勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









畠中恵『つくもがみ、遊ぼうよ』(2016年05月20日 金曜日 20時00分)

6年ほど前に読んだ『つくもがみ貸します』。
単発本だと思っていたら、続編が出た。
『つくもがみ、遊ぼうよ』。

つくもがみ、遊ぼうよ (角川文庫)

新品価格
¥691から
(2016/5/19 20:20時点)



読んでから改めて表紙見たら、
これがあの付喪神だ~とかわかって面白い。

読んでまず、あれ?って思って思わず
前作の感想を読み返しちゃったんだけど、
清次とお紅が夫婦になってる!
そして主人公がその子供、十夜。
そして、人とは話さなかったはずの付喪神たちが、
子供たちと仲良しになってたり、人と普通に話したりしてる。
なので、前作読んでなくてもぜんぜん楽しめるし、
自分も6年経ってほとんど話覚えてないけど、これだけで楽しめた。
読んだら前作が読み返したくなるね。

お話は、ひとつひとつは短編集で、
十夜たち子供と、付喪神の活躍がそれぞれにあるんだけど、
全体を通しても、ひとつのお話っぽくなってて、
序章で出てくる稲荷神社の出来事が、そこに繋がってくるのかってのが、
最後のお話でわかる。

なんかちょっとせつなくもあり、家族や友達との心温まる話でもあり、
付喪神たちとのわいわい楽しい話でもあって、面白かった。
こんなふうにまわりに妖とかいて友達になれたら楽しいよな~。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー

最新コメント