勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









仁木英之「時輪の轍 千里伝」(2013年03月28日 木曜日 21時03分)

仁木英之さんの「千里伝」シリーズ第2弾、「時輪の轍」。
ずーっと前に買って1回読んで(発売日去年の7月だ・・・)、
感想書こうと思っているうちに時間が経ってしまったので、最近もう1回読み直した。
今度は忘れないうちに感想。

時輪の轍 千里伝 (講談社文庫)

新品価格
¥660から
(2013/3/28 20:57時点)



前作「千里伝」でわがままっぷりを発揮していた千里が、
なんともすごい変わりっぷり。
千里も成長したな~と思いきや、その原因は、恋!
しかも相手は普通の人じゃないっていう、これまた何とも面白い展開。

2回目読んでもちょっとわかりにくいなぁって思うところもあったんだけど、
みんなの活躍っぷりや、僕僕先生みたいな萌えキャラ空翼の可愛さに、
最後まで一気に読める。
それと今回これ読んで、自分は絶海が一番好きだな~と思った。
今回、絶海の微妙な心の揺れ具合も描かれていて面白い。

今回もまた、まだまだ続くぞ~って感じの終わり方だったので、
続きが楽しみ。
そしてこれ読んだら、「千里伝」もまた読み直したくなったので、今読み返し中。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー

最新コメント