勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









上橋菜穂子「獣の奏者 外伝 刹那」(2013年11月19日 火曜日 21時07分)

上橋菜穂子さん「獣の奏者」の外伝「刹那」。

獣の奏者 外伝 刹那 (講談社文庫)

新品価格
¥725から
(2013/11/19 20:54時点)




本編読んだ時から、文庫本になるのめっちゃ楽しみにしてた1冊。
だって、タイトルからして、絶対エリンとイアルの恋物語じゃないか~。
本編ではエリンとイアルが夫婦になっていて子供もいて、
そういう家族があっての、王獣たちとの関わりが描かれていたけど、
エリンとイアルがそこに至るまでにどんなことがあったのだろう、ってのも
すごく気になっていたので、
こうして外伝で読めて嬉しかった。

物語は、エリンの母の想いを綴った「綿毛」、
エリンとイアルの出会いと、エリンの出産が交互に描かれる「刹那」、
エサルの恋と教導師になるまでを綴った「秘め事」、
2才になったジェシとエリンの想いを描いた「初めての・・・」の短編4作。
どれも、女の人の強さとかはかなさ、あたたかさを感じる物語だった。
いろいろな運命を背負いながらも、人を愛する心、
こういう身を焦がすような恋をしてみたいわ、とか思ったりして。
「刹那」は、イアル目線で描かれているのも面白かった。
なんていうか、本編でも多くを語らない人だったので、
この物語でより人間味を感じたような気がした。

これで「獣の奏者」シリーズはホントに完結だね。
なんか寂しい気もするわ・・・。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー

最新コメント