勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









『君の名は。』(2016年08月27日 土曜日 18時00分)

採点:☆☆☆☆☆

久しぶりにすごく良いものを観たような気がしている。
予告編見て面白そうだったので観に行ってきた。
新海誠監督はあまり知らないんだけど、
(『秒速5センチメートル』テレビで見た気がするけど覚えてない・・・)
有名みたいで、劇場各回満席だった。
最後まで、胸が詰まって呼吸できなくなるんじゃないかってくらい
すごい物語に入り込んで観てたなぁ。

ここからはネタバレ。

最初の方は、2人が夢の中で入れ替わってるっていう展開がコミカルで面白くて、
目覚めるたびにおっぱい揉んでる中身が瀧の三葉とか、
瀧の想い人と勝手に仲良くなっちゃってる中身が三葉の瀧とか、
とにかくいろいろが面白かった。
身近な人と入れ替わるっていう物語はほかにもあるけど、
全然知らない人と入れ替わって、
しかも自分は夢を見てる感覚だから目覚めたらあんまり覚えてないっていう設定も、
ちょっと今までにあるようでない感じで面白かった。
入れ替わりの間に音楽をバックにダイジェストのような展開をする場面があって、
そういう演出っていいところをダイジェストにしちゃってもったいないなって
思う映画が多いんだけど、
この映画だと、ダイジェストで流れながらも2人がまるで会話してるかのような
ナレーションが入ったりして、観てる方を飽きさせないね。

そして瀧が三葉に会いに行ったところからの展開にはホントに、
ずっと胸が締め付けられる想いだった。
え、三葉死んじゃってたの?ってところから始まって、
3年前に戻ってみんなを非難させようとするところ、
(口噛み酒飲むのはちょっと嫌だったけど・・・)
2人が時を超えて出会うところ、名前を忘れてしまうところ、
なんかすべてがひきこまれて、どうなるのどうなるの?って思いながら観てた。
ラストは、2人ともが現代人らしく臆病な感じで、
あのまますれ違ってしまうのかと思ったけど、
出会えて良かったな、と思う。

夢って、見てるときはすごいリアルで、鮮明に覚えてるんだけど、
起きると忘れちゃうんだよね。
なんかすごい夢見た気がするのになんだったんだろう、って。
もしかして自分も夢の中で入れ替わってた人がいたのかも?

映画の構成も、最初にラストのモノローグが出てきたりとか、
オープニングでこの後のいろんなシーンが入ったりとか、
ちょっと面白い構成だな、と思った。
全体的にモノローグが多くてすごい詩的な感じなんだけど、
でもクサくないのも良かった。

絵も、キャラクターもみんな可愛かったし
(細田守監督作品とおばあちゃんとか似てる気がするけど、関係あるのかな?)
風景とかも丁寧に描かれていて綺麗だった。
この間観た『ルドルフとイッパイアッテナ』もだけど、
なぜか岐阜県民がニヤニヤしてしまう土地が出てきて嬉しかった。
でも名古屋で観てたから、名古屋駅出てきた時に、
めっちゃリアルやな~っていちばんニヤニヤした。
ご神体の場所とかも綺麗だったな~。

あと、声も、2人とも上手かったし、そのほかの人も上手かったので、
違和感なくて良かった。

他にもいろいろ監督されているようなので、
ちょっと気にして観てみよう、新海誠監督。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー

最新コメント