勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









上橋菜穂子「蒼路の旅人」(2012年08月12日 日曜日 22時25分)

上橋菜穂子さんの守り人シリーズ読み返し中7作目。
「蒼路の旅人」。

蒼路の旅人 (新潮文庫)

新品価格
¥620から
(2012/8/12 22:14時点)



この話は、「虚空の旅人」と同様、バルサが出てこなくてチャグムの話なんだけど、
これだけでひとつの話というよりは、
クライマックスである「天と地の守り人」へつなげていくための話という感じがする。
今までのシリーズと比べて、盛り上がり部分は少ないかな。
でも、チャグムの運命を変える重要な話。

大海原へと旅立つことになってしまったチャグムが、
捕虜になり、タルシュ帝国でラウル王子と出会い、
そして最終的に、国民を守るため、孤独な戦いに出る。
シリーズ1作目のチャグムは、帝になりたくないただの子供だったのに、
こんなにも成長したのか、と驚いてしまう。

タルシュ帝国の強さは圧倒的で、国と国とのつながりもどんどん複雑になっていくけど、
そこに立ち向かっていくチャグムの姿がかっこいいし、
普通だったらそれは無理だろ、って思っちゃうことも、
チャグムはやっぱり特別な存在だからきっと大丈夫なんだろうな、って思えるね。

そしていよいよ次はラストの3部作だ。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー

最新コメント