勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









「バブルへGO!!タイムマシンはドラム式」(2007年02月13日 火曜日 23時09分)

採点:☆☆☆☆★

なんか気になっていた映画だったので、見に行ってみた。
いかにも昭和ちっくなタイトルの映画だが、話は17年前・・・なので、平成なんだね。
っていうか、バブルってずっと、自分が生まれる前の出来事だと思っていた私・・・。
17年前ってことは、8歳やん。しっかり生まれとるやん。
とはいえ、小学校2年生か3年生の私が、日本の経済状況なんて知るはずもなく。
バブルの時代を知らない女の子が、タイムマシンでバブルの時代に行って、
バブル崩壊を防ぐ、というストーリーなのだが、
その女の子と同様、バブルの時代ってこんなんやったっけ?と驚くこと多々。
でも、一緒に行った母親も、「さすがにこんなんではなかったやろ」と言っていたけど。
所詮田舎モノの意見なので、参考になるのかはわからん・・・。
パンフレットの阿部寛さんのインタビューとか読んでると、
やっぱりこんな感じやったんかなぁ・・・とも思った。

あ、なんか、ネタバレに突入してきた気がするので、ご注意。

というわけで、バブルの時代というのを全くわからず見に行った私なのだが、
なかなか面白い映画だった。
タイムマシンで過去に行く、というと、大体が、未来を変えちゃいけないって話になるんだけど、
この映画は、未来を変えよう、って言ってホントに変えちゃうんだから、
なんか意外とありそうでなかった斬新な映画なのかも知れない。
いろいろつじつまが合わなくなるやん、とか、そんな細かいことはどうでもいいのだ。
映画なんだから、ありえないことが起こってスカッとするのが楽しい。

広末涼子さんがめちゃ可愛かった。
私よりひとつ上で子どもがいるとは到底思えん・・・。
今回も、17年前に5歳ということで、22歳の役なんだけど、全く違和感なし。
他のキャストも、17年前にタイムスリップということで、
当然17年前のその人と現在のその人の役をやるわけで、
まぁちょっと無理してる感じの人もいたけど、結構違和感なく楽しめた。
バブルの時代に自分が行ったみたいな気分になれて、
話的にはアホらしいんだけど、楽しめた。

何回も見たいかと言われると、ん~?って感じもするけど、
こういうのもありかな、と思う。
一度くらい見ておいて損はない。







(2007年02月13日 火曜日 23時55分)
投稿者:masako(URL

こんばんは。コメントありがとうございました。
何も考えずに笑って楽しめる映画でこういうのもいいですよね。つじつま合わないことは承知の上ですから。
それにしてもバブル時代の日本のはじけよう、すごかったですね。恩恵にあずかれなくて残念です。



(2007年02月14日 水曜日 06時37分)
投稿者:cherry(URL

こんにちは~。
ホントですよね。お金がじゃんじゃん貯まっちゃいそうでしたもんね~。
でも、あの時代にいたら、お金もらっても持て余すだけだったかも・・・。



(2007年02月15日 木曜日 20時26分)
投稿者:隼人(URL

こんばんは。
実はこれも気になっているんですよ。
最近は洋画よりも、邦画のほうが珍しく気になる映画が多いです。
多分DVDレンタルになりそうですけど(笑)。



(2007年02月15日 木曜日 20時44分)
投稿者:cherry(URL

レンタル開始したらぜひ見てみてください。
私は邦画ばっかり見てるので、洋画の紹介はできませんが、
私がブログに書いたのをきっかけに映画を見たいと思ってくださる方がいっぱいできたらうれしいなぁ~。



古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー

最新コメント