勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









「海月姫」(2014年12月29日 月曜日 20時00分)

フィギュアスケートに押されて遅くなったけど、
土曜日に見た、今年最後の映画鑑賞。

採点:☆☆☆☆★

初日の朝一なのにお客さんぜんぜんいなかったのはなんでだろ。
朝早いから?それとも年の瀬で忙しいから?
同じ時間に初日で始まった『バンクーバーの朝日』もお客さんいなかったようなので、
この映画が悪いってわけじゃないんだろうけど、
なんかもっとお客さんいっぱいだと思って行ったので、あれ?ってなった。

まぁそんなことはどうでもよくて、
お客さんが多かろうが少なかろうが、面白かったし、可愛かった。
1年の締めくくりに、難しいことは考えず、楽しく見られて最後には笑顔になれる
素敵な映画で良かったと思う。

ここからはネタバレ。

オタクと一言でいうけど、人間なにかしらオタク的要素はあると思うので、
(私も日本映画が好きだったりONE PIECEが好きだったり他にもいろいろあるし)
オタクだからこういう風貌でこういう性格で、みたいな、
それこそマンガから飛び出してきたような人たちばっかりじゃないとは思うんだけど、
まぁそこは映画なので、こういう人たちもありだと思う。
見た目は地味で、人と関わるのは苦手で、
それぞれがなにかしらはまっているものがあるオタクである、
そんな5人だからうまくやっていける場所、
閉じこもっていられる場所でもある、天水館に、
突如やってきたおしゃれ女子(ホントは男子だけど)によって、
みんなが少しずつ変わっていって、最終的には大成功する。
こういうのって、少女マンガの王道って感じはするんだけど、
でもなんかやっぱり、最終的に、うまくいってよかったな~って笑顔で終われるし、
なんだろう、みんながひとつのものに熱心になって、
最終的にいいものを作り上げるっていうのは、やっぱり素敵だな、と思う。

ファッションショーのシーン、もっと手作り感あふれるステージを想像してたら、
なんかすごいの出てきたので、やりすぎ感はあったんだけど、
(あんな広い場所がどこにあったんだ?って思ったけど、
あれって庭に続いてる感じなんかな?)
でもなんかすごく、蔵之介とまややがキラキラしてて素敵だったし、
それを支えるみんなも素敵だった。
最後のドレスが汚れるシーンはお約束過ぎて、
正直、それやるのかよ、とは思ったんだけど、
そのあと月海が近所にドライヤー借りに行ったところで、
月海の成長を感じて良かった。
まぁ、最後のドレスのためにお客さんどんだけ待たせるのよって話だけどね。
月海と蔵之介の、最終的にくっつきそうでくっつかない、
なんかホントに仲良しの女友達みたいな感じも可愛くて結構好きだな。

キャラクターもみんな良かったし、キャストもはまっていたと思う。
天水館のみなさんの風貌はなかなかにすごかった。
能年玲奈ちゃんは、ああいう格好だと、ホントに冴えない女の子に見えるね。
だから、月海が変身した時に、
変身後の姿の方が見慣れてる能年ちゃんのはずなんだけど、
あ~、月海ってこんな可愛いんだ~とか思っちゃった。
海月に夢中になるときとか、何かに一生懸命な時の目がホントにキラキラしてて、
その目に、蔵之介も修も惹かれたんだな~。
兄弟そろって人の本質を見られるというのは素晴らしい。
修もいいキャラだったな。長谷川博己さん、似合ってた。
ちゃんと月海を見てくれる人で、
最終的に月海の相手が自分じゃないことにも気づいてて、
でも蔵之介のこともちゃんと見てくれるいいお兄さんだなと思った。

天水館のみなさんのことを書こうとしてたのに修の話になってしまった。
他の4人もいいキャラクターだった。
馬場園梓さんは、そのまんまって感じだけど、
なんかちょっと風格漂ってて良かったし、
池脇千鶴ちゃんは、第1声で千鶴ちゃんだってわかったけど、
パッと見誰だよって感じだよね。でも似合ってた。
太田莉菜さんは、私、存じ上げなかったのだけど、
あの人がショーに出たら一体どうなるんだ?って思ってたら、
すごい綺麗でびっくりしちゃった。ギャップすごいな。
そして篠原ともえちゃんは、実はエンドロールで名前見るまで、
ともえちゃんだってわかんなかった。
なんか見たことあるなぁとは思ってたんだけど。
見事に、あだな『幽霊』な人を演じてたと思う。
あと、速水もこみちくんや、片瀬那奈さんもいいキャラだったし。

そんでもって、ここまで後回しにしてきたけど、
菅田将暉くん、美しすぎでしょ!
最初に菅田くんの女装姿のビジュアルが公開された時の衝撃がすさまじくて、
なんちゅう美しさだ、と思っていたんだけど、
映画見たら、スクリーンの中でもやっぱり美しい。
美しいだけではなくて、可愛らしいし、夢中になれることを見つけたときとか、
月海に微笑みかけるときの笑顔が、ものすごい素敵。
菅田くんって男っぽい顔だと思っていたので、
まさかこんなに女装が似合うとはなぁ。
もちろん、ビジュアルだけじゃなくて、演技力あってこその美しさだと思うし、
月海もそうなんだけど、蔵之介も、すごくピュアさを感じたなぁ。

長くなったけど、今年最後の映画鑑賞、楽しい映画が見られて良かった。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー

最新コメント