勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









「ジャッジ!」&「麦子さんと」(2014年01月11日 土曜日 18時47分)

今年最初の映画鑑賞。
どっちも良かった!

ジャッジ!

採点:☆☆☆☆☆

今年最初の映画鑑賞なので甘めかもだけど、面白かったので星5つ。
幸先いいスタートだ。

予告見た段階では面白そうだなって思ってたんだけど、
最近なんだかいっぱい宣伝されてて、
私ってあんまり宣伝されると逆に冷めるタイプなんだよね・・・。
(CMの物語なのにそれもどうなんだ)
なので、ちょっと冷めかけてたけど、でも見てみたら面白かった。

ここからはネタバレ。

喜一郎が広告祭の審査員になってひかりと一緒にサンタモニカに行くまでの流れは
ちょっと強引だなとは思ったけど、行ったあとからは面白かった。
あの手この手でみんなが自社の作品の評価を上げようとするハチャメチャな様子や、
その中でも、仕事はできないのに自分の信念は貫こうとする喜一郎の姿が
みんなの心をを変えていくところとか、
なんかちょっと、全体的にはコメディで笑えるんだけど、
芯にちょっとじーんとするとこもあって良かった。
実際、あのトヨタのCMも好きだな~。
(って思ったら、2006年にいろんな賞を取ったCMだそうで)
エースコックのきつねうどんもちょっと食べたくなったし。
あ~、CM効果ありですな、この映画。
靴のCMは実際あったものなのかな。
「逆風は振り返れば追い風」って、いいよね。

あとは、全体的に、伏線っていうほどの伏線はなくて、
あれがこうなったのかぁ!っていう驚きよりは、
これが後から出てくるんだろうなって思ってたものが
そのまんま出てきた感じだったけど、でも面白かったな。

キャストもすごいはまってたと思う。
妻夫木聡くんの、ダメなのになんかかまってあげたくなるキャラ、似合ってる。
のび太くんキャラだなって思ったけど、そうか、だからトヨタか(今更)。
北川景子ちゃんのツンツンしたキャラもすごい似合ってる。
ツンツンしてるけど嫌味がなくて、
なんだかんだで喜一郎を助けちゃうところはなんか可愛い。

今年最初なので、というわけでもないけど、景気よく褒めちぎってみた。
あ~なんか、ちくわも食べたくなってきた。

麦子さんと

採点:☆☆☆☆★

吉田恵輔監督の、『純喫茶磯辺』『さんかく』が好きで、
去年も『ばしゃ馬さんとビッグマウス』見るの楽しみにしてたのに、
まさかの自分の行動範囲圏内で上映されないというハプニング(?)。
なので、この『麦子さんと』もすごく楽しみにしていた。
人の死がかかわる物語ってちょっとせつなくなるけど、
でもあったかい物語で良かった。

ここからはネタバレ。

顔も覚えていなかった母親の故郷をたどることで、
自分の知らなかった母親が見えてきて、そして自分自身も少し変わることができる、
そんな些細な物語だけど、なんか、見終わった後、ほっとあったかい気持ちになった。
『赤いスイートピー』に合わせたラストシーンで、
麦子がここに来たことの意味が一気に溢れてきた気がした。
エンドロール後の、直した時計もなんだか良かった。

自分は、ずっと両親と一緒にいるから、こういう風に、
顔も知らなかった親が突然訪ねてきたり、突然亡くなったり、
っていうときの心情はわからないけれど、
でも、会いたいと思った時に、その人とはもう永遠の別れをしてしまっている、
という体験は、これまでの人生に何度もあったので、
麦子が、本当は母親にずっと会いたいと思っていたって気づくところでは、
でももう会えないんだっていう想いが伝わってきて、せつなくなった。

でも、母親を知る、故郷のあったかい人たちに触れて、
麦子はホントにいい体験をしたんだなぁ、って、ラストで思った。
堀北真希ちゃんの素朴な感じも良かったな。
回想シーンで、『赤いスイートピー』歌うかとちょっと期待したけど。

せつなくもほんわかとあったかくなれる映画で、良かった。
吉田監督、もう次の映画の公開も控えてるんだね。
公開されたら見に行こう。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー

最新コメント