勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









仁木英之『僕僕先生 童子の輪舞曲』(2016年04月26日 火曜日 21時31分)

僕僕先生シリーズ第7弾『童子の輪舞曲』。

童子の輪舞曲(ロンド) 僕僕先生 (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2016/4/26 20:52時点)



今回は短編集で、お話も、今までの続きではなくて、
今までの旅の中で起こったこととか、
旅の中で出会った人の話とかのスピンオフ的な作品なので、
今までの作品読み返したくなったなぁ。
この人出てたっけ?って思う人もいたし。

ちょっとずつ感想。

避雨雙六

旅の途中、雨宿りしながら、僕僕・王弁・薄妃で双六をするお話。
自分の願いによって、長さや書いてあることが変わるという
面白い双六で、
王弁の願いのゴールは果てしなく遠いのだけど、
なんかちょっと、王弁の成長を感じるお話。

雷のお届けもの

そういえば雷の子のお話あったなぁ。
雷の子・砰と、その友人・董虔のその後の物語。
人間である董虔が、雷の世界で奮闘する姿がいじらしい。
違う世界で生きることの難しさもあれば、
自分の世界を捨ててでも大切にしたいものもあるんだなぁ。

競漕曲

船旅の途中でたどり着いた島に
閉じ込められてしまい、
島から出るために劉欣と王弁が奮闘する物語。
劉欣って見た目とか生きてきた道は怖いけど、
意外といい人で好きなんだよね。
このお話でも、ちゃんと人のことを見てるんだなぁって気がする。

第狸奴の殖

第狸奴って1匹だと思っていたら、
何匹もいてちゃんと交尾して繁殖するらしい。
しかも雄とか雌とかなくて、
どっちが優勢になるかによって雄雌が決まるらしい。
一緒に旅をしている第狸奴が雌になって子供を産むとなると
旅ができなくなるため、
王弁が奮闘する物語。
がんばってる王弁もいいけど、
なんだかんだいって裏で手伝ってくれている
僕僕や劉欣がいい感じ。

鏡の欠片

司馬承禎が鏡の中に吸い込まれてしまい、
童子たちが助けようと鏡の欠片を探しに行く物語。
司馬承禎って、どこかには出てた覚えがあるんだけど、
そもそも僕僕先生シリーズだったのかどうかも忘れてた。
鉄心の心意気がいいね。
大切なものだけど、勝負に負けたから潔く差し出す。
でもそれによってまた良いことも返ってきて
良かったと思う。

福毛

しゃばけシリーズでも番外編であったと思うけど、
王弁が生まれ変わって、また僕僕に出会う、的な物語。
王弁はどうやら現代の日本に生まれ変わったところらしく、
僕僕には出会っているんだけど、
王弁の方はわかってない、みたいな感じなのかな。
僕僕先生で現代の話ってのがまた斬新で面白かった。
次に会えるのはまた生まれ変わった時なのかな。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー

最新コメント