勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









上橋菜穂子「虚空の旅人」(2012年07月13日 金曜日 20時00分)

上橋菜穂子さんの守り人シリーズ読み返し中4作目。
「虚空の旅人」。

虚空の旅人 (新潮文庫)

新品価格
¥662から
(2012/7/8 21:47時点)



この話は、ここまでの3作とは違って、バルサは出てこなくて、
チャグムが主人公の話なんだけど、
守り人シリーズの中では、最終回につながっていく重要な話。

舞台はサンガル王国なんだけど、タルシュ帝国やロタ王国など、
これから先重要になってくる、周りの国々の関係がわかってくる。

チャグムが、こんな風に皇太子としての顔を見せるのか、というのもとても興味深いし、
タルサンという、年も同じながら自分とは全く違うタイプの王家の者に出会い、
チャグムがまた変わっていくのも興味深いと思った。

国内で起こった陰謀、国外からの侵略、
いろんなものが複雑に絡み合っているけれど、すごくわかりやすくて
最後まで一気に読めた。
1回目読んだときは、そこまでちゃんとわかってなかった気がするんだけど、
読み進めるといろいろと思い出してくるからよくわかるね。

でもこの後の話がどうなってたか忘れてしまったので、
スリナァの家族のその後が気になる・・・。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー

最新コメント