勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









「万能鑑定士Q モナ・リザの瞳」&「女子ーズ」(2014年06月07日 土曜日 19時58分)

怒涛の映画ラッシュが始まったよ~。
6月は毎週映画だな。

万能鑑定士Q モナ・リザの瞳

採点:☆☆☆☆★

めちゃめちゃ驚きはなかったんだけど、
二転三転する物語でなかなか面白かった。
ただ、思ったより、万能鑑定士らしき働きはなかったかな~。

ここからはネタバレ。

予告でやたらと、
「モナ・リザの瞳の中の文字を見ると鑑定能力がなくなる」と強調されていたし、
タイトルも「モナ・リザの瞳」だから、
いったいどんな秘密があるんだろう、って思っていたら、
想像していたよりも小規模な話だったかな、という気はした。

それと、最初の方で、莉子が見事な鑑定というか、推理(?)を披露していた割には、
最初のモナ・リザを見分ける試験で、本物を見分けた理由は「なんとなく」だし、
合宿での訓練もただの直感だし(まぁこれは莉子を学芸員から降ろすための罠だけど)、
小笠原を見つける場面もこれって鑑定?って感じだったし、
ん~、なんか、自分の持ってる鑑定士のイメージが
「なんでも鑑定団」みたいなやつだからってのもあるかもだけど、
ちょっと自分が思ってたのと違ったかも。

あとは、あの合宿が嘘だったなら本物の合宿は参加しなくて良かったのかとか、
学芸員になったからってあんな簡単に絵を盗み出せるかよ、とか、
モナ・リザの裏側を書いた記事がホントに偽物だったのかとか、
いろいろツッコミどころはあったなぁ。

あれ、ここまでいいこと書いてないな・・・。

まぁ、ツッコミどころはともかく、
だんだん心を開いてくれてたと思っていた美沙が実は莉子をだましてたとか、
本物のモナ・リザが燃やされたかと思いきや実はそれも嘘だったとか、
物語的には面白かったかな。

綾瀬はるかさんは、あんまりしっかりしたイメージがないので、
万能鑑定士?って思ったけど、
莉子の過去とか、フランス語を感情で覚えるところとかを見てたら、
なんとなく納得。
松坂桃李くんは、なんか自分、あんまりかっこいいと思わなくて(すいません)、
CMとかでイケメンっぽい雰囲気を出されるとちょっと気持ち悪いなって
思っていたんだけど(すいません)、
こういうちょっと情けない感じの役は似合ってると思った。

それにしても、こういう映画見ると、
本物のモナ・リザってホントに存在してるのかな、って思っちゃうね。
あと、莉子の記憶力、私もほしいわ~。
感情と結び付けて覚えるって、どうやればいいんだろ・・・。

最後にひとつ。
小笠原がラストシーンで「Qの意味って何?」って聞いたときに、
オバQが浮かんだ私はどうなんだ・・・。

女子ーズ

採点:☆☆☆★★

「コドモ警察」や「変態仮面」の監督の作品ということだったので、
そんなに期待して見るもんでもないなと思っていて、
軽い気持ちで見に行ったんだけど、
まぁ公開初日だからってのもあるだろうけど意外とお客さんが多かった。

「コドモ警察」のノリも「変態仮面」のノリもわりと嫌いじゃなかった私だけど、
「女子ーズ」のノリも嫌いじゃなかった、というか、結構好きだった。
ただ、まぁこの映画にストーリーを求めるもんじゃないとは思うんだけど、
どうしても腑に落ちないとこがあったのでこの評価で。

ここからはネタバレ。

名前に色が入ってるというだけで選ばれたヒロインたちが、
地球の平和のために戦うんだけど、自己都合でなかなか全員揃わないとか、
敵を差し置いて電話したりファブリーズ買いに行ったり、
最終的に仲間を呼びに行くために待っててもらったりする展開面白かったし、
女子たちの会話とか、間とかも面白かった。
自分的にいちばんツボは「チャン・グンソクに似てる時点でイケメンじゃない」。
敵とかロボットとか、映画自体の安っぽい雰囲気も結構好きだし。

ちょっとチャールズのくだり長すぎって思ったけど。
前も書いたかもだけど、佐藤二朗さんのあのノリがどうも好きになれない・・・。
あの場面長くするなら、もっと女子たちの場面を増やしてほしかったな。

まぁ、それはともかく、ホントに、自分的に、
別にわははって笑うわけではないんだけど、好きなノリで、
良かったんだけど、だけどなぁ・・・。
やっぱりどうしても腑に落ちない。
レッドが休んだ時のみんなの態度。
なんでレッドだけ責められるわけ?
そりゃ、今までずっといたレッドが、連絡もなくケータイにも出ず休んでたら
心配になるだろうし、それで家に押しかけてあれじゃ、なんだよって思う気持ちも
わからなくもないけどさ。
お前ら今まで、まつエクで休んだり野暮用で休んだりしてたんだろ。
なのに、レッドが仕事優先させたら責めるのか。ひどすぎじゃん。
その後の謝罪もなしで、結局みんな休んでるし。
どうしてもそこがすっきりしない!
自分も結構真面目だから、やれって言われたらきっとちゃんとやるだろうし、
でもどうしても大事な用があるときはそっちを優先するかもしれないし、
レッドの気持ちがなんとなくわかるから、余計かもしれないけど、めっちゃ腹立つ。
たぶん、この展開がなければ自分的には星4つだったと思うんだ。

キャストは、5人それぞれ味があったけど、高畑充希ちゃんがいちばん良かったな。
ウメッシュのCMで歌ってるとこくらいしか見たことなかったんだけど、
この子いいなぁと思った。
桐谷美玲ちゃんも、あんまりコメディのイメージないけど、
ちょっと今までにない感じで良かったし、
有村架純ちゃんの芝居がかった演技も面白かった。
藤井美菜ちゃんは唯一知らない子だったけど、うん、まあ普通。
山本美月ちゃんはちょっと似合ってなかったな。
もともとこの子の演技あんまり好きじゃないってのもあるかもだけど、
ちょっと無理してる感じがした。

ということで、あのどうしても腑に落ちない場面がなければ・・・という感じ。
惜しいなぁ。好きなんだけどなぁ。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー

最新コメント