勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









「泣くな、はらちゃん」最終回(2013年04月07日 日曜日 14時40分)

1~3月期のドラマで唯一見てた「泣くな、はらちゃん」。
いろいろ忙しくて最終回がなかなか見られないままだったんだけど、やっと見た。
唯一見てたドラマだったけど、抜群に面白かった。

最初は、映画ではよく見る麻生久美子さんが、連ドラに出るのが珍しい気がしたので、
ちょっと興味があって見てみたくらいで、
話の内容もまったく知らずに見たんだけど、面白かった。

長瀬智也さん演じるはらちゃんが、麻生さん演じる越前さんが描く漫画の中から
出てきてしまう、という話なんだけど、
漫画の中から出てきたはらちゃんと、わけもわからず出会うところから始まって、
はらちゃんが漫画の中の人だとわかってからの新展開、
最後は、はらちゃんたちがこっちの世界で暮らすことを決意したり、
逆に越前さんが漫画の世界に行ってしまったりと、
広がりがあって楽しかった。
岡田惠和さんのオリジナル脚本ということで、
小説や漫画が原作ではなくても、面白いドラマが作れるんだなぁってとこにも
好感が持てた。

登場人物やキャストも良かったし。
主演の麻生久美子さん、長瀬智也さんも良かったし、
薬師丸ひろ子さんいいなぁ。
忽那汐里ちゃんも、ひねくれキャラなのにやたらと可愛くて良かった。

小説とか漫画とか読んでると、自分がこの物語の世界の人物だったら、とか、
このキャラクターが自分の世界に来たら、とか、考えることってあるんだよね。
このドラマは、そういう自分の想いに答えてくれたようで、ちょっと嬉しかった。
なんかもしかしたら自分の周りに、漫画世界の人いるんじゃないの?とか思っちゃった。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー

最新コメント