勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









『ST 赤と白の捜査ファイル』(2015年01月10日 土曜日 22時43分)

今年最初の映画鑑賞~。

採点:☆☆☆☆★

連ドラは、岡田将生くんが出ていたので気になって見てみたんだけど、
なんか、すごい面白いキャラクターがいっぱい揃ってるのに、
活躍する人が隔たってて、能力が生かされてないなぁっていう印象で、
さらに、STがわざわざ出ていくほどの事件なのかなぁって思うような
普通の事件(っていうのも変だけど)が多かったので、
見たり見なかったりしてるうちに終わっちゃったのね。
(でもラストの2話くらいは面白かった)

で、そのあと、実はこれの前に2時間ドラマやってたってのを知って、
見てみたら、これがめっちゃ面白いじゃないの。
ちゃんとみんなの能力が生かされてるし、みんな活躍してるし、
事件もちゃんとしてるし。

そうか、ってことは、連ドラだからダラダラなっちゃってたけど、
それだけで完結する映画だったら、ぜったい面白いに違いない!
という結論に達して、めちゃめちゃ楽しみにしていた。

それより何より、岡田くん目当てで見始めたドラマのはずが、
『花子とアン』で存在を知った窪田正孝くんが演じた黒崎さんに、
どストライクではまってしまい、
黒崎さんが見られるならたとえ面白くなくても見に行く!っていう
久々ミーハーな理由で、めちゃめちゃ楽しみにしていた。
(予告で「師匠・・・」って言ってただけでもう楽しみ)

そういうことで、前置き長くなったけど、見てきた!

期待以上、とはいかなかったけど、期待を裏切らない面白さだった。
それぞれのキャラクターも引き立ってて、見せ場もあったし、
ドラマ以上に遊んでるとこもあって面白かった。

ここからはネタバレ。

導入部分はキャップのモノローグから始まって、
最初に出てきた映像が説明後にまた出たりしてたので、
なんかもっと、わくわくするような導入が良かったな~と思ったんだけど、
本格的にみんなが動き出してからは面白かった。
ちょっと途中の、ビルからビルに飛びうつるとことかはすべった感あったかな。
あと、Twitterで情報拡散して捕まえるのはちょっとおにごっこ的には反則かな~。
でも、顔の筋肉とかから、映像が偽物だと見抜いたりとか、
STらしい働きは流石だなぁと思った。
最終的に、犯人捕まえて、そうだったのかぁみたいな、
推理ものの爽快感とかはなかったんだけど、
そもそもドラマ自体、事件そのものよりも、
キャラクターとかみんなのやりとりが見所だと思ったので、その点は満足。
おにごっこしてるくらいなら真犯人の足取り追う時間あるだろうに、
と思って見てたんだけど、
青山ちゃんの「面白かったから」っていう一言で納得。
そうだよね、犯人捕まえるより赤城さん捕まえるほうが楽しいよね。
そういう人たちだった。

キャスト、というか、キャラクターもみんな良かった。
キャップの真面目だけど鬱陶しいキャラ、すごくいい。
笑顔が気持ち悪いって言われる岡田将生くんって、他ではなかなか見られないよね。
お約束だけと赤城さんとしゃべるために捕まったり、
発信器にあんなん仕掛けてたり、赤城さんの決め台詞言ったり、
お茶目な面もあるけどやるときはやる、キャップ素敵。
赤城さんのツンデレ?ぶりも増してたね。
キャップが大好きなんだなぁ。
二人の掛け合いもどんどん息ぴったりになってきて面白い。
青山ちゃんはめっちゃキラキラしてたなぁ。
赤城さん探しに燃えてるとこ可愛かった。
翠さんのあまのじゃくキャラとか「全裸になっちゃうけど」とかもなんかいいし、
山吹さん、特番のとき言ってた黒崎さんと一緒に戦う念願叶って良かったね。
そしてお目当ての黒崎さん!なんかお茶目になってる~。
「キャップハンディキャップ」って自分で言ってちょっとにやけてたり、
「誰か俺を止めてくれ~」だったり、屋根からの登場シーンだったり、
最後の謎の歓迎の挨拶だったり、いちいちツボにはまってしまった。

そういうことで、今年1作目、楽しめて良かった。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー

最新コメント