勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









伊坂幸太郎「マリアビートル」(2013年11月01日 金曜日 21時39分)

9月くらいに文庫本になった、伊坂幸太郎さんの「マリアビートル」。

マリアビートル (角川文庫)

新品価格
¥780から
(2013/11/1 21:31時点)



一応、「グラスホッパー」の続編、ということらしいんだけど、
話自体は独立してるので、これだけで読める。
読みながら、あ~なんかこんな人「グラスホッパー」に出てきたような気がするなぁと
思う人もいたけど、読んだのがだいぶ前なので、話はぜんぜん覚えてなかった。
なんか怖かった印象はあったけど。

で、今回の「マリアビートル」。
これまたこえ~っ。
話としては、新幹線の中で起こった出来事を書いているだけなんだけど、
新幹線の中に殺し屋多すぎっ。死体多すぎっ。
いろんな会話を読んでるだけでも、想像して怖くなるようなことばっかり言うから、
とにかく怖すぎだ~っ。

でも、本としては結構分厚いんだけど、
1章ずつが、それぞれの登場人物の目線で書かれているから読みやすいし、
とにかく続きが気になったので、一気に読んだ。
それぞれの人がだんだん絡むようになっていって、面白くなっていくんだけど、
でも怖いんだってば。
最後は一応、ハッピーエンドなのか?これ。
中学生がどうなったかが一番気になるんだけどっ。
あ、これネタバレかも。
まぁホントに、怖かった。でも面白かった。

これ読んだら、「グラスホッパー」もまた読みたくなってきたな~。
でも「グラスホッパー」も怖いよな~。
ってか、まずパソコン前にどんどん溜まっていってる文庫本たちを
ぜんぶ読み終わってからだな。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー

最新コメント