勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









彩花みん「赤ずきんチャチャN①」(2013年12月04日 水曜日 20時00分)

なんと13年ぶりの新刊だそうで。
紅白の出場歌手を調べようと思ってyahoo!ニュース見てたら
なぜかたまたま見つけた「赤ずきんチャチャ」新刊。

赤ずきんチャチャN 1 (マーガレットコミックス)

中古価格
¥970から
(2013/12/1 22:26時点)



懐かしや。
「赤ずきんチャチャ」、確か中学(?)の時に、
香取慎吾くんが声優をやっているというのを知ってアニメを見始めて、
その後コミックスも買い始めて、アニメが終わってからもずっと買ってて
結局最終巻までぜんぶ揃ってたり・・・。

リーヤが途中から「~なのだ」という口調に突然変わったり、
チャチャたちがどんどん幼児化していったり、
うらら学園卒業してから何かおかしな方向に話が進んでったりしてたんだけど、
なんかなんとなく好きで読んでたなぁ。

それがいつの間にか「赤ずきんチャチャN」としてまた連載されてたらしい。
Nってなんだろ。
懐かしかったので思わず買っちゃったよ。
13年ぶりだから、もっとどーんと目立つところに売ってるかと思ったら、
他の漫画に紛れてこそっと置いてあって探すのに苦労したよ・・・。

チャチャたちが界外(かいがい=魔法界外)である東京に来ちゃって
帰れなくなった、という設定で、一応東京が舞台なんだけど、
ぶっちゃけ東京ほぼ関係ない。
一応魔法の国に帰ることが目標でいろいろやってはいるけど、
懐かしい面々がなぜかみんな東京に来てるので、話自体も前とほとんど変わらない。
ゆる~く話が展開していって、たまにツボに入って笑える。
なんていうか、新しいなぁって感じはまったくせず、
懐かしいなぁと思いながら読める感じ。
絵の雰囲気も13年前と全く変わらないからね、そこは違和感なく楽しめた。
しかし1点どうしても気になることが・・・。
リーヤの口調だけは治っててほしかったっ!!!
いまだに慣れないなぁ「~なのだ」口調・・・。

1巻読んだ感じからして、
たぶんそんなに長くは続かないんじゃないかなという気はするけど、
懐かしいので次出たらまた買おう。
少女マンガって読んでるとむずがゆくなるからあんまり読まないんだけど、
こういうのなら読めるし。
なんか昔のやつまた読み返したくなってきたなぁ。







感想ありがとぉ♪(2013年12月05日 木曜日 08時46分)
投稿者:まぃっくま(URL)

東京が舞台っていうからどんな感じなのだろうかと思ったけどあまり雰囲気が変わってないっぽくてなんか安心した☆

そしてたまにツボる笑いがちゃんとあるのも変わってなくて良かった♪

私はしいねちゃんを溺愛するパパや病弱なしいねちゃんの白目むいてびくびくするしいねちゃんがツボ(笑)

あとポピイくんを暗殺しようとしたおじいちゃん、おばあちゃんの話が好き(笑)

私も読みたくなってきたなぁー♪
仕事や時間に余裕ができた頃にでも漫喫いこぉかなー☆
その頃にはこのNもあるかもしれないし☆




(2013年12月08日 日曜日 12時29分)
投稿者:cherry(URL)

くまちゃん→うん、東京らしいの出てきたの最初くらい^^。
白目びくびくしいねちゃんいいね。
ポピィくんの話も、私も好き~。
今日家でごろごろだから読もうかな^^。
いろいろやらなきゃいけないことはあるんだけど^^;。



古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー

最新コメント