勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









「ルパン三世 VS 名探偵コナン THE MOVIE」&「もらとりあむタマ子」(2013年12月08日 日曜日 20時00分)

土曜日に見た映画。

ルパン三世 VS 名探偵コナン THE MOVIE

採点:☆☆☆☆★

映画館に行ったら、普通にコナンくんがロビーにいてちょっとびっくりした。
しかも、わいわい人だかりができているわけでもなく、
どっちかっていうとみんな、あんまり気にしないようにしてる感じ?
今回ルパンとのコラボということもあってか、
ちっちゃい子供が意外と少なかったし(109シネマズの方に行ってたのかも)、
隣の『清州会議』見るために待ってたちょっと年配の人も結構多かったから、
普通にコナンファンの大人は近づき辛かったと思われる。
そんな私も、こっそりコナンくんの写真を撮ろうとしたら、
コナンくんに気付かれてちゃっかりポーズ取ってくれた。
(でもガラケーしか持ってなかったから画像粗い・・・)

SN3V0041.jpg

さて、『ルパン三世 VS 名探偵コナン』。
以前テレビで放送されたスペシャルが、思いのほか出来が良くて、
面白くてDVDも買っちゃったので、
4月のコナンの映画の最後で予告をやった時に、めっちゃテンション上がって、
DVDも見直して楽しみにしてた。

ただまぁ、ちょっと気になってたこともあって。
テレビスペシャルがすごく自分的に好きだったので、
映画版でこれ以上面白いのはできないんじゃないか、と思ったのがひとつ。
11月にやったルパンの新作が、あんまり面白くなかったので、
今回はどうなのかな、と思ったのがひとつ。
それと、予告見てたら怪盗キッドが出てきたので、
ルパン出るのにキッドまで出してどうすんだよ、と思ったのがひとつ。

そんな感じで、期待半分、心配半分だったんだけど、面白かった~。
ルパンとコナンの両方の良さがちゃんと出てると思った。
ルパンも好き、コナンも好きな自分としては、とても贅沢な時間だった。

ここからはネタバレ。

最初のキッドはルパンの変装だったので、
くすぐり的な感じで、本編に関わってくることもなく、
(いちばん最後に美味しいところ持っていったが)
ルパンとコナンの対決として楽しめた。
最初の人物紹介をお互いがやったのも面白かったし、
コナンと次元のやりとり、コナンとルパンのやりとりひとつひとつが楽しかった。
銭形警部と佐藤刑事&高木刑事、不二子ちゃんと哀ちゃん、
少年探偵団と五エ門の組み合わせも面白かったし、
もちろんそれぞれのアニメのキャラクター同士のやり取りも楽しかったし、
なんか、結構セリフにツボが多かったし、
どっちのアニメのキャラクターも立ってて良かったな。
(でも個人的にジョディ先生はいらんかった・・・)

ストーリーとしては、それぞれのアニメらしさ、という意味では、
コナンくんの推理や機転も冴えわたっていたし、
なんでお前ら助かってるんだよ!ってツッコみたくなるスカイツリーの救出劇も、
まぁコナンの映画らしいっていえば映画らしいし、
ルパンらしい派手なアクションシーンとか遊び心あふれるシーンもあったし、
良かったと思う。

ただ、正直、話の繋がりがわかりきらんかった・・・のは私の頭の回転が遅い?
エミリオがライブを中止するのと、取引と、どう繋がってくるの?
ライブ会場で取引するのかと思ってたら、違ったし。
そんでもってクラウディアは、何の片棒を担いだの?
目暮警部の機転で罪を免れたみたいだけど、そもそも何の罪を犯したの?
あとは、コナンくんが語ってくれた、ルパンの計画も、
半分わかったようで半分わからん・・・。
ちょっとそれは、何回か見直して考えねばだね・・・。

何はともあれ、両方のアニメらしさが出ていて楽しめた、という意味では、
映画も成功かな、と思う。

もらとりあむタマ子

採点:☆☆☆☆★

これ実はめっちゃ楽しみにしてたんだよね。
で、11月23日に公開だっていうから見に行くつもりでわくわくしてたのに、
22日に上映時刻調べようと思ったら、名古屋は30日から公開だった・・・。
で、30日に見に行こうとも思ったんだけど、1つだけ映画見に行くのも何だから、
1週間待って2つ一緒に見よう、と思って1週間延ばして、本日見てきた。
(1週間延ばしたら映画館の会員カードが11月末で期限切れてて、
 更新特典もらえんかったうえに入会金を払う羽目になったっていうオチ付き・・・)

楽しみにしてた理由は、予告見ておもしろそうだったっていうのもあるんだけど、
前田敦子さんが見たかったってのもある。
AKB48の頃は正直まったく興味がなくて、
『あしたの私のつくり方』見たときは存在すら知らんかったのでまったく記憶にないし、
『もしドラ』はテレビでやってたのをちょっと見ようとしたけど、
あまりにも演技が下手だったので5分くらいで見るのやめた・・・。
なんだけど、『幽かな彼女』見たときに、なんかすごい良かったんだよね。
なんか、やる気なさそうな不貞腐れキャラを上手に演じてたというか、似合ってた。
タマ子も予告見た感じそういうキャラクターだったから、
これは結構いいんじゃないかと、楽しみにしてた。

で、感想。
あっちゃんはすごい良かった。
ただ、物語としては、ちょっと物足りなかった。

ここからはネタバレ。

タマ子のキャラクターはすごく良かったし、わかるなぁっていう部分もあった。
何にもせずにぐうたらしてたい気持ちと、このままじゃいけないっていう気持ちが
自分の中で葛藤してて、
誰かがはっぱかけてくれればなんとかしたいと思うのに、
何も言ってくれなくて諦められてるような気がしてしまう。
だからホントはお父さんにびしっと言ってほしい。
そういうのってすごくよくわかるし、
あと、大学卒業して就職するまでの時期って、
自分は普通に就職しちゃっていいのかなっていう想いに囚われることあるよね。
なんかこう、うまい方に転がって、芸能界とか入れちゃうんじゃない?とか思ったり。
でもそういうのって人には言えないから、こっそり履歴書なんか送ってみたり。
わかるなぁ、そういうの。

タマ子と周りの人たちのやり取りも良かった。
お父さんとのやり取りはもちろんだけど、
中学生の男の子とつるんで「あの人友達いないから」とか言われてたり、
お父さんの再婚相手になるかも知れない人に会って、
散々反対するようなことを言っておきながら相手が離れると不安になったり。
なんかこう、普通の会話なのにおかしみがあって良かった。

ここまで、いい感想を書いてる。
面白かったからね。
うん、そうなんだけど・・・。
なんか、面白かったからこそ、あれ、こんなもんで終わっちゃうのか、って気がした。
なんか、もうちょっとほしかったな、もうちょっと見たいな、って
思ってるうちに終わっちゃった気がする。
だからちょっと物足りなかったな。
楽しみにしてたぶん、余計ってのもあるかも。
あと、エンドロールのマジ寝シーンはなんだろう。サービスショット?

ということで、まぁちょっと物足りなかったんだけど、
あっちゃんのいい演技を見られたのは良かった。
これからもっと磨きをかけていってほしいね。
機会があれば、やる気なし不貞腐れキャラ以外のいい演技も見てみたい。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー

最新コメント