勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









『みんな!エスパーだよ!』&『猫侍 南の島へ行く』(2015年09月12日 土曜日 22時12分)

なんかバカバカしいやつが見たかった。

みんな!エスパーだよ!

採点:☆☆☆★★

ドラマは見てないんだけど、
なんか気楽に何も考えず見られそうかな、と思って見てきた。
前に、園子温監督のPG12作品はトラウマになるから見ないって言ってたんだけど、
これPG12ついてて、まさかの怖いやつ?って思ったら、
ただエロいってだけだったので、まぁ暴力シーンとかなくて良かったけど、
PG12つけるとき、なんでついてるのか教えてほしいよな・・・。
内容的には、まぁホントにただエロいだけで、
ストーリーもまぁそんなにちゃんと見るような映画でもないんだろうけど
ラストにいくにつれてよくわかんない展開で、
なんとも言えず・・・って感じかねぇ。
ただ、染谷将太くんは生き生きしてた。

ここからはネタバレ。

ドラマから映画になる場合って、ドラマ見てないと意味がわからない映画も多いので、
ついていけないかな、と思っていたんだけど、それはなくて、
映画単体でちゃんと最初から始まってる感じだったので、
そこは観る人を置いてけぼりにしてなくて良かったと思う。
ただ逆に、ドラマ見てた人的にはどうなんだろ、ってのは思うけど。

話的には、もうなんか最初っからみんなエロいことしか考えてないけど、
いやいや現実そんなことないだろ、とか思いながら見てたけど、
まぁそこは、そういう映画なんだろうね・・・。
後半は豊橋全体がエロくなるっていう展開で、まぁそれはいいとしても、
結局黒幕のやりたいことがよくわかんなかったし、
なんで解決したのかもよくわからず終わったな・・・。
ラストにみんなが合図の歌うたってるってのも、
いやいや、みんな同世代ってそもそも無理があるやろ・・・。
というのをあんまりツッコみながら見る映画でもないとは思うけど。
あとは、せっかくいろんなエスパーが出てくるのに、
ほとんどみんなの活躍の場なかったね。
こんだけ出てきた意味ないような。

キャストは、冒頭にも書いたけど、染谷将太くんが生き生きしてた。
生き生きした染谷くんを見るのは『ウッジョブ』以来かな、たぶん。
女の子たちは見事に知らない子ばっかりだったので、正直みんな同じに見えた。
池田エライザさんが唯一ちょっとは演技できる感じだったかなぁ・・・。

まぁ、そんなところで。
なんかエロいばっかり書いてる感想で嫌だな・・・。

猫侍 南の島へ行く

採点:☆☆☆★★

前作がわりと面白かったので見に行ってきた。
結局ドラマは1回も見てないんだけど。
なんか、前作は面白い中にももうちょっとテーマがあった気がするんだけど、
本作はそんなんまったくないね。
最初から最後まで気楽に見られる映画だった。

ここからはネタバレ。

もうなんか、南の島へ行くっていう時点で時代物でもなんでもなくなってるけど、
ストーリー自体はぜんぜん難しいもんもなく頑張って追うようなものでもなかったし、
とにかくちょこちょこっとくすぐってくる感じ。
久太郎の心の声とか、間に入る字幕とかで笑えた。
ちょっと疲れてたので途中眠いなぁとか思ってたら、
LiLiCoさんの顔のどアップで目覚めた。あれは強烈だ。
前作に比べて玉之丞の萌えポイントが少なかったような気もしたけど、
黒猫に振られたときの表情とかがホントに悲しそうだったり、
上手いこと演技するなぁと思った。
最後のバナナオチはわかりやすすぎてあれだったけど、
一番笑えたのはエンドロールだなぁ。
あれ、松崎しげるさんよく引き受けたね。
北村一輝さんの、ダンディなようで心で違うこと考えてるような演技も良かった。

ストーリーとかあんまりないので感想書きづらいけど、
ホントに気楽に見るには楽しい映画だと思った。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー

最新コメント