勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









伊坂幸太郎『残り全部バケーション』(2016年01月11日 月曜日 18時49分)

伊坂幸太郎さんの文庫新刊『残り全部バケーション』。
年末に読んですごい面白かったんだけど
感想を書き忘れて年越しちゃったから年明けにもう1回読んだ。
2回目読むと、これがああ繋がってたのね、と新たな発見があるのが
伊坂さんの小説の面白いところだよね。

残り全部バケーション (集英社文庫)

新品価格
¥605から
(2016/1/11 18:37時点)



5つの章からなっているお話で、
それ自体は1章ずつが独立した話でもあり面白いんだけど、
全編通して出てくる溝口と岡田の一連の物語にもなっていて、
こういう結末だったらいいな、と思って読んでいくと、
最終的に、そこまでは到達しないけどすごいいい具合に終わっていて、
ここから先の展開を想像できるラストでそういうのすごい好き。

1章ごとの話だと、2章の『タキオン作戦』好きだな~。
人に物事を信じさせるのって、めっちゃちゃんとした風じゃなくて
それらしい感じにした方がそれっぽくなるんだな~ってのがすごい納得いったし、
人に堂々と言えないような仕事してるくせに、
人をほっとけないような岡田の人柄もすごい見える話で好き。

3章の『検問』は、面白かったけど、結局あの車はなんだったのかってのは
わからず終わるんだね。
これも、それっぽく話を作るとそれらしくなるっていうことなのかな。
あれもどっかに繋がってくるかと思ったんだけど。

でも面白かった。
嫌なことがあるときはバカンスのことを考えよう。
表紙のデザインもすごい可愛いし好きだな~。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー

最新コメント