勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









「それいけ!アンパンマン りんごぼうやとみんなの願い」&「思い出のマーニー」(2014年07月19日 土曜日 22時55分)

それいけ!アンパンマン りんごぼうやとみんなの願い

採点:☆☆☆★★

春に高知のやなせたかし先生を偲ぶ会に行ったときに、
この映画の宣伝をしてて、
やなせ先生が最後に描かれた絵本が元になっているということだったので、
ぜひ見たいと思って見に行ってきた。

特別何が良かったということもなかったんだけど、まぁ面白かったかな。
アンパンマンは好きな映画いくつかあるけど、
それと比べると普通だったかな、と思う。

ここからはネタバレ。

映画のポスターとか見てた時に、
りんごぼうやあんまり可愛くないなと思ってたんだけど、
あれ、ああいう顔じゃなくて、マスクだったのね。
実際に動いたりしゃべったりしてるのを見ると、結構可愛かった。
しゃべったりといえば、ゲスト声優の井上真央ちゃんも、
岡田圭右さんも、なかなかはまってたと思う。
というか、りんごぼうやもマジョーラも、ちょっと声の方に顔を寄せてるのかな、
と思ったのは気のせい?
りんごぼうやがにこっと笑ったりするとことか、真央ちゃんに似てるなと思った。

ストーリーは、東北再建への思いがすごく表れてるな、というのはわかった。
りんごをよみがえらせるのは、魔法ではなくて、
丁寧に想いをこめてお世話していくことだと、
りんごぼうやが気づくところも良かった。
途中、りんごぼうやとりんごちゃんの恋物語に発展するのかと思ったけど・・・。
個人的には、しょくぱんまん様とドキンちゃん(しらどき姫)のシーンが、
やはり両者のファンとしてはツボだった。

ただ、ちょっと残念だなと思ったのは、
りんごぼうやの故郷のことと、りんごぼうやの性格があまり描かれていなかったので、
ストーリー的に、あんまり盛り上がらなかったかな、と。
りんごぼうやの故郷のりんごがぜんぶ毒りんごになってしまった、
というのも、魔法の種を探しに来た、というのも、
りんごぼうやが言葉で言っちゃってるから、
あ~そうなんですか、って感じで終わっちゃう。
そうじゃなくて、最初に映像として見せてほしかったな、と。
りんごぼうやがヒーローに憧れてるってのも、ちょっとわかりにくいと思った。

あとは、なんか、攻撃が変な方向いってないか?
ソフトアンパンチとか、りんごのパワーでハートみたいなの飛び出すとことか。
りんごになったアンパンマンたちが壁にぽよぽよぶつかりながら
攻撃するとこはちょっと笑ったけど。
あの、りんごになったみんなも、毒りんごだからだろうけど、
毛が生えててちょっと気持ち悪い・・・。
気持ち悪いといえば、ぺろりだだんだんは・・・無しじゃない・・・?

エンドロールでやなせうさぎが出てきたのは嬉しかった。
でも、これに声が入ることはもうないんだなぁって思うとちょっとせつなかった。
やなせ先生が亡くなってから初めての映画だから、
「やなせ先生ありがとう」のメッセージくらい入ってても良かったんじゃないかな、
と思った。

映画はまだこれからも毎年やるのかな?
映画館に見に行くのはこれが見納めかなって感じがするけど、
またいい作品が生まれるといいな、と思う。

思い出のマーニー

採点:☆☆☆☆☆

ちょっと絵的に微妙って思ったところがあって星4つにしようかと思ったんだけど、
みんなに見てもらいたいなと思ったので思いきって星5つ。

公開されたら見に行こうとは思っていたんだけど、
『借りぐらしのアリエッティ』と同じ監督ということを昨日知って、
アリエッティって私、ちょっとイマイチで微妙な感想書いたのに
yahoo!映画のレビューの役立ち度が360とかいってて
複雑な気持ちになってた映画だったので、
(役立ち度上がるならやっぱりいい感想書いた時の方が嬉しいよね)
あんまり期待しないでおいた方がいいのかな、と思いながら見た。

そしたらすごくいいじゃないの。
公開初日なのにガラガラだったのは、
やっぱり宮崎駿監督じゃないからなのかな、と思ったんだけど、
それだけで見ないのはもったいない、と思った。

ここからはネタバレ。

喘息の療養に来た少女・杏奈と、突如現れた謎の美少女・マーニーの物語。
あのくらいの年齢の危うい感じがすごく出てるな~。
杏奈とマーニー、それぞれ境遇は違うんだけど、2人とも孤独を抱えていて、
だからこそ、通じ合えるものがあるというか、
2人にしかわからない世界があるんだな、と思う。
2人のシーンがどれもとても素敵。
そして、久子がマーニーの人生を語った時に、
あ、マーニーって杏奈のおばあちゃんだったのか!って気づいた時、
なんともいえない幸福感というか、感動があった。
(ここでマーニーの正体わかるから、
そのあと杏奈が写真の裏を見ておばあちゃんだって気づくところは、
そんなに驚きはないよね)
杏奈はすごく大きなものに守られていたんだなぁ、と思う。
マーニーも、自分の境遇とか、子供を孤独にさせてしまったこととか、
杏奈を最後まで育てられなかったこととか、いろんな想いがあって、
杏奈にどうしても、大きな愛を伝えたかったのだろうな、と思った。

絵やキャラクターも良かったな。
何よりマーニーがすごく可愛くて、魅力的だった。
個人的に彩香も好きだな。
ただ、十一(船乗ってたおじいちゃん)のあの顔はどうなんだ・・・。
なんかあれだけ雑な気が・・・。
あと、風景とかもすごく綺麗で、
潮の満ち引きによって変わる風景や、湿っ地屋敷、
『ちかみち』って看板掲げた近道なんてすごく素敵だな~。
ひとつだけ気になったのが、引きの絵の時に、風景は綺麗なのに、
人物が雑に見えたことかな。
冒頭にちょっと絵的に微妙って思ったところがあったって書いたんだけど、
それがこれで、せっかく風景も、アップのキャラクターも素敵なのに、
細かいところが雑なのが惜しいな、と思った。

声もみんな良かったな。
杏奈役の高月彩良さんは知らないけど、杏奈に似合ってたし、
有村架純ちゃん上手だったな~。
よく聞かないと架純ちゃんってわかんなかった。
『女子ーズ』の時の感じにちょっと近いんかな。
他の人も、吉行和子さんと黒木瞳さん以外は、
誰が声やってるのかぜんぜんわかんなかったし、
わかった2人も、上手だったのであまり気にならなかった。

宮崎駿監督の引退でジブリは終わりだなって思ってる人もいるみたいだけど、
個人的には、『コクリコ坂から』とか今回の『思い出のマーニー』とか見てると
これからのジブリも楽しみだな、と思う。







(2014年07月19日 土曜日 23時34分)
投稿者:なっつん(URL)

今回もはるばる足を運んでくれてありがとう!自分ひとりだとマーニーどうしようかなぁという感じだったので、いい作品に出会えて嬉しかった〜!
アンパンマンも懐かしき気持ちに…大人になると手遊びに恥じらいが出てしまうのが悔しいな(ー ー;)





(2014年07月20日 日曜日 07時10分)
投稿者:cherry(URL)

なっつん⇒こちらこそありがと~。見に行くの迷ってたなら行って良かったよね☆
手遊びはねぇ、お客さん満員の方がやりやすいね^^。あの少なさだとちょっと^^;。
やなせ先生のパーティー行くと、いい大人ばっかりみんなで踊ってるからね^^。



古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー

最新コメント