勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









有川浩「別冊図書館戦争Ⅰ」「別冊図書館戦争Ⅱ」(2014年10月14日 火曜日 20時54分)

新刊が重なってどっさり積んであったはずの文庫本を
いつの間にか読み終わってしまったので、本屋にあさりに行ったところ、
そういえば「図書館戦争」の別冊本読んでなかったことを思い出したので、
買ってみた。

別冊図書館戦争 1―図書館戦争シリーズ(5) (角川文庫 あ)

新品価格
¥679から
(2014/10/14 20:09時点)


別冊図書館戦争II (図書館戦争シリーズ 6) (角川文庫)

新品価格
¥679から
(2014/10/14 20:10時点)



別冊Ⅰの方は、郁&堂上メインで、付き合い始めてから結婚する前までの話。
本編だと、ラストで突然結婚まで行ってて、突拍子もない感じがしていたので、
この1冊で補間してる感じかな~?
まぁとにかく甘い。
これまで結構かっこいいイメージだった堂上が、
付き合い始めたら突然豹変して甘々になってるんで、ちょっとむずがゆくなるね。
有川さんがあとがきで、「無理な人は回避してください」って書いてるけど、
読んでみないとわからないから回避できないってば。
でも、基本は甘々だけど、図書館の中で起きる、様々な出来事に、
かっこいい図書隊の皆さんを見ることができたり、
もろいところや衝撃的な出来事もあったりで、面白かった。

別冊Ⅱは、緒形の話と、堂上&小牧の昔の話、そして柴崎&手塚の話。
Ⅰほどは甘くはなくて、緒形の話とかは結構考えさせられるものがあったし、
柴崎&手塚の話はどうなるのかすごいハラハラした。
ネタバレになるけど、水島さんがいい子じゃなかったのは残念だったなぁ。
なんかちょっともやっとした。
あと、みんなうまくまとまりすぎだろ、ってのは思ったかも。
柴崎&手塚とか、これからのところで終わっといてほしかったかな。

「図書館戦争」シリーズこれにて読了。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー

最新コメント