勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









伊坂幸太郎「モダンタイムス」(2012年03月15日 木曜日 21時20分)

伊坂幸太郎さんの文庫新刊「モダンタイムス」。
読みたい文庫が一気に出るから、読むのが遅くなってしまった。

モダンタイムス(上) (講談社文庫)

新品価格
¥350から
(2012/3/15 21:08時点)



モダンタイムス(下) (講談社文庫)

新品価格
¥690から
(2012/3/15 21:08時点)



今回の小説は、「魔王」のその後の世界ってことだったんだけど、
「魔王」ってどんなんやったっけって思って感想読もうとしたら、感想書いてなかったよ・・・。

まぁでも、「魔王」を読んでいなくても、これだけで楽しめる作品。
読んでいくうちに、なんとなく、あ~この人「魔王」に出てたなぁって思いだしたけど。

上・下巻の長編で、雰囲気としては、「ゴールデンスランバー」に近いのかな。
何って明確にはないんだけど、大きな何かと戦っている感じ。
まぁとにかく、最初から拷問から始まったりするから、最後まで読んでて怖かったよ・・・。
あと、字が違うとはいえ、小説家の「井坂好太郎」が出てくるのはどうなんだ・・・。

でも実際、こういうことってあるのかもな、とは思う。
こういう怖いことがっていうことじゃなくて、報道されたことを鵜呑みにしちゃうようなこととか。
そこに対して疑問を抱いても、実はこうなんだって言われたらそれで満足しちゃって、
本当は裏の裏があることに気づかないとか。
結局、何が真実かって誰にもわからないのかも知れない。

最初から最後まで怖かったんだけど、最後、ちょっとネタバレにならないように言うと、
こうあってほしいな、って思ってた人がそうなってたことは嬉しかったかな。

それにしても伊坂さんの小説は、長くても一気に読んじゃうね。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー

最新コメント