勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









上橋菜穂子「獣の奏者」(2013年01月07日 月曜日 20時00分)

守り人シリーズの上橋菜穂子さん作、「獣の奏者」。

獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)

新品価格
¥660から
(2013/1/6 21:08時点)


獣の奏者 2王獣編 (講談社文庫)

新品価格
¥730から
(2013/1/6 21:09時点)


獣の奏者 3探求編 (講談社文庫)

新品価格
¥790から
(2013/1/6 21:10時点)


獣の奏者 4完結編 (講談社文庫)

新品価格
¥760から
(2013/1/6 21:10時点)



全4巻で、一応、1巻と2巻で完結したのちに、
その後の物語として、3巻と4巻が書かれてるんだけど、
自分としては、4巻分を一気に読んだということもあり、
4巻でひとつの完結かな、と思っている。

物語は、最初の2巻は、闘蛇と王獣、2種の獣と、主人公エリンとの関わりを描いていて、
後の2巻は、その獣たちが政治的なところまで関わってきて、
そしてその果てに何が起こるのか、ということが描かれている。
最初の方は、ハイジみたいな感じの、のどかな物語でもあるんだけど、
物語が進むにつれ、エリンはどんどんいろんなものの渦に飲み込まれていき、
ハラハラドキドキしながら読んだ。
特に、闘蛇と王獣が活躍(?)する場面では、ちょっと想像して怖くなるような
部分もあったんだけど、最後まで一気に読める。
自分的にちょっと嬉しかったのが、3巻から描かれるその後の世界で、
エリンが、この人と結ばれてたらいいなと思っていた人と結ばれていたことで、
(あ、これネタバレかも)
でも2人だからこその苦悩があり、そしてせつないラストまで一気に駆け抜けていく。

これ、アニメにもなってたみたいで、アニメのサイト見たんだけど、
やっぱり、闘蛇と王獣のリアルな絵とかを見せられちゃうと、
自分が想像してるのとちょっと違うな、って思っちゃうね。
ちょっと気になるけど。見てみたい気もするけど。

まだ文庫本になってないけど、外伝もあるみたいで、
たぶんこれは、2巻と3巻の間の2人のことが描かれているんだろうな、と予想。
早く文庫にならないかな。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー

最新コメント