぽくはないよね。
何設定?架空の時代設定?
なんか、昭和の話ならこの雰囲気も、
半ばノリっぽい感じで女の子がボーカルに入っちゃうのも
まぁありかな、とは思うんだけど、現代の話ならば無いなぁ・・・。
 
ハローナイツもいい加減なグループだなぁと思った。
ボーカルが抜けて解散寸前までいって、
でも、あいちゃん入れてブレイクして、
かと思えば、あいちゃん脱退したらボーカル普通に戻ってくるし。
そんな感じでいいんだ。
 
のんちゃん観たくて行ったけど、まんま『あまちゃん』だった。
なまりもそうだし、ずけずけとものを言う感じもそうだし、
東京で歌手になるのもそうだし。
そして、歌は上手かったんだけど、後付け感がすごくて、
浮いている感じがした。
生歌の方が良かったんじゃないかな。
 
ということでちょっと、自分には合わなかった。



ホーム


カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー

最新コメント