勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









「るろうに剣心 伝説の最期編」&「舞妓はレディ」(2014年09月13日 土曜日 17時36分)

映画の不可抗力で思わずグッズを買ってしまった。

DSC04081.jpg

普段めったに映画のグッズ買わないから、レアだよ。
まぁ、キティだけど。
根付も売ってほしいんだけど。

るろうに剣心 伝説の最期編

採点:☆☆☆☆★

前回の京都編がものすごい気になる感じで終わってしまったので、
早く続きが見たくて楽しみにしてた。

京都編は、感想にも書いたと思うけど、
志々雄を倒して終わりだと思っていたので、
見てて自分的に、どこがメインだったんだろうって思いながら終わっちゃったんだけど、
今回は、というか今回こそは、志々雄を倒して終わりなんだろうっていう
明確なクライマックスがあったので、
あんまり心配せずに楽しめた。

ここからはネタバレ。

ほとんど戦いばっかりで、血もいっぱい流れたり、怖い場面があったり、
結構ハードな映画ではあったけど、
とにかくアクションがすごいなぁと思いながら見た。
役者さんの身体能力がすごすぎだ。
同じアクションでも、
やっぱり宗次郎と志々雄では戦い方というか動き方も違ったりして、
見てて飽きないなと思った。

左之助が戦うシーンやっぱり好きだな。
真剣なのにちょっとコミカルなところが。くすぐってるし。
佐渡島が一瞬で飛ばされるところとかも。
弱そうとは思ってたけどやっぱ弱かった。

あと、戦いばっかりの中でも、
剣の道だけでなく人生に通じる心に残る場面もあって良かった。
自分の命を失うことを恐れていないことが弱点だとか、
1回や2回で答えがわかるなら誰も道を間違えたりしない、と言うところとか、
うん、確かにそうだなって思った。

ちょっと残念だったのは、蒼紫って人の存在意義がイマイチわかんなかった。
突然現れて剣心の邪魔しただけだったなぁ・・・と。
志々雄のところにも突然現れて、「おまえ誰だよ」ってそりゃそうだよね。
志々雄といえば、1人相手に4人がかりで、しかも勝てないってのも、
なんか見てて笑っちゃった・・・。
みんなで邪魔しあってないかい・・・?
あそこは最後まで剣心と1対1の戦いをしてほしかったなと思った。
でも、1対1の戦いに戻ったあとの2人は良かった。
2人とも満身創痍で、人間らしい戦いだな、と思った。

あとは、今回も薫ちゃんの出番が少なかったのがちょっと寂しかったかな。
恵はすごいかっこいいこと言ってたし、
左之助も戦いで活躍してたのに、薫だけ何もしてない気が・・・。

3作通しての感想としては、
どれも、キャストもよく、アクションもかっこよくて、話も良かったと思う。
でも自分的には、あまりハードすぎるのはやっぱりちょっと苦手で、
1作目の、ちょっと間抜けな敵が出てきて
「おろ?」とか言いながら戦ってるくらいの感じがいちばん好きかな。

あとは、やっぱり3作だけでは謎のままのことも多いので、
原作かアニメ見ようかな・・・どうしようかな。

舞妓はレディ

採点:☆☆☆☆★

ハードな剣心見た後だから余計ってのもあるかもだけど、
すごいニコニコしながら見た。
いわゆる王道のシンデレラストーリーだけど、
成長していく主人公をあったかく見守る花街の人たちのような気持ちで見て、
そして見終わったあとはすごく満たされた気持ちで、
そして「ま~いこ~はレディ~♪」が頭から離れなくなる映画。

ここからはネタバレ。

まぁまずとにかく主人公が可愛い。
ホントに、田舎から出てきました~って感じの、
垢抜けないちまっとした子なんだけど、
物語が進むにつれて、どんどん素敵になっていくのね。
パンフレット読んだら順撮りしたわけではないようなんだけど、
順番に成長していっているのを見守っている感じだった。
最初はおどおどしてた主人公が、
最後には素晴らしい舞を披露して、
そして先生を騙し返すくらいのユーモアまで手に入れちゃって、
(あの場面好きだな~)
なんかホントに、良かったね~って思いながら見た。
主人公を取り巻く人たちもみんなあったかくて、
やさしい女将さんや、かっこいいけどなんかちょっと変人な先生や、
いろんな人たちが主人公を見守っている姿がとても素敵だった。

歌も良かった。
ちょっと、ここで歌入るの?って思う場面もあったことはあったんだけど、
全体的にはすごく面白かった。
何より、みんなめっちゃ歌上手いっ。
主人公の歌声は綺麗だし、主人公と先生の掛け合いの歌とかめっちゃ好きだな。
あの場面での2人のすごく楽しそうな感じも好き。
そして冒頭にも書いたけど、最初と最後に流れるメインテーマ。
あれを聴いているエンドロールで、さらに満たされた気持ちになった。
覚えやすそうだし、めっちゃ歌いたくなるなぁ。カラオケ行きたいなぁ。

キャストのみなさんもみんな良かったし。
上にも書いたけど、主人公の上白石萌音ちゃん、ホント良かった。
そして長谷川博己さんと富士純子さんがお気に入り。
好きな俳優さんだからひいき目もあるけど濱田岳くんのキャラも好き。

今感想書いててもなんだかとても楽しくて、
そして「ま~いこ~はレディ~♪」が頭から離れないっ。







ぜひ原作かアニメ見てほしい!(2014年11月02日 日曜日 18時18分)
投稿者:まぃっくま(URL)

映画公開すぐ見に行ったんだけど感想遅くなっちゃった(。・ω・。)
見た感想として原作とは違う作品として見なきゃいけなかったなぁって感じだった。
違う部分や物足りないシーンが多かったのですごく楽しみにしていた分残念だったぁ(泣)

映画という時間の中でおさめなきゃいけないから詳しくできなのは仕方ないけど十本刀の見せ場がまるでなくて「えー!?まじで!??」連発(笑)

剣心と師匠のお話はもちろん大事だし重要だからそこをメインとして志々雄さんを倒すというお話で気持ちをもっていこうとしたけどうーむと思うばかり。

剣心対宋ちゃん、斉藤さん対宇水、左乃対安慈和尚の戦いがあったけど短かすぎる(泣)
この十本刀3人。特に宋ちゃんと安慈和尚の過去はすごく悲しいし戦うことの理由もちゃんとある。それを全部やるのは難しいだろうからチラッとでも過去の断片をのぞかせてくれたら良かったなぁ~って思った。
左乃と安慈和尚は2人が戦う前に会ってるんだけどその話も良いよ~!なのでそういうのや過去を見た後の戦いは映画とは絶対見方が変わるよ~。
まぁほかの十本刀も薫ちゃん、弥彦、操ちゃん、葵屋のみんながちゃんと戦うんだけど薫ちゃん病院だしそれはやっぱりなかったねー。

あとは蒼紫の役割(泣)
原作だと映画1作目にでてなきゃいけない重要人物なんだよ。
蒼紫がなんで剣心との戦いにこだわるのかちゃんと理由があるんだよねー。
それでいて志々雄さんに「おまえ誰だ」も言われません(笑)
剣心を倒すという目的が理由は違うけど標的は同じなので戦いの同盟を組むからね。

そんでもって4対1で戦うこともないよ~(泣)
それぞれ1対1で戦うシーンはあるけどね。

そもそも戦う場所が違うのだけど原作では煉獄(船)は左乃の活躍で壊すから舞台は東京ではなく京都の比叡山基地で戦い!

1戦目 左乃対安慈和尚
2戦目 斉藤さん対宇水さん
3戦目 剣心対蒼紫(対決は2回目で剣心は蒼紫を生きて連れて帰るという操ちゃんの約束をはたして、戦いの中で蒼紫は改心します)
4戦目 剣心対志々雄さん

この4戦目では蒼紫との戦いで傷を負ってる剣心が一度倒れてその後、斉藤さんと志々雄さんとの戦い、左乃と志々雄さんとの戦い、蒼紫と志々雄さんとの戦い、ここで剣心が生きたいという気持ちで立ち上がります!
剣心と志々雄さん再び対決!!
お互い奥義対決!という感じな流れになっております。

京都編は全部が大事なシーンで意味があるから前編、後編ではおさまらない内容なんだよね~。

ただやっぱり役者さんカッコいいし戦闘シーンは迫力あって面白かった~!力はいったぁ!!あのスピード感はすごいなぁ!

今回で映画終わってしまったけど特別編とかで剣心の過去とかもやってほしいなぁ~☆

あっ!そうそう翁は死にません(笑)
前回同様熱く語ってごめん(笑)
でもそれくらいるろ剣にハマったので許してね(^^;)



(2014年11月02日 日曜日 20時29分)
投稿者:cherry(URL)

くまちゃん⇒なげ~^^。ありがとう。
うん、やっぱり、見ていてこれはどうなんだ?って思ってたところは、原作と違うところだったんだな、っていうことがわかった。
無理に前編後編でおさめなくても、3部作くらいでじっくりやっても良かったのかもね。
十本刀とか、そういえばそんな名前のやつ呼ぶって言ってたな、くらいは記憶にあるけど、どの10人だったのかもイマイチわからんし^^;。
自分的には、また映像化されることがあるなら、剣心の2つ目の傷のところはやっぱり入れてほしいな、と。
1作目からずっと言ってたのに結局明かされなかったので。
でも1作目で満足したからもうやらなくていいかなって気もする^^;。
原作読む機会があるといいな~。
いろいろと中途半端なので。



古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー

最新コメント