勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









『バクマン。』(2015年10月03日 土曜日 18時38分)

採点:☆☆☆☆★

佐藤健くんと神木隆之介くんのコンビが良さそうだな~と思って、
去年くらいからずっといつやるんだろういつやるんだろうって待ってたので、
今日に漕ぎ付くまでにかなり期待値上がって見に行った。
少年ジャンプは読んだことなくて、この映画の原作も読んだことなくて、
ずっとコミックス買ってるのは『ONE PIECE』だけで、
あとちゃんと読んだことあるのは、『SLAM DUNK』と『DEATH NOTE』くらいか?
あとはアニメでちょっと見たりとか。
まぁそんな感じなので、特に少年ジャンプに想い入れがあるわけでもなく、
原作も知らずで見に行ったけど、面白かった。
でも、若干、期待値上げすぎてた感はある。もっと面白いのを期待してた。
期待外れではなく面白かったんだけど、まぁこんなもんなんかな、って思った。

ここからはネタバレ。

話的には、それこそ超王道って感じで、
「友情」「努力」そしてちょっとの挫折からの「勝利」、そのまんまなので、
特に目新しいというわけではないんだけど、
マンガを描くっていう結構地味な作業(って言ったら失礼か)を、
いろんな手法で派手に見せていて、視覚的に楽しいな、と思った。
あとは、今まで何気にマンガ読んでたけど、
よく考えたら週刊連載ってホントすごいな~と思った。
毎週毎週1話分描いてるんだもんなぁ。
すごいと思うと同時に、
そういう裏側部分は知りたくなかった~という気持ちもあったり、
あと、やっぱり週刊ってなると、
逐一盛り上げるために展開も変えたりしないといけないから難しいなぁ、って思った。
描きたいものをどーんと最後まで描いて、
それを1週ずつに区切って出してくってわけにはいかないんだろうなぁ・・・。

最初の方かなり順風満帆に話が進んだので、
ちょっとうまくいきすぎな気がしたのと、
(まぁでも、それがあるから連載が始まってからの挫折があるんだろうけど)
アンケートで1位をとったあとの失速感が、
『SLAM DUNK』の最終回かよっ、みたいな感じで、ちょっと尻すぼみな感じだったかな。
まぁでも、まだまだ次へ繋がっていきそうな終わり方だから良かったけど。
あとちょっと気になったのは、
2人が手塚賞で準入選だった時の入選者はどこいっちゃったんだ?ってのと、
(これはあとでパンフレット見たら、
毎回入選者が出るわけではないのだな、ってわかったけど)
2人の親は一体何してんだろ、っていう・・・放置しすぎだし、
入院してるのに来ないし。
っていう、細かいところを気にする映画ではないとは思うけど。

キャストはみんな良かった。
佐藤健くん神木隆之介くんコンビも良かったし、染谷将太くんもなんか良かった。
ただ、みんな高校生にはぜんぜん見えないけどね。
山田孝之くんも良かったし、他の漫画家のみなさんも良かったな。

あ~あと、エンドロールも良かった。
マンガの中にキャストの名前が出てくるのも面白いし、
マンガの背表紙がスタッフクレジットになってるのも面白い。

最終的に、映画自体も面白かったんだけど、
映画の中に出てきた、みんなが描いたマンガがどんな感じなのかがすごい気になった。
あれ、完全版とか読めないのかな。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー

最新コメント