勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









湊かなえ『Nのために』(2015年03月09日 月曜日 22時09分)

遅くなったけどようやく読み終えた。
湊かなえさん『Nのために』。

Nのために (双葉文庫)

新品価格
¥680から
(2015/3/9 21:57時点)



ドラマ放送してるころに買って、ドラマが終わったら読もうと思ってたんだけど、
その間に読みたい本がいっぱい溜まってしまったので、
それに押されて遅くなってしまった。

やっぱり、原作読むと、より湊かなえさんらしいなぁって感じがした。
ドラマは、恋愛が前面にあって、最後に家族愛もあって、って感じだったけど、
原作はミステリ色が強いね。
ドラマを先に見たので、お話はだいたいわかって読んではいるんだけど、
構成がぜんぜん違って、
原作の方は、湊さんお得意(?)の、一人一人が順番に語っていく話なので、
ドラマが、事件の真相は何なんだ?っていうのに焦点を当ててたのに対して、
原作は、あの時この人はこんなことを考えてて、
逆にこの人はこんなこと考えてて、みたいな、
その人の心情に焦点を当てていて、面白かった。

希美ちゃんにとっての成瀬くんって、希美ちゃん的にはすごい王子様だけど、
実際は特になんてことない普通の男の子だったりとか、
安藤くんが持ってる志と、希美ちゃんがイメージしてる安藤くんの志の違いとか、
希美ちゃんが目指してるものと、
安藤くんがイメージしてる希美ちゃんの目指してるものの違いとか、
結局いろいろがすれ違っていてちぐはぐなんだなぁ。
西崎さんは、わりとドラマと原作とで境遇や思考に違いがない気がした。
でも見た目のイメージはぜんぜん違うけど。
原作先に読んでたら、西崎さんのイメージ違うってなってた気がする。

ドラマはドラマで面白かったし、原作は原作で面白かった。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー

最新コメント