勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









「信長協奏曲」最終回(2014年12月22日 月曜日 22時45分)

4つ見てたドラマのうちの最後の1つ、『信長協奏曲』が最終回。
感想の前に、ひとつ言わせて。
なんだよ続くのかよっ。しかも1年後に映画でって・・・。
どうかなぁ。すぐ公開だったらまだ興味あったかもだけど、
1年待ってまで見たいとも思わんかなぁ。

ということで、感想~。
なんだけど、正直言うと、面白いのか面白くないのかよくわからんまま
最後まで見ちゃった感があって、感想微妙かもなのでご注意。

もともとなんで見ようと思ったんだったかなぁ。
新井浩文さんが出るからだったっけなぁ。
あんまり歴史ものとか、得意じゃないんだけど、
なんとなく面白そうだったので見てみたドラマ。

自分的に、何が微妙だと思ったかっていうと、いろいろあるんだけど、
まず、キャストがすごい豪華なのに、みんなすぐいなくなっちゃって、
もったいないし、ピンポイントでその人目当てで見ると、
出なくなったらもういいやってなっちゃうよね。
特に最初の方そうだったんだけど、
柳楽優弥くんなんてすごいいい演技だったのに1話で死んじゃうし、
次は西田敏行さんかぁと思ったら2話で終わっちゃうし、
(新井さんも2話で終わった)
生瀬勝久さん出てきたぞ~って思ったら3話で終わっちゃうし。
濱田岳くんもいいキャラだったのに出番少なかったなぁ。
夏帆ちゃんはお約束のように死んじゃうし。
高橋一生くんが久しぶりにみたらすごいかっこよくなってて
最終回まで出てくれたのは良かったけど。
あと柴咲コウさんが可愛かったし。

あと、話のパターンがおんなじ感じが続いたので、
ちょっと途中で飽きたかな。
誰かが攻めてくるぞ~ってなって、サブローがどうしよう~ってなって、
帰蝶がしっかりせい~って言って、最終的にうまくいく、みたいな。
そんでもうそろそろ見るのやめようかなって思ってたら、
予告に岳くんが出てきたから、そのままずるずる見続けちゃったんだけどね。

んでもって、もうひとつ。
小栗旬くんが高校生に見えない・・・。
演技はいいと思うんだけど、見た目やっぱりいい年の人だから、
高校生だと思えなくて、
そうなると、言動が、若者だからこその未熟さではなくて、
ただの頭の悪いおっちゃんに見えちゃうんだよう・・・。
なので、それはないやろって思う場面もあったかな~。
あれ、でもさ、最終的に、お市に3人子供がいたってことは、
サブローがタイムスリップしてから、結構何年も経ってるってことだよね?
一体彼は何歳の設定なんだ。
(こういうところが、歴史に疎いとわからないところだわね・・・)

と、なんかいろいろ微妙なことを書いてしまったんだけど、
先週の最後に、恒興が偽物は出ていけって言って終わったところで、
急激に興味がわいて(遅っ)、最終回結構楽しみにしていた。
第1話見たときに、本物の信長が明智光秀と名乗った時点で、
なんとなく、自分的に、最終回はこうなるんじゃないかなっていう
予想を立てていたんだけど、
最終回前に偽物ってばれたので、なんかもしかして、
予想を裏切って意外な方向に進むのかなとか思って、楽しみだったんだよね。

で、最終回。
第1話の信行の切腹の時に、あ~私このドラマ無理かも、とか思ってたので、
最終回も切腹で終わったのは、ちょっと見ていて痛かったんだけど、
平和な時代からタイムスリップしてきた若者が、
初めて人を斬る(介錯だけど)っていう結構衝撃的な最終回で、
この人もついに、戦国で生きていく人になったんだなって思った。
最終的に、まぁちょっと自分勝手な気もするけど、
恒興がサブローに仕えることにしたというのも良かったと思う。
あと、帰蝶がやっぱり可愛かったし。

で、面白かった~で終わるのかと思ったら、終わらんのかよ。
秀吉の目的もよくわからんし、本物の信長の目的もよくわからんし。
ってか、自分が1話見た時点で予想立ててたところまで話進んでないしっ。

ってことで、はじめに戻るけど、映画を見に行くかは・・・微妙。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー

最新コメント