勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









『精霊の守り人』シーズン1最終回(2016年04月10日 日曜日 20時00分)

昨日見たやつ。

このブログでも感想書いてたけど、
上橋菜穂子さんの守り人シリーズめっちゃ好きで、
それが3年間かけてドラマやるってことで、
まぁ楽しみもあったけど、どっちかっていうと不安の方が大きかったんだよね。

やっぱり、先に原作読んでると、イメージってもんがあるから、
バルサが綾瀬はるかちゃん?ぜんぜん違う!って思ったし、
トロガイが高島礼子さんってのも、え、トロガイおばあちゃんじゃないの?って思ったし、
原作の中で好きなタンダとシュガも、
東出昌大くんと林遣都くんって、なんか整いすぎてない?って思ったし。

でもやっぱり気になるから、1話見て微妙だったらやめよう、って思ってたんだけど。

1話の最初の、はるかちゃんが「バルサ」って名乗るところでもうやられた。
何もうめっちゃかっこいいじゃないか。
はるかちゃんのバルサぜんぜんイメージ沸いてなかったけど、
ドラマ始まったら、たたずまいもそうだし、
話し方とか、戦う姿とかも、まさにバルサだった。
すごいはまってた。
トロガイも出てきたときはかなりびっくりした。え、これ、高島礼子さん?
言われなかったらわかんないね。
声はちょっと若い感じがしたけど、雰囲気はトロガイっぽかった。
タンダは、東出くんで想像してた整った感じとは違って、
見た目はすごく、自分のイメージしてたタンダっぽくて良かったな。
ただ、しゃべるとちょっと、なんだろう、演技力が・・・。
まぁでもタンダっぽい感じはした。
シュガは自分がイメージしてたのがもうちょっと大人っぽい感じだったので、
遣都くんだとちょっと可愛らしい感じはした。
まぁ、シュガはまだここからが出番って感じだから、
これからが楽しみだけど。
チャグム役の子がもうちょっと上手な子だと良かったなぁ。
バルサの少女期の子はすごいかっこよかった。
サヤの子も可愛かったな。

そして全体的なドラマの雰囲気も、とても綺麗な世界で良かったと思う。
見てて、あれ、こんな話だったかな、って思うところもあったんだけど、
結構好きだったな。
原作読み直したくなったな。

次回来年なのに、最後にバルサがカンバル王に向かっていって終わるっていう
すごい気になる終わり方をしたので、
おいおい1年待つ間に忘れちゃうよ、と思うんだけど。
これってなんで3年かけてちょっとずつやるんだろ・・・。
チャグムの成長過程に合わせてやるのかな、って思ってたけど、
シーズン2はチャグム役も変わるみたいだし、意味あるのか?

まぁ、何はともあれ、来年はいちばん好きなカンバル編がやると思うので、
楽しみは楽しみだな。
来年のドラマやる前にもう1回ぜんぶ読み直そうかな・・・。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー

最新コメント