勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









伊坂幸太郎「バイバイ、ブラックバード」(2013年05月07日 火曜日 21時47分)

3月くらいに文庫化された伊坂幸太郎さんの「バイバイ、ブラックバード」。

バイバイ、ブラックバード (双葉文庫)

新品価格
¥680から
(2013/5/7 21:34時点)



伊坂さんの新作読むの結構久しぶりなような・・・。
簡単にいうと、5人の女の人とお付き合いしていた主人公・星野一彦が、
ある事情から、1人ずつ、女の人たちに別れを告げていく、という話で、
連作短編になっているんだけど、ひとつひとつの話がすごく面白くて、
この話の行く末を考えるとたぶん怖い話とも取れるんだけど、
ラストまでほんわかあったかい気持ちで読めた。

5人の女の人とお付き合いしている主人公なんだけど、
女好きとか、女の人たちをいいようにあしらっている、というわけではなくて、
どの人も好きで、どの人とも真剣に恋をしている、どの1人も選べない、という人で、
だから、なんか、何となく憎めないところがある。

1人1人との別れの物語も、なんか最後にほんわかとあったかくなる話ばかりで、
ひとつひとつの話は短いけど、伊坂さんらしく、伏線がうまく張られていて、
特に、4人目と5人目の話のラストは好きだった。

そして、この話全体に関わってくる繭美という人物が面白い。
最初は、この星の生き物とは思えない、というほどのすごい外見と性格の女の人で、
(女の人と言っていいものかも怪しい)
何だこの人、って思うんだけど、
読んでいくうちに、なんだか愛らしくなってくる。
ラストは繭美の物語にもなっていて、なんか、よくわかんない人だけど、
すごくまっすぐな人なんだろうな、って感じがした。

すごく面白かったので、中村監督映画化してくれないかな~。
でも繭美をやれる女優さんなんていなさそう・・・。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー

最新コメント