勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









上橋菜穂子「夢の守り人」(2012年05月30日 水曜日 22時55分)

上橋菜穂子さんの守り人シリーズ読み返し中3作目。
「夢の守り人」。

夢の守り人 (新潮文庫)

新品価格
¥620から
(2012/5/30 22:46時点)



2回目だからかもしれないけど、結構はやいペースで読んでいるような気がする。
本作は、バルサが新ヨゴに帰ってきたとこから始まる物語なんだけど、
タンダやシュガが前面に出だした話でもあるね。
タンダやシュガ好きになってきたのはこの辺からだったかな?

夢を糧に咲く花をめぐる物語だけど、トロガイの意外な過去なんかも明らかにされて、新鮮。
そしてなんといっても、あんまり書くとネタバレになってしまうけど、
花にとらわれたタンダの話を通じて、
バルサがタンダを想う気持ちがすごく伝わってくるのも新鮮。

木霊の想い人の歌声も、どんなのか聴いてみたい。
でも、夢にとらわれてしまわないように気をつけなくちゃ。
つらいこと、悲しいことがあったときに、現実逃避したくもなるけど、
でも心地よい夢にとらわれてしまわないで、現実を生きなきゃダメだなぁ、と思った。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー

最新コメント