勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









恩田陸『夜の底は柔らかな幻』(2016年03月22日 火曜日 20時00分)

恩田陸さんの長編『夜の底は柔らかな幻』。

夜の底は柔らかな幻 上 (文春文庫)

新品価格
¥670から
(2016/3/21 21:09時点)



夜の底は柔らかな幻 下 (文春文庫)

新品価格
¥670から
(2016/3/21 21:10時点)



今までも不思議な能力を持った人たちの話っていうのはいろいろあったけど、
ここまでグロテスクだったのは初めてな気がする。
なんかもう、想像するだけで気持ち悪くて、
うわ~、ちょっと苦手だなぁと思いながらも、
続きが気になってどんどん読める話だった。

ただまぁ、いつも書いている気がするんだけど、
恩田さんの小説って、ものすごい傑作だなぁって思うときと、
すごく続きが気になってドキドキしながら最後まで読むのに、
最後にいろんな謎が中途半端でもやもやっと終わるときとあって、
この小説も、上下巻あってちょっと苦手ながらも一気に読んだんだけど、
結局どういうことだったんだろうってわかりにくかったかな。

すごい怖かったけど、キャラクターはみんな魅力的だった。
淳一のキャラクターとかいいなぁ。
びしっとスーツ着て飄々とした感じで山を歩く。
でも中身はすごい怖い人だけど。

次はもうちょっと気楽に読める楽しい系がいいなぁ・・・。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー

最新コメント