勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









畠中恵「こいしり」(2011年12月22日 木曜日 20時00分)

畠中恵さんの「まんまこと」シリーズ第2弾、「こいしり」。

こいしり (文春文庫)

新品価格
¥580から
(2011/12/21 22:28時点)



お気楽町名主の麻之助が、今回も、お気楽に事件を解決。
でも、お気楽な中にも、せつない恋物語もあって、ますます今後の展開が楽しみになる。

以下、ちょっとずつ1話ごとの感想。
ネタバレ注意。

こいしり

ついに祝言を挙げることになった麻之助とお寿ずだったんだけど、
源兵衛が祝言前に突然倒れ、死ぬ前に最後の頼みごと。
真面目な源兵衛でも、忘れられない恋のひとつやふたつあったようで。
初っ端から、今後の展開が気になる物語。
独り身になったお由有と、夫婦になった麻之助、これからどうなるのか。

みけとらふに

悪いうわさのせいで、生まれた子猫の貰い手がなくなり、
うわさの元をたどることになった麻之助。
うわさって、ほんの些細なことが、いろんな尾ひれがついて大きなことになるよね。

百物語の後

百物語をした際に盗まれたものを取り返すために、乗り出した麻之助たち3人、
ということになっているけれど・・・?
これは最後、ぞっとするね。
吉五郎が見たものは・・・?

清十郎の問い

同じお守りをなくしたという2人。
しかし見つかったお守りはひとつ。
さて、本当の持ち主はどちらなのか。
これは、タイトルにもある、最後の「清十郎の問い」が全てやね。
さて、麻之助の答えは・・・?

今日の先

残りの命が短いので、最期に遊び倒したいという大岩屋さんの頼みを聞いて、
大いに遊びたおすことになった麻之助。
でも、そんなうまい話はあるわけもなく・・・。
人の思いはいろいろ複雑。

せなかあわせ

お寿ずから突然三行半を突きつけられてしまった麻之助。
その原因は1通の恋文。
この話だけ見ていると、麻之助とお寿ず、いい夫婦に見えるけど、
でも麻之助の想いは・・・?
どうにも煮え切らない気になるところで次シリーズ待ちだ~。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー

最新コメント