勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









畠中恵『けさくしゃ』(2015年05月26日 火曜日 19時51分)

畠中恵さんの文庫新刊『けさくしゃ』。

けさくしゃ (新潮文庫)

新品価格
¥810から
(2015/5/26 19:36時点)



私はぜんぜん歴史上の有名な人とか知らんのであれなんだけど、
この物語の主人公・柳亭種彦さんというのは、
実在した戯作者(作家)なんだそうな。
ちょうどこの本読んでるときに、
映画『駈込み女と駆出し男』を見たら戯作者のことが出てきて、
種彦さんの名前もちらっと出てきたので、
なんてタイムリーなんだ、と勝手に喜んでた。

この物語は、その柳亭種彦さんが、戯作者としてデビューするころのお話。
どういうところが実際にあった話で、
どういうところが作り話なのかはわかんないんだけど、
この物語の中身がまさにそんな感じで、
種彦さんの周りで起こる事件を、種彦さんが、
事実と想像を織り交ぜながら戯作にして解決していくっていう、
畠中さんらしい遊び心ある物語で、面白かった。

人っていうのはすぐ流行りに流されたり、
ちょっとの噂を都合よく解釈して人を貶めたりするんだなぁっていう、
ちょっと嫌な部分もあったんだけど、
でも最終的には、前向きに、
自分のやりたいことをやろうとする種彦さんいいと思う。

こういうの読むと、自分もいろいろやりたくなってくるんだよね~。
物語とかもう何年書いてないんだって感じだし・・・。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー

最新コメント